ふれあいカフェ

鳳本通商店街からお送りします

【スマップの解散に思う、経験がないので分かりませんが?】

2016-12-28 11:23:30 | Weblog
【だいすぎ携帯】:090-8237-0985
イベント相談や音楽に関することなどお気軽にどうぞ。


これは通常ふれあいカフェブログです。
マエストロ・だいすぎです(^^).
昨日外出しておりましたが
体調がやはりよくなかったですね。

ちょっとましになっていたので私のこと。
外に出ると元気になるという傾向性があるんですが
やはりアカンときはアカンようです。
年のせいなんて言わないでね。

無理は禁物だなと思いました。
皆さんもお気をつけください。
お互いに暮れを元気にすごしましょ。



       ≪芸能ニュースや・その他話題≫


いろんな芸能にまつわるお話です。
今回もスマップの話題。
「どうせ書くならSMAP」って書いたら?
じゃあくさいんじゃ!

さて今年最後のスマップの話題。
何と言いましても25年続いたというグループですからね。
ビッグフェイスは30年続いてますが?
「いっしょにするな!」。
はいはい。

紅白歌合戦にはやはり出ないという話になったようです。
しかし長く続けられるってことだけでも
すごいことだなと思います。

ジャニーズ事務所との軋轢もありますが
だいすぎはやはりリーダーが問題だよなと思います。

まあね、リーダーも一人のアーティストですから
言いたいこともあるだろうし
自分は独立したいのでやめたいと思うことだってあるでしょう。
私はそれはそれでもいいと思います。

いろいろな方法がありますよね。
とりあえずは、グループとしての
しばらくの休業宣言。
それも嫌なら十分な説明責任を
内外に果たさなければいけません。

コンサートにも何度も阿縒を運んでいただいたファンの皆さん。
CDもお買い求めくださった皆さん。
少なからずともここまで育ててくれた事務所。
放送業界などなど。
影で応援してくれたすべての皆さんに対する姿勢。
果たして正しくあるべき辞め方はこれでよかったのか?

今後も芸能界で生きて行く気があるのなら
そういう後々のきっちりした処理というかけじめはつけないとね。
25年も経てば結構みんないいお年。
果たして君たちの消え方||
大人として、そういうことって大事なんだよなって思いますが?
日本には昔から「有終の美を飾る」という言葉があるんだけど?
それでよかったのかな??

まあだいすぎも紅白歌合戦に関しては
NHKラジオの「すっぴん!」ほどは思い入れはないんですが
うそでもさあ、とりあえず世間様では
「国民的行事」なあんて言われてる番組。
最後にみんなで肩を組んで
ライオンハート」でも歌ってほしかったよなあ。



     <連載・イベントノウハウ:イベント人間>


後継者を育てたい。
出たがりよりも支えたがりを。


   『MC』

今では一般の皆さんも
おそらく知っておられる言葉だろうと思いますが。
ライブの中でミュージシャンたちが曲紹介や
ごちゃごちゃしゃべってますが
あれをMCと言います。

MC - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/MC

昔は司会者というのがおりまして
歌謡曲の世界では
ステージの最初から最後までを
仕切ったりすることがありましたが
最近の音楽イベントは様変わりしました。

もう最初からアーティストが演奏から
おしゃべりまですべてをやるという形が
当たり前になっています。


{内容は?}
曲紹介以外としては
自分の音楽暦やら最近の出来事。
今回のライブへの思い。
音楽以外の趣味の話。
最近こんな料理を食べた。
どこでライブをやってきた。
友人ミュージシャンの話などなど。
まあいろいろありますよ。

{笑いは必要なのか?}
それほど必要ありません。

うちのピアニストの尾方。
彼は私に常に言うことがありましてね。
「僕はまじめすぎて面白いことないのでMCはたぶん向いていません」
と言います。

しかしMCって面白ければいいというのは
安物のテレビのバラエティーなどを見すぎる弊害だと
私だいすぎは思っています。


{だいすぎがMCをやる意味}

だいすぎ・神吉のポンカン。
ビッグフェイスでもそうですが
自分たちの過度の緊張を取り除くのが目的です。

昔いたビッグフェイスの、名ボーカリストドーピング萩原。
彼はめちゃくちゃ緊張しいでした。
そこで少しでも緊張を和らげるという意味で
しょうもないことを言っては場内を笑わせる。
という以上に私たちそのものが
緊張を解きほぐしたいということから
とにかくアホなことばかり言っては
まずは自分たちがステージで楽しまなければいけないということで
MCを組み立てていました。

やがてそれは、えらいもので
一つの曲に
おなじみのギャグというセットの形にもなっていきましたね。

ポンカンも自分たちの緊張をほぐすために
しょうもないことばかり言いながら
ステージを進めて行くというスタイルが出来上がります。

秋から加わってくれたボンビー向井。
彼の場合は最初からそういう人間ですので
すっごく楽ですよね。

楽しさ+カッコよさ?+面白い=ビッグフェイス
であり、ポンカンでありたいと思っています。

今年最後のイベントコーナー・やりたがりで終わっただいすぎですが
私とてミュージシャンの端くれ。
そりゃあアンサンやりたいでんがな。

ですから今後も自主ライブをやるわけですが。
来年も一つよろしくお願いします。
雑感と音楽物語はありますが
今年最後の通常のカフェブログです。
来年もよろしくお願い申し上げます。



       ≪編集後記≫


徒然草(吉田兼好著・吾妻利秋先生訳)

今九十七段です。
吾妻利秋先生の現代語訳文は終わりました。
以下は原文です。
ここから引用-

原文
 その物に付きて、その物をつひやし
損そこふ物、数を知らずあり。身に蝨あり。家に鼠ねずみ
あり。国に賊あり。小人せうじんに財たからあり。君子に
仁義じんぎあり。僧に法あり。

以上引用です。
この「徒然草」、最後まで連載させていただくつもりです。
学生のころほとんど読まなかった古典文学の一つ。
まあ読んでいたとしてもそのころは分からなかったのかも知れませんが?
それではまたお会いしましょう。
どうか皆様良いお年を!


だいすぎ

来年の「尼崎かよううたう会」は
1月10日(火)午後1時から
JR尼崎駅歩いてすぐのいつもの小田公民館で行います。

小田公民館 尼崎市公式ホームページ
http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/sisetu/kasikan/sisetsumei/24836/12224812.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【だいすぎブログ:サバイバ... | トップ | 【だいすぎブログ:サバイバ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL