ほなさんの汗かき日記

かくれ肥満の解消に50歳を超えてはじめた健康徒歩ゴルフ。登場する個人名、会社名、内容はフィクションである。

対面販売がしたい(4)

2016年11月20日 | 日記
ほなさんの話は30分の予定が45分かかって
しまいました。後ろでビデオを回している
責任者の部長さんに一言お詫びを言いに行き
ましたら、
「聞いている会員さんの熱気がすごくて、
 まだ話を聞きたそうでしたよ。」
と言ってくれましたので、まぁ一安心です。

今回は旅費交通費という足代を出して下さっ
たので、自分の言いたいことだけというより
、会員さんが知りたいことが少しでも聴けた
かしら、というのが気にかかりました。

このあと数社メーカーさんから説明がありま
した。いくつかのメーカーにアポイントをと
ると、
「衣料品店では、福祉用具関連品などは
 売れないだろう。」
と断わられてきましたので、今日来てくれた
メーカーさんは貴重です。

ほなさんの提案は、地域密着でやっておられ
る小売店さんが、介護用品・福祉用具の商品
知識を身につけ、なじみ顧客のお世話をする
つもりで相談・選定するなら、売場に尋ねる
人のいないホームセンターさんや、商品に触
ることのできないウエブショップさんらとは
異なる商いができるのではないか、というも
のです。

団塊の世代が後期高齢者となる2025年問題
を知るにつけ、政府や従来の介護関係者のル
ートだけでは足りないと考えるようになりま
した。それが介護保険外商品を扱うという品
揃えです。
要は2025年問題への対応策は、いくつもの
ルートと対応策が必要です。

これはほなさんの持論ですが、
「人が生きて行くためには、無駄も含めいろ
 んなものが必要で、選択肢は多いほうが良
 い。」
と思ってきました。しかしスモールビジネス
ゆえの苦しさはあり、それ単体では維持でき
ないと思いますから、従来の小売店の遊びの
スペースで展開しなければなりません。

そして商品販売を通じて、もっとも重要なこ
とに気付かされるようになります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 対面販売がしたい(3) | トップ | 対面販売がしたい(5) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事