ほんさん徒然日記

写真付きで日記や趣味を書く

女優0のこと

2017年08月19日 | 日記

彼女は才能が有った。

本格的に演劇の道に進んでみるべきと思ったので私の師匠、鈴木忠志の元に研修生として送った。丁度彼女が30歳、募集条件の年齢制限ギリギリの応募だった。その彼女は研修期間が終わって、こちらに帰ってくるという段になって、同期の演出家志望の研修生と東京に行ってしまった。

鈴木忠志が、SCOTに残したいが、お前の元に返さないといけないか?と問い合わせて来たほどの才能であった。私は、本人の意思に任せますと言っておいたが、彼女は鈴木忠志の意向を断って、私の元に帰ると言ってきた。そこでワタナベ君と一緒に彼女の布団やら研修期間の生活用品を運ぶために迎えに行った。ところが迎えに行ったその日になって、彼女は同期生の演出家志望の彼と東京に行くと宣言し、私とワタナベ君はどうなってんの?と愚痴を言いながらすごすごと車で5時間の道中を帰ったのであった。

彼女と知り合ったのは私がUターンをして故郷で演劇好きのグループを覗いてみたときからである。つまり地元で稽古場を開いた時である。先に記したワタナベ君を稽古場に連れて来たのも彼女であった。

1995,6年頃に稽古場を開設したのでその頃からの付き合いということになる。

その彼女が先日フラッと訪ねて来た。

彼女は現在、関西地方に嫁いで一児の母である。夫と義母を連れて実家に里帰りしたとのことだった。どっぷり生活に身をやつしているかと思ったが、話してみると演劇にもまだ関心があるようだった。

才能というものは他者から指摘されるより前に自分で自覚しているものである。

彼女も自分が特別な才能を持って居ると気づいていると思う。

子育てが一段落したらまた芝居をやったらいいというと、自分は一人っ子だったので、もう一人子供が欲しいという。40歳を過ぎて1人目の子供を生んだのでもう結構な歳である。

子供を一人っ子にしたくないという気持ちが高齢出産のリスクや、演劇への復帰よりも強いのだなぁと、彼女のわがままな生き方に感心した。

そこまでわがままになっていいのか?自分の望むものをすべて手に入れようとしていいのか?

芸術的な才能を自覚するということは、日常的な価値観に対して大して価値があるとは思えない。そのように感じる宿命を受け入れる覚悟のことではないのか?私はそんなことを言いたい。

つまるところ、彼女は才能を自覚しておらず、このままいけば才能は枯渇し、生活者としての人生を全うすることになるということなのだと思う。

こういうニガグチを叩きたいほど、もったいないなぁ。もう一度彼女の舞台に感動してみたいなぁと思う。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワタナベ君のこと | トップ | 舞台に畳を敷いてみた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事