ふれあいカフェ

鳳本通商店街からお送りします

【ぐいぐい走る~ぐいぐい動く】

2017-04-22 06:22:16 | Weblog

これは通常ふれあいカフェブログです。
毎度マエストロ・だいすぎです(^^).
今日は午前中東京から来られる
演劇結社ばっかりばっかりのお二人と
夕方近くまでポンカンとの合同練習です。
明日本番の第2回コラボイベントが済みましたら
だいすぎは5月から開始する新しい音楽事業の準備にかかります。

その息抜きとリフレッシュのために
こちらへ遊び出かける予定です。

[大阪]駒川商店街の酒屋:かいたにや+KAIBAR
http://www.kaibar.jp/kaitaniya/

30日は滋賀県瀬田へマックスと訪問ライブ。
もうこれからは自主ライブは年に
2~3度ほどになりそうです。
着々と足場を固めてまいります。



       ≪1通のメール≫


1通のメールに秘められた発信者の思いと情熱。
夢と希望にフォーカスを当てます。


     〈ほんまにあんさん分かってまんのんか?〉

これは私だいすぎが自らに問うた思いです。
実は明日のイベントで
かなり以前にご予約をいただいていたご常連のお客様ですが
「忘れられていないのかな?」と不安になられて
以下のようなメールをちょうだいしました。
仮にKさんとしておきます。ここから-


Subject: 浪速ライヴ参加の件で・・・
Date: Fri, 21 Apr 2017 11:05:43 +0900
From: K
To: 杉本

杉本さん、Kです。

いよいよ明後日ですね。楽しみです。

大分、前に申し込みいたしましたので、
もれているのではないかと思いまして、メール致しました。

申し込んだ時に返信くださったメールの内容と、私が申し込んだ時の内容を貼り
付け
ておきます。

ここから
題名 : Re: 浪速ライヴ参加
差出人 : 杉本 茂
宛先 : K
受信日時 : 2017年 2月16日(木曜) 16時45分

Kさん  杉本です。
いつもお世話になります。
今回もありがとうございます。
確かに2名様ご予約をお受けしました。
重ね重ね感謝申し上げます。


杉本

ここからわたしが申し込んだ時の内容です。
題名 : 浪速ライヴ参加
宛先 : 杉本
送信日時 : 2017年 2月16日(木曜) 15時52分

   絶対ポンカン 様

代表者 K
人数 2名
肥後橋駅南改札からの誘導希望無し。直接、会場へ参ります。

どうぞ宜しくお願い致します。


杉本さん、お久しぶりです。
昨年、「ビッグフェイス」 30周年記念ライブ 楽しませてもらったKです。
今回はお二人で演奏されるのですね。
楽しみにしています。

以上引用です。
Kさんには、えらいストレスをかけてしまったようで
本当に申し訳ありませんでした。
これは私も良い勉強をさせていただきました。
これからは必ず皆さんには直前にご連絡させていただくように改めます。
なお皆さんからのお申し込みいただいて作っているお客様名簿は
3人で管理していますので
よほどのことがない限り大丈夫かと思っていますが
でも不安にさせてしまったのは私の不徳です。

以下私からKさんに昨日返信させていただいたメール文章への
Kさんからのご返信です。ここから-


Subject: Re: 浪速ライヴ参加の件で・・・
Date: Fri, 21 Apr 2017 16:54:15 +0900
From: K
To: 杉本 茂

杉本さん、Kです。
お忙しい時にお手数お掛けしてすみません。
大丈夫だとは思っていたのですけど、ごめんなさい。
これで100パーセント安心いたしました。「ニコニコ」
とても楽しみにしています。
どうもありがとうございました。

以上引用です。
あなた様からちょうだいした1通のメール・大切にさせていただきます。
Kさん、会場でお会いできること楽しみにしております。
お気をつけていらしてくださいね。
ありがとうございました。



       <鳳本通りネット物語>



     《堺市鳳とだいすぎ・その10》


   {2003年夏のこと}

だいすぎは完全なプウタロウになりましたがはい。
実は私としては最後の仕事プロジェクト
経絡指圧の治療医院の開業を考えていました。


   {和泉府中の商店街}

閑散としていました(涙)。
不動産屋さんがあったので入ってみたら
何と・おっしゃった言葉は--
「おおとり駅の前の商店街のほうがよろしおまっせ。
行ってみなはれえ。」
あらららら、えらいことをのたまう社長やこと。



   {そこで鳳本通り商店街}

「確かに府中よりはましやけどなあ。
けど似たり寄ったり||」。

そしてある空き店舗の前で立っていると
その前でお菓子屋さんをされている
一人の女性が近づいてきました。

「あのう・・物件をお探しですか?」
「そうなんですが」。
「私このお店の家主の親戚のものなんですけど
家主の者が出かけておりまして
今から連絡しますので
恐れ入りますが電話番号化何か教えていただけますか?」。
「じゃあ私そこらの喫茶店でお茶でも飲んでますので
家主さんが戻られたらお電話ください」。
「分かりました。
そのようにさせます」。

それが旧あすなろ経絡指圧開業の事の発端になるわけですが。



       ≪編集後記≫


徒然草(吉田兼好著・吾妻利秋先生訳)
今回から百五段です。
百四段に続いて今回もちとつややかなお話。
吉田先生の傾向ですかねえ。
同じようなものが続きます。
ここから引用-


徒然草 第百五段
現代語訳
 陽が当たらない北向きの屋根に残雪が凍っている。
その下に停車する牛車の取っ手にも霜が降り
きらりきらりと輝く。
明け方の月が頼りなさそうに光り
時折雲隠れしている。
人目を離れたお堂の廊下で
かなりの身分と思われる男が
女を誘って柵に腰掛け語り合っている。
何を話しているのだろうか。
話は終わりそうもない。
 女の顔かたちが美しく光り
たまらなく良い香りをばらまいている。
聞こえる話し声が時々フェードアウトしていくのが、くすぐったい。

以上引用ですが名訳でしょこれ。
風景が眼前に広がりますよね。
いつの世も若い女性は華やいで美しいものです。


だいすぎ

【イベント特集カフェブログ:4.23(日)第2回/浪速ともあれ、福耳ライブ
2017-音楽と朗読の午後」】
http://blog.goo.ne.jp/hondoori_2005/e/534ae9170c33441943b0a8ebac52af7e

『だいすぎワールド・素晴らしい音楽家たち紹介プロジェクト』が
始動しました。
【だいすぎ携帯】:090-8237-0985

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【だいすぎブログ:サバイバ... | トップ | 【だいすぎブログ:サバイバ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL