ふれあいカフェ

鳳本通商店街からお送りします

【だいすぎカフェブログ:サバイバルギター/音楽物語・歌舞伎とビートルズ】

2017-11-10 06:59:57 | Weblog
実は昨日このブログの下書きを書いていましたら
ある友人のミュージシャンが電話をくれまして
ドイツで賞をもらったと言ううれしいニュースをくれました。
わしも賞をもらえるようにがんばろうっとお。


【ポンカン:ラジオ大阪に出ます】
11月14日(火)夜8時からです。

前回はこちら-

話の目薬ミュージックソン ≫ Blog Archive ≫ 絶対ポンカン - ラジオ大阪
http://www.obc1314.co.jp/blog/megusuri/?p=707

ありがとうございます。今年もそんな季節がやってきました。
『チャリティーミュージックソン』!
そのうちに原田アナウンサーの介添えで
パーソナリティーをさせていただけるように
ポンカンは頑張りますのではい。
初めて公に宣言させていただきました。
「言ったことは必ず形にする」だいすぎです。
皆さん募金のほうもよろしくお願いします。

この月のラジオ大阪は23日
『ラジオ祭り』だそうです。


改めまして律儀なブロガー業界のトランプこと
音楽イベンターの顔も持つマエストロ・だいすぎです(^^).
ちょっと睡眠不足がありまして
一昨晩から朝にかけて、ぐっすり寝ましたら
頭すっきり目もぱっちりですはい。


本日はそんな『音楽物語』です。
このカフェブログでは音楽の話題を中心に書いています。




       ≪すばらしい音楽家たちを紹介するプロジェクトシリーズ≫





     〈人間のアマとプロの違い〉


アマチュアでもプロの真似事を。
今回もライブを形にします。


   《ハリマ カナ さん  ゲストに!》



{第82回尼崎かよううたう会}


この7日(火)尼崎市小田公民館で行われた『かよううたう会』。
そこにハリマ カナさん(かな表記で失礼)が来られました。

播摩夏奈 ~“摩”ですょ~ - ヤプログ!
http://yaplog.jp/purima/

レギュラーゲストと言う、けったいな言葉はないですが
まさにそんな感じの方です。
声楽家ですが毎回実に楽しいステージを見せてくれます。

「声楽家ですが」と言うのが面白いですが
クラシックなんてのは正直おもろいこともなああんもないというのが実態です。
ファンの皆さんからすれば「それでいいんだよ」
とおっしゃられるかも知れませんが。

そういうことを言うから皆さん離れていく。
咳き一つできないから窮屈だ。
音楽ってどんな字を書きますか?
「音を楽しむ」。
「音を学ぶのではありません」。
外国のコンサートなんて楽しそうです、。

いきなり大砲をステージに上げて
音楽に合わせて「ドオオン!」なあんてやるんですが。
もちろん火薬だけの空砲でっせ(笑)。
そういう楽しい音楽もあるんですよね。


{業界の救世主たち}


どんな世界にも救世主はいるものでして
ハリマ さんのような方が
クラシック界を守り立てていく使命があるんだろうなと思うわけです。

歌舞伎の世界では先代の市川猿之助という人。
この人も歌舞伎界ではやはり救世主でした。
この人が出てきたときいわゆるふるいファンの人たちや
訳知り顔の評論家のような連中が
ボロンチョンに言ったり書いたりしたものです。

ですが、こういう人たちが出てこないと
その特に古い芸の世界は廃れていくことになるわけです。


{宙吊りの芸}


「あんなのは最低の歌舞伎や!」。
「サーカスやないぞ」!!
ところが歌舞伎には宙吊りの芸は昔からありました。
通ぶっている人に限ってそんなことを言います。
知らないんですね。


{ビートルズなんてのは最低じゃ!}


昔の年寄りたちはそんな程度でした。
そのオッサンに『イエスタデー』を聞かせたら?
「やっぱりクラシックはええなあ」。
弦楽四重奏でまさかビートルズがやるとは??
私たちでさえ当時(笑)。
これも一種の『歌舞伎』です。
『歌舞伎』というものの意味が元来はそれです。
人をあっと言わせるとか驚かす。
感心させる=感動させれば『歌舞伎』です。
江戸時代の人たちは、そういうときは-
「オオオ!かぶいた・かぶいたあああ!!」と言ったそうです。


{クラシック音楽は私たちのもの}


そういう皆さんが実は音楽の世界を狭めてしまっていることに気がつかないとね。
だから、だいすぎたちのようなイベンターが必要。


{どんなイベントでもお客様が入らなかったらありえないという事実}


世の中はすべからず経済で回っているという大原則があります。
ここが分かっていない皆さんが多すぎます。
聴く人たちも、そして演奏する人たちもです。


{イベント企画をやればすぐに分かる}


だいすぎはミュージシャンですがイベント企画者でもあります。
実際出してもらうことばかりやっていますと
分かりませんが自分がやってみればこれは痛いほど分かるものです。



{選ばれる人たち}


正直なことを言いましょう。
実際腕などは、どうでもよろしいのですわ。
要するに人気者であればイベントはできます。
お客様さえ動因いただけるのならどなたでもお呼びしますが?
そういう方はなかなかいませんよね。

会場代から宣伝、その他雑費だけでも
何かと費用は必要です。
だからこそイベント企画者たちは
最低限の集客ができる人たちがほしくなるのも事実です。


{だから発掘する}


私はそんなわけで最近は
おかげさまでいろんなところに首を突っ込ませていただいていますので
多くのミュージシャンたちとお知り合いになることが多いです。
ですから実際にステージを見させていただけますので
素晴らしいパフォーマンスに接したとき
私が惚れさせていただいた方がターゲットになるわけです。
まあこれまで外していないと思います。
と言いましても数は去年の2~3回程度ですが(汗)。
何しろ純粋なイベント企画を世間様に提供させたのが去年からですのではい。


{そんな素晴らしい皆さんが少しづつ増えてきた}


その気になって動いているとえらいもので
そういう人とめぐり合うものです。
それが昨日わざわざ電話をくれた人だったり
石川昭子(ショウコ)さんだったりハリマ さんだったりするんですが

ところで『話の目薬』には今回を入れますと
だいすぎは4回出していただくことになりますが
そのおかげで、私たちの前に出演されたミュージシャンもおられますが
そういう方からもご連絡をいただいたり
8月のだいすぎ企画のライブイベントにも
お越しいただいた方がいます。
まだまだ、おりまっせすごい人たち。

私の周辺にはそういう情報網を
たくさん持っている人がいてくれています。
そういう人たちからあるいわネットワークから
いろいろな情報が届けられます。

今後そういう音楽以外のユニークな活動をしている団体や
その役員さんたちとの対談を
この『カフェブログ』で連載する企画がありますが
本当にありがたいことです。

実に面白くしかし残念ながら
いまだ、世に知られていない皆さんが結構おられます。
「良い人たちを・良い音楽を紹介したい」
そんな仕事は実に楽しいわけですが
この先、実は、3名の方と
お会いする機会を作っていただいております。
楽しみです。
もちろんそれは今後『素晴らしい音楽家を紹介するプロジェクト』
で皆さんにご紹介しますので楽しみにしておいてください。

【以下は私のブログです】
こちらでも頼まれなくてもいろいろ書いています。

あすなろ経絡指圧療院 鳳本通商店街
(鳳にはすでにおりませんが)
東洋的生き方研究に関しましては
東洋医学のお話も含めてこちらで一気にどうぞ。
http://blog.goo.ne.jp/asunarosiatu

あすなろジャーナル
こちらは『理不尽』をテーマにした編集方針で書いています。
政治や社会の動きを『理不尽』という視点から捉えています。
http://blog.goo.ne.jp/jaanaruaoi

【イベント特集カフェブログ:1.21(日) 第1回  理不尽を考える会】
これはジャーナルブログ系のイベントですが。
http://blog.goo.ne.jp/hondoori_2005/e/f68d669d2aa993c859e8043cc6470ed1

それぞれリンクは張ってませんがお時間ありましたらご覧ください。


だいすぎ

『だいすぎワールド・素晴らしい音楽家たち紹介プロジェクト』が
始動しています。

『尼崎かよううたう会』は次回12月5日(火)午後1時からです。

【イベント特集カフェブログ:第3回/ポンカンワンマンクリスマスコンサート
  12.16(土)】
『リクエストコーナー』や『あなたのために作曲しますコーナー』などなど
本気出してしっかりやりますやらせますはい!
「誰がやるんじゃ!わしがやるんじゃ!!」
http://blog.goo.ne.jp/hondoori_2005/e/cf944c9ad4efa450a3d6683164285472

『ポンカンライブ』は、ご予約制になっていますので
事前にご連絡いただければありがたいです。
だいすぎ直通連絡用携帯:090-8237-0985
何かありましたらワンコールちょうだい。
どんなことでもいいからね。
待ってるよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加