ふれあいカフェ

鳳本通商店街からお送りします

本通りネット イメージキャラクター完成!! 

2014-07-14 12:25:20 | Weblog
本通りネットメンバー木地雅茂です。

ついに、本通りネットイメージキャラクターが完成しました!かつての鳳あすなろさんの壁に飾っていた猫の絵をコンセプトに友人の川島周平にデザイン、製作を依頼し完成しました!!
名前は ほんどおりくんです。



大人も子供も癒される笑顔になるデザイン。早くも各方面から嬉しい言葉が届いています♪本当に川島に感謝です。

このほんどおりくんをこれから本通りネットの宣伝、SNS、イベントで登場させ、この絵を一目見るだけで本通りネットのイベントだと分かるようにしていきたいです。
そしてこのほんどおりくんの絵をみるだけで「あ!本通りネットだ♪」と世間の方々に想っていただけるように。そういう思いを込めて川島と僕で企画、製作しました。


ここですこし川島のことを書きます。川島は僕の高校時代の友人であり、今はプロの漫画家を目指しています。
小さい時から漫画や絵を描くことが大好きなアーティスティックな人間で高校のとき教室の黒板にチョーク一本で書いた巨大な絵はみんなを驚かせました。(笑)

川島は音楽はやっていない人間ですが、人の笑顔が好きな温かい人間です。

本通りネットのコンセプトもそれは同じです。人の笑顔がみたい。笑顔で待っている人がいる。

そんな川島と本通りネット代表の杉本さんを会わせたいという思いから僕は昨年末、川島と杉本さんの対談企画を実行しました。
このときは川島に本通りネットのキャラクター製作をお願いするなんて夢にも思いませんでした。

川島は音楽をやっている人間ではありませんが杉本さんは快く会ってくれました。初対面でしたがすぐに打ち解けて話が弾み、共鳴していました。あのときはとても有意義な時間を共有できました。
やっているジャンルは漫画と音楽で違うのですが同じお互いなにかを創っている。共感できるところもたくさんありました。そういうところが共鳴した理由なのかもしれません。

人との出会いを厳粛に受け止める。杉本さんの誠実な想いが今日のこの結果につながったと思います。


人を笑顔にするための道具が川島は漫画、絵であり、本通りネットは音楽です。
今回のこのほんどおりくんは音楽と絵が美しくコラボした作品だと思います。
昨日さっそくほんどおりくんを大きく印刷し、我孫子の杉本さんのアトリエ兼住居の玄関にある掲示板に貼らせて頂きました。
この絵をみて笑顔になってくれる人が居ればうれしいです。また、いい経験、感動をいただきました。ありがとうございました。

今日は僕がみつけた古今東西の偉人の格言で終わりたいと思います。

「感動とは人間の中にではなく、人と人との間にあるものだ。」

ドイツの指揮者 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月は本通りネット関係者は... | トップ | これまでやりたかったことを... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事