ほんさん徒然日記

写真付きで日記や趣味を書く

床張り準備

2017年03月28日 | 日記
稽古場を作るべく、コンクリートの床に板を張ることにした。
色々考えたが、20m×15mぐらいの広さがあるので全域を板で張り詰めると膨大な費用が掛かる。
そこで、とりあえず4m×24㎝の足場板を25枚縦に並べることにした。つまり間口6m、奥行き4mの板の間を作る。
足場板の厚さは35ミリもあるから表面をきれいに削って無垢のフローリングが出来る算段である。
削るにはベルトサンダーなるものが要る。そこで、ネットオークションで中古のベルトサンダーを落札した。送料込みで3000円足らずの品であるる。
ところが、機種が古いので消耗品のベルトをネット検索しても売っていない。メーカーに問い合わせるとわずかに在庫が残っているというので大慌てで今日、注文した。
今回、思い切って板を張ることにしたのは昔一緒に劇団をやっていた仲間が10万円寄付してくれたからである。
主演女優を張っていた彼女は現在60歳。私より7歳年下だ。
とっくに芝居の現場からは遠ざかっては居るが、役者の心持は維持しながら生活してきたのだという。
彼女の為にもこの場所を演劇工房に作り上げたいと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加