ハートのためいき

人間2+3匹のニャンコ+「幸せの703号室」から幸せを運んでやってきたCORON.J(ワンコ)との6人家族日記♪

初七日を過ぎて

2017年02月20日 14時24分18秒 | ホーリー ミンキー コロン
いつも私の左の腕枕で寝ていたホーリー。



初七日を過ぎてもその習慣がまだまだ抜けなくて、
毎晩どうしてもベッドの左側を開けてホーリーを待ってしまいます。

とってもさみしいよ。
会いたいよ。
抱きしめたいよ。

夜、ミンキーもベッドにホーリーがいるかなって様子を見に来るんだよ。

いないのを確認するとトボトボとリビングの猫ベッドに戻り淋しそうでした。

その淋しさが埋められるかは分からなかったけど猫枕をプレゼントしました。



最初は完全スルーしていたけど、
昨日は猫枕と一緒のベッドにいました。

ママもホーリーの腕枕をすることができなくなって、
慢性化していた左の肩こりも治ってしまいました。

ホーリーのいない変化に少しずつ慣れていかないといけないね。

まだまだ、ふと寂しさは込み上げて来ますが、
結構元気に過ごしています。

ご飯もわりときちんと作ってますし、
しっかり食べてもいます(^-^)



何も手につかないとかそういう事は全くないので、
心配しないでくださいね♪

ホーリーも心配してないと思います(^-^)

二つのランキングに参加しています。
応援ポチッをお帰りに押して頂けたら嬉しいです♪
ポチッ↓↓↓
犬猫多種飼い ブログランキングへ

応援ポチが更新の励みになっております♪
ポチッ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家族記念日

2017年02月18日 17時35分39秒 | ホーリー ミンキー コロン
2月14日はコロンが家族となった大切な記念日でした。

今年はホーリーとのお別れがあり、
8年目を迎えた記念日の当日はホーリーとの大切な最後の時間を家族で過ごしました。





家の中のどこを探してもホーリーがいっぱいです。
目にしっかりと焼き付いている。 

you are here











前向いてしっかり歩いて、
ミンキーとコロンを幸せにすることがホーリーの供養となると信じてます。


そして今日はお預けになっていた家族記念日を楽しんでいます。
コロンを大きな公園に連れ出しました。





梅の満開もすぐそこ。
とてもきれいでした。



「パパにだっこされていいね~」

「お靴かっこいいね~」

お声をかけていただいて、
パパがすっごく嬉しそうでしたよ(笑)

帰りにペットショップによっておいしいハンバーグ&ソフトクリーム食べて、
コロンのプレゼントを買いました。



足腰の弱ったコロンに無理なく着せることができる洋服と
カフェやバギーで敷けそうなマットを買いました。



ミンキーには抱き枕を♪
ピーにもバレンタインに爪とぎをプレゼントに買いました^^

パパにもガトーショコラ焼いて、
おこわ炊いて、体が温まる茶碗蒸しや甘酒を♪



少し遅れてしまいましたが、
私から大切な家族にたくさんの愛を込めたバレンタインを送りました。

ここを訪れて応援してくださる皆様にも感謝の気持ちを送ります。
本当にありがとうございました。
素敵な週末をお過ごしください。

二つのランキングに参加しています。
応援ポチッをお帰りに押して頂けたら嬉しいです♪
ポチッ↓↓↓
犬猫多種飼い ブログランキングへ

応援ポチが更新の励みになっております♪
ポチッ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへにほんブログ村

いつも応援ぽちをありがとうございます!!!
心から感謝です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミンキーへ

2017年02月16日 15時05分53秒 | ホーリー ミンキー コロン
ホーリーはどこ?

私のママはどこなの?

さみしいよ。一人のベッドは冷たいよ。



ミンキーが心配すぎて私の涙は消えました。

涙が消えてもホーリーは私の胸に永遠。

それが一番わかってくれてるのはホーリーだと思うから、

きちんと今はミンキーを大きな愛情で包み込んで悲しみを取り除いてみせるよ。

そしてミンキー、

あなたはホーリーしか目に入っていなかったと思うけど、

私もホーリーの後ろにいつもいたんだよ。


18年6ヶ月前、
ホーリーと同じ母猫から生まれたあなたは縁あって我が家に迎えることになりました。

10ヶ月違いの姉妹は1ヶ月くらいの時間をかけて有り得ないほどの仲良しになりました。

赤ちゃんのあなたは誰が見ても驚くほど可愛い姿をしていました。

でも私はあえてあなたを可愛がり過ぎないように一歩さがってホーリーに任せることにしました。

なんとなくそれが自然な流れで、
家族になる1番の近道のように感じたのです。

そんなスタートだったからミンキーにとってママはホーリーになりました。

そして私はきっとホーリーのママで、あなたにとってグランマくらいの存在だった気がする。

上手く言えないけど、
ホーリーを通してミンキーは私達家族を見ていた気がする。

ホーリーがいないお家はさみしいね。

私もパパもコロンもみんなさみしい気持ちは一緒だよ。

ミンキーはひとりぼっちじゃないんだよ。

ミンキーは抱っこされたり馴れ馴れしく触られることが嫌いだったけど、
いつもミンキーを包み込んでくれたホーリーはもういないのだから、

ママはもう遠慮しないであなたにベタベタしていきますよ╰(*´︶`*)╯♡

好き好き好き好きしていきますよ。

ホーリー、まかせてね!

二つのランキングに参加しています。
応援ポチッをお帰りに押して頂けたら嬉しいです♪
ポチッ↓↓↓
犬猫多種飼い ブログランキングへ

応援ポチが更新の励みになっております♪
ポチッ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

またね ホーリー

2017年02月15日 15時16分29秒 | News
昨日は家族でホーリーありがとうの時間を大切に過ごしました。

沢山の綺麗なお花に囲まれているホーリーはスヤスヤ眠るお姫様のようでした。



ここ数日は夜はベッドで一緒に寝て、朝はおはようの声をかけて、
今まで当たり前に過ごしていた時間を同じように過ごしました。

出発前にホーリーを生花で着飾り、
玄関ドアにはホーリーがいつでもワープしてこれるように目印のリースをかけて、
ありがとうのお式へ出かけました。





私と夫と父と母の4人でホーリーの旅立ちを見送りました。



19年と4か月、
濃厚な忘れられない大切な時間をありがとう。





ホーリーはとても苦しかったと思うのだけど、
看病させてもらった時間は赤ちゃんを育てている気分を味わえてママはとても幸せでした。








ホーリーが亡くなる二日ほど前の日、
ミンキーとコロンと3にんで何かミーティングをしていました。



そしてお別れの今日、
コロンは何度も何度も悲しげに吠えました。



ミンキーの落ち込み方は見ていられないほどで心配です。



いつも一緒に寝ていたこちらのベッドでは寝なくなってしまいました。



わたしたちみんなホーリーあなたがいなくなってさみしいんだよ。

でもいつまでもこれじゃダメ。

それは一番ホーリーが心配していたことだと思うから、

家族で一番のりにママは立ち直ります! だってまた絶対に会えるんだもん!!!

ミンキーとコロンの事はしっかり守っていくから、
心配しないでずっと見守っていてください。

ありがとうホーリー

またね ホーリー


たくさんの方のやさしさに心から感謝しています。
しっかり前見て歩いていきます。
ありがとうございました。

二つのランキングに参加しています。
応援ポチッをお帰りに押して頂けたら嬉しいです♪
ポチッ↓↓↓
犬猫多種飼い ブログランキングへ

応援ポチが更新の励みになっております♪
ポチッ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへにほんブログ村

いつも応援ぽちをありがとうございます!!!
心から感謝です。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

温かいメッセージありがとうございます。

2017年02月13日 12時21分25秒 | ホーリー ミンキー コロン
ホーリーの火葬の予約を取りました。
15日の水曜日にお空に旅立つ予定です。

ホーリーがほぼ歩けなくなって、
昨日の日曜日はほとんど昏睡状態でした。

昏睡状態になってからの方が見た目にはスヤスヤと普通に寝ている時と変わらなくて、
お口をくちゃくちゃ時々辛そうにしていたそんな素振りもなくなっていました。

寝息も安定していた日曜日の昼間、
私は町内会の会合に出席し、その足で買い物に行きました。

ホーリーの旅立つ時に必要な馬車を手作りしたかったのです。



お別れギリギリのところまで私の気持ちを一緒に連れてって欲しかったから。
どうしようもないほど未練タラタラなママですね。

ホーリーとのお別れがすぐそこまでやってきていると知った時から、
添い寝しながら私は沢山の準備をしてしました。

今はその時に書いたやるべきスケジュール通りに動いています。

調べてあった氷屋さんでドラアイスを買ってきて、

抱きしめて沢山撫でて綺麗にして、
馬車にホーリーを乗せました。



火葬の予約も終わり、
ふと、ひと段落してしまった今がポツンとしてしまい、何だか辛いです。

そしてブログを更新する事で自分の気持ちを整理してます。

昨夜、ホーリーが亡くなる30分前の写真です。



看病を放棄していたミンキーがホーリーの元をウロウロしにきました。

その数時間前から我が家の部屋のライトがパンパンパンと三つも切れて、
偶然なのだけど、
夫も私もお別れがすぐそこにきていることをお互い口にはしなかったけど感じていました。

普段は22時ごろには寝てしまうのですが、
昨日は夫も23時半まで寝室に行かないで皆んなでリビングに一緒にいました。

ホーリーお休み。今日もよく頑張りました。
また明日会えるよね。

そう夫が声をかけて私達の寝るリビングの明かりを消して、
寝室に降りて行って、

その数十分後にお別れが来ました。

0時前に慌てて旅立ったホーリーはシンデレラのようです。

ホーリーは日曜日のギリギリの時間まで私達と一緒にいてくれた。

ホーリーを無理に引き止めていたのではなく、
ホーリーがその時を決めていて、
その時が訪れたから逝ったのだと、
そう思います。

ありがとうね。
本当にありがとう。

沢山の時間を未練タラタラの私のためにくれたホーリー。
それは私にいつまでもクヨクヨして欲しくないからだと思うから、
ホーリーをきちんと送り出せるようにしっかりするから! ねっ!
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加