安全安心の有機米農産物はほんだ農場blog

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

ほんだ農場26年産米、27年産米の放射能検査について

2015-06-11 09:07:31 | ほんだ農場の安全、安心のお米
ほんだ農場の26年産、27年産米の放射能検査について

ほんだ農場では平成23年、24年、25年産米の放射能検査を下限値1ベクレルで実施してきましたがいずれも検出せずの結果でした。
http://blog.goo.ne.jp/hondamk_1944/e/1d970a7c6f4493cef156159c8de8e010


石川県では平成23年、24年と放射能検査を実施してきましたが、25年産米については検査を実施しませんでした。

その理由として、

国で平成23年から放射線汚染の可能性のある17都県(東北・関東16都県と新潟県)の生産物を調査対象としており、

石川県はその対象県になっておりませんが、汚染のないことを確認するため自主的に、平成23年・24年産米については

調査を行ってきました。

 その調査結果は、県のHPで公表してきたところで、全調査地点で本県産の米から放射線は不検出でありました。

 一方、国では2カ年での調査結果で、不検出もしくは国で定める安全基準の1/2以下しか検出されなかった7都県について、

平成25年度から調査対象から除外したところであり、自主的に調査を行ってきた本県においても、過去2カ年の調査で

放射線汚染が認められなかったことから、平成25年産のお米については、放射線サンプリング調査を実施しておりません。

 お米の放射線汚染は、今回の原子力発電所での事案では、空気中に拡散された放射性物質が土壌に降下し、

稲に吸収・移行する経路が想定されますが、本県で常時観測している空気中の放射線においても異常値は観測されておりませんので、

本県の土壌が汚染された事実もありません。
http://blog.goo.ne.jp/hondamk_1944/e/d794e1840fa59d43ad4bd7709b1ba00e

としています。


が、ほんだ農場では25年産米まで放射能検査を実施しましたが結果検出されませんでしたので26年産米の検査はいたしませんでした。

27年産米についても今のところ実施するつもりはありません。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

石川県加賀百万石 ほんだ農場
メール担当  農場長 本多 宗勝
TEL:050-3348-8081 FAX:0761-57-2198
E-Mail hondafarm@circus.ocn.ne.jp
URL http://hondanojo.com/index.htm
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メルマガ発行しました | トップ | 能美商工会商業部会主催セミ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL