自分では買わず、図書館で本借りて読んでいる、読書嫌いの感想になっていない読書感想??

トラックバック・コメント大歓迎。
批判・批評もドンと来て下さい!
皆さんのご意見をお聞かせ下さい!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

レディ・ジョーカー 上  高村 薫

2011年02月28日 23時41分50秒 | 作者  た
レディ・ジョーカー 上 高村 薫

「要求は20億。人質は350万klのビールだ。金が支払われない場合、人質は死ぬ。話は以上だ。」 一兆円企業・日之出麦酒を狙った未曽有の企業テロはなぜ起こったか。男たちを呑み込む闇社会の凄絶な営みと暴力を描く。 (Amazon より)


1997年12月05日  第1刷
1997年12月20日  第3刷

毎日新聞社

P426



はっきりと言って、前読んだ、「マークスの山」「照柿」の分厚さに、「読むの無理!!」と断念しかけ、やっと読んだ・・・といった感じだったのに、又この「レディ・ジョーカー」を手にとってしまった!!
しかも!! 分厚い差は前作と変わりないのに!! 「上下です!!」分厚さ×2倍!! しかも、2段だ~~~~~~!!!!!
何故!!私はこの本を手にとったのだ!!
読むのには、私にとっては、とて~~~もとても勇気と根気がいる、高村薫氏!!
でも、読まずにはいられない、高村氏の本!! 高村氏を1冊読むのだったら、他の本3.4冊くらい読めそう・・・である。 
でも、これが、高村氏の魅力か!!?? 

で、根気を出して、読もうと思ったら、
「・・・・え・・・・え・・・・ええ・・・・????」
としょっぱなから、挫折しそうになった!!

最初、むかし~~~~のお手紙から始まります。
そう!!昔の手紙だから、旧漢字なのです!!
だから、
「え?これなんて読むの??」であった。
で、文庫本でこれ新しく出ていたのを手にとったら、ちゃんとふりがながうってあった!! でも、高村氏の本って、「マークスの山」は文庫本にした時に、ところどころはしょっているそうで。ラストだけ本屋で文庫本を立ち読みしたのですが、ラストもはしょっていた。 のを見て、「いいや、これで!」と。
(【マークスの山】の最後の合田と加納さんの会話は好きなんだけど、何故これ文庫本でははしょってるの??機会があれば、文庫本も読みたいのだが、根性がいるので、無理!!)

読むのに、1ヶ月かかった!! 又図書館の本、延長しちゃったよ!!


で、
これは私だけと思いますが、

【マークスの山】【照柿】とは、違って、
「お、これはエンターティメント的だな」と。
いえ、重~~~~~いいいい、内容なんですよ・・・。
ネタバレですが、被差別部落の内容です。
そこが原点的な、お話です。
ただ、【マークスの山】【照柿】それぞれ、雰囲気は違ってましたが、これも又違ってました。前作は、【地味】という印象が強いので。

で、前作同様!!
もうもうもう~~~~~~~~!!!
「登場人物が多いんだよ~~~~~~~~!!!!
である。
今回は、犯人と刑事に+新聞記者もうじゃうじゃ出てきます!!
もう、訳解らん!!
一応、最初に、主な登場人物欄はありますが・・・。これは前作ではなかったな。

そして、犯人達が、何故、このような事件を思いついたのか、が、語られます。
本当に、悲しいし、
でも、泰野美津子は、気に食わん!!もう、自分の事しか考えてない!! 自分が選んだ結婚相手なのに、「お父さんがちゃんと相手を調べてくれなかったからこうなったのよ!!」と、おいおい?矛先が違うだろうが!! 多分この女なら、両親が反対しても結婚して、で、今のような台詞を吐くんだろうな・・・であろう。と、この女が目の前に居たら、私は殴っているぞ!! ってくらいの、なんと高慢ちきな高飛車の女である!!

そして、「む・・・難しい~~~~!!!」で、御座いました。
あほな私には、2回読まないと理解出来ない・・・(いや、何回読んでも、理解出来ないであろう。)でも。前作同様、「2回も読む気力なない」で御座います。

何故、犯人達は「レディ・ジョーカー」と名乗るのか!
納得のネーミングだと、私は思いました。全ての思い入れが、この名前に表している!!

前2作に出ていた、合田 雄一郎は、警視庁から離れ、所轄へと、これは自分で移動願い出して受理されたんですよね? で、所轄へ行った雄一郎は、前2作とは、「べ、別人ですか??」ってなくらい、変わった?? だって、笑顔で「今からヴァイオリン習いに行くんです」と!! 「誰!!??」でした。

でも、それは一時だけ??
「ヤモリかイモリのような目」「刑事の目」と記者に思われてました。
そして、前作へは、結構美男子的な書き方だったのに、上司から「君は目立たないから、護衛に選んだ」と言われるし、「え?そうなの??どうなの??」であった。

日之出ビールの社長の護衛に選ばれた合田雄一郎。普段は白のスニーカーが、革靴に背広姿!!の鞄持ちに!! サラリーマンに変身だ~~~~~!!
「その雄姿を見てみたい!!」と思っちゃいました!!
でも、日之出ビール社長の城山さんからは「スパイ」と見なされるけどね。

そして、義兄の「ホ○」疑惑も!!
いや・・・、【マークスの山】から、「そうなのでは?」と思っていた私ではあったが・・・。真実は如何に!?
でも、加納 祐介さんは好きです!!
義弟のワイシャツにアイロンを掛ける貴方が好きです!!

ああ~~~
犯人達には捕まって欲しくない・・・
けど、捕まるんだろな・・・

以後、下へと続く。


今度も、1ヶ月後に更新出来たら、いいんだけど・・・
『小説』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロードス島伝説 5至高神の... | トップ | レディ・ジョーカー 下  ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ミスターW)
2011-03-09 15:14:26
私も昨年夏に必死になって「レディ・ジョーカー」読みました。
登場人物(とくに新聞記者)が多く、銀行や運輸会社に関連した汚職事件が背後に描かれていて、とても読みこなすのに苦労した記憶があります。
図書館さん、がんばってください。
Unknown (管理人)
2011-03-09 22:12:36
ミスターW様。

又の御越し、有難う御座います。
高村氏の本は、合田シリーズ??の3作品しか読んでないのですが、本当に、私にとっては「気合と根性」がいる作家さんです。
でも、読まずには居られません。
コメント有難う御座いました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL