ハートのためいき

人間2+3匹のニャンコ+「幸せの703号室」から幸せを運んでやってきたCORON.J(ワンコ)との6人家族日記♪

温かいメッセージありがとうございます。

2017年02月13日 12時21分25秒 | ホーリー ミンキー コロン
ホーリーの火葬の予約を取りました。
15日の水曜日にお空に旅立つ予定です。

ホーリーがほぼ歩けなくなって、
昨日の日曜日はほとんど昏睡状態でした。

昏睡状態になってからの方が見た目にはスヤスヤと普通に寝ている時と変わらなくて、
お口をくちゃくちゃ時々辛そうにしていたそんな素振りもなくなっていました。

寝息も安定していた日曜日の昼間、
私は町内会の会合に出席し、その足で買い物に行きました。

ホーリーの旅立つ時に必要な馬車を手作りしたかったのです。



お別れギリギリのところまで私の気持ちを一緒に連れてって欲しかったから。
どうしようもないほど未練タラタラなママですね。

ホーリーとのお別れがすぐそこまでやってきていると知った時から、
添い寝しながら私は沢山の準備をしてしました。

今はその時に書いたやるべきスケジュール通りに動いています。

調べてあった氷屋さんでドラアイスを買ってきて、

抱きしめて沢山撫でて綺麗にして、
馬車にホーリーを乗せました。



火葬の予約も終わり、
ふと、ひと段落してしまった今がポツンとしてしまい、何だか辛いです。

そしてブログを更新する事で自分の気持ちを整理してます。

昨夜、ホーリーが亡くなる30分前の写真です。



看病を放棄していたミンキーがホーリーの元をウロウロしにきました。

その数時間前から我が家の部屋のライトがパンパンパンと三つも切れて、
偶然なのだけど、
夫も私もお別れがすぐそこにきていることをお互い口にはしなかったけど感じていました。

普段は22時ごろには寝てしまうのですが、
昨日は夫も23時半まで寝室に行かないで皆んなでリビングに一緒にいました。

ホーリーお休み。今日もよく頑張りました。
また明日会えるよね。

そう夫が声をかけて私達の寝るリビングの明かりを消して、
寝室に降りて行って、

その数十分後にお別れが来ました。

0時前に慌てて旅立ったホーリーはシンデレラのようです。

ホーリーは日曜日のギリギリの時間まで私達と一緒にいてくれた。

ホーリーを無理に引き止めていたのではなく、
ホーリーがその時を決めていて、
その時が訪れたから逝ったのだと、
そう思います。

ありがとうね。
本当にありがとう。

沢山の時間を未練タラタラの私のためにくれたホーリー。
それは私にいつまでもクヨクヨして欲しくないからだと思うから、
ホーリーをきちんと送り出せるようにしっかりするから! ねっ!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホーリー逝きました | トップ | またね ホーリー »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ミカミ)
2017-02-13 12:39:10
ホーリーちゃん、
本当にがんばって生ききりましたね


涙しながらブログ読みました。

ご家族のみなさまへなんてお言葉かけていいかわかりませんが…

ただ、これからもブログを通してコロン家を見守って応援していきたいと思います。


Unknown (popongaga)
2017-02-13 15:51:31
はじめてコメントさせていただきます。

パパ、ママの身体と心と旅立ちの準備、全てが揃って 『うん 大丈夫ね』って、ホーリーちゃんが旅立ったように思います。
コロンくん ミンキーちゃんともいっぱい語り合って旅立ったんでしょうね

目には見えないけど、不思議な空気が流れてた事がすごく感じられます。

立派に最期まで頑張ったホーリーちゃんの御冥福をお祈りします。
このお言葉 (ぎんねこしゃあ)
2017-02-14 15:05:16
「ホーリーがその時を決めていて、その時が訪れたから逝ったのだと、そう思います」。

  心に沁みました。

  心からお悔やみを申し上げます。
ミカミ様♪ (meg)
2017-02-16 11:10:04
温かいお言葉に何度励ましていただいたでしょうか。
本当に言葉ではお伝えできないほど心から感謝しています。

応援いただいて、
見事ホーリーは最後の最後まで頑張りぬいてくれました。
私たちもしっかり前向いて歩いていきます。
これからもよろしくお願いします。
本当にありがとうございました。

popongaga様♪ (meg)
2017-02-16 11:20:10
初めてのコメントを残してくださりありがとうございます。

はい。
本当にpopongagaさんのおっしゃる様に「うん大丈夫ね」って、
余裕なんて少しもないほど苦しい体調の中でもホーリーは家族のことを最優先に思って旅立っていきました。

ホーリーが見せてくれた不思議な空気をずっと忘れることなく感謝したいと思います。
立ち直ることが立派な最期を見せてくれたホーリーへの恩返しになると信じて進みます。

メッセージをありがとうございました。
ぎんねこしゃあ様♪ (meg)
2017-02-16 11:26:04
私は言葉を表現することが苦手で、
言葉って本当に難しいと思いながらブログをいつも綴っています。

ぎんねこしゃあ様が心に沁みたとコメントを残してくださり、

そのおかげでホーリーにもちゃんと気持ちが届いていたように思えて、
なんか物凄く励まされました。
ありがとうございました。

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL