ふれあいカフェ

鳳本通商店街からお送りします

【午後も頑張りましょうね】

2016-10-19 12:00:57 | Weblog
【だいすぎ携帯】:090-8237-0985
イベント相談や音楽に関することなどお気軽にどうぞ。


これは通常ふれあいカフェブログです。
マエストロ・だいすぎです(^^).
最近は実は、ゆっくり考える時間が結構あるんですよね。
確かに暇ではありませんが。
これまでの私の場合
それは考えられませんでした。

では、なぜなのか?
ほぼ無駄と言う時間を無くしました。

朝起きてから寝るまでびっしりと予定を時系列で入れます。
予定というよりも作業と言ったほうがよろしいです。

その結果それぞれの作業の中で
そのことをじっくり考えながら
作業をしますので結構集中できます。
ほかのことはやりませんし考えません。

もちろん日常生活ですから
中断させられることはよくありますけどね。
それは仕方ないですわ。



         ≪芸能ニュースや・その他話題≫


いろんな芸能にまつわるお話です。

今年は結構大物の芸能関係者が
亡くなった年ではないのかなって思っています。
そこでちょっと調べてみました。


NAVER まとめ
【2016年】最近亡くなった芸能人や有名人まとめ【訃報・お悔やみ】
というブログから引用です-

ざっと書きますとまず以下の皆さんがこの世を去られています。

祐 岩田聡 萩原流行 愛川欽也 羽柴秀吉 桂米朝 三五十五 貴ノ浪 坂東三津五郎 たてかべ和也 斉藤仁 大豊泰昭 町村信孝】
芸能人以外の人も入ってますが?
有名人として括られているんでしょうね。

10月10日 田中一成 声優
10月9日 川島道行 ミュージシャン
10月6日 冨好和幸 競艇選手
この人ちゃらんぽらん冨好の兄で
元ボートレーサーの冨好和幸さんですが
死去 56歳

元千代の富士に「日本一」の声 葬儀に1000人が参列
7月20日 大橋巨泉 タレント
7月11日 永六輔 タレント
7月2日 エリ・ヴィーゼル 作家、ノーベル平和賞受賞者
7月1日 巴里夫 漫画家
6月26日 菅原チネ子 女優

いろんな方がおられたんですね。
私だいすぎは特に
永六輔さんの死去はショックでした。
私は国民栄誉賞の授与が
やはり当然だと思いますが?
皆さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。



       <連載・イベントノウハウ:イベント人間>


後継者を育てたい。
出たがりよりも支えたがりを。


『豊かなネットワークを築く』

音楽もそうですが
生きるということ全般的にいえることは
自身の生きやすい環境=ネットワークを
いかにして築くかということはとても大切です。

それは何かの団体に加入するというものとは少し違います。
お友達をつくるところから始まります。
ご近所さんでもいいですし
趣味の会でもいいでしょう。
とにかくご自身の周辺の皆さんと
豊かなネットワークを築くことです。

いきなり「ネットワークをつくりましょう」
なんて言うと怖がられますのではい。
自然な形でネットワークを作るわけです。
やり方も様々ありますが
いずれ私のやり方も書きます。



         ≪編集後記≫


徒然草 (吉田兼好著・吾妻利秋先生訳)
今九十二段です。
ものを習う者の基本的な心構えを教えています。
今回で現代語訳文が最後になります。
前回の続きです。

徒然草 第九十二段
ここから引用-
現代語訳



そんな体たらくでは
この一瞬の中に
己の怠けの精神が
目覚めていることを自覚しないだろう。
この瞬間を自主的に生きるのは
何と難しい事であろうか。

以上引用。
とにかく手を抜くなということです。


だいすぎ



         『こここでお知らせです』

かねてから宣伝、告知をさせていただいていた
「10.22(土)ビッグフェイス結成30周年記念ライブ」ですが
おかげさまで、ほぼ満席になりました。
皆様改めて御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。
なお当日席はございませんので
あしからずご了承ください。

なおビッグフェイスは12月18日(日)
JRPS主催の「年忘れコンサート」に出演させていただいています。
一般の皆さんもお入りいただけます。
詳細は後日アップいたします。
今回の記念ライブにお越しいただけなかった皆さんは
そちらのほうへお願いいたします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【だいすぎブログ:サバイバ... | トップ | 【だいすぎブログ:サバイバ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL