日本ヨーガ学会

ヨーガ的生活

人を醜くするもの

2016年10月15日 14時49分09秒 | 思うがままに

熊本地震から半年が過ぎました。
そうでした。あの地震の数日前、田原豊道先生と私は熊本に来ていたんです。

熊本の集中講座が終わって、懇親会の席で、私は何を思ったか「熊本は地震はないのですか?」と聞いたのでした。

「時々はあるんですよ〜」と、皆さんの声。

こんな会話のあと、いつものように笑顔と快活な笑い声で盛り上がったひと時。
4月10日、日曜日のことでした。

4月14日(木)信じられないような大きな地震。ニュースを見ながら震えていました。

今、ようやく家の解体が始まり、気持ちが前に向かって進み始めた…と、おっしゃる方がいる一方、今だに立ち上がれない人…様々です。

その後も、台風で北海道や東北の方々の被災。

どこで何が起こるか分からない今日このごろです。

それでも、時折、絵に描いたような秋晴れの中にいると、心からの感謝の念にかられます。

自然は美しく、時には恐ろしい…

最近、大きな地震に備えて、シュミレーションが行われています。

たとえば、CGを駆使したVTRを見せる…といったようなこと。

見ているだけで酔ってしまいます。

身体は動いていないのに画面がひっきりなしに動く…という、感覚の不一致からくるのだそうです。

感覚の不一致といえば…

ヨーガは瞑想…
平たく言えば気づきそのもの。

気づきは思考と感覚が一致した時に起こるようです。
つまり、「腑に落ちた」とき。

まずは自分を知ることなのですが、困ったことに自分自身が一番見えません。
ご自分の顔をご覧になった方はいらっしゃいますか?

何言ってるの?

と、言われそうですが、自分の顔も、背中も、私たちが見ているのはフィルターを通してのみ…。

だから鏡という道具を曇らせてはいけないし、他人をとおして自分にフィードバックさせなくてはならないんですね。

ところが、私たちには自我意識があるから、私を快くしてくれる人は「スキ」、私を不愉快にさせる人は「キライ」になってしまうんです。

これって、煩悩そのもの。

怖いのは、これを放っておくと、人は醜くなるということです。

だから、『ヨーガ・スートラ』では、人との関わりを大事にするんですね。

一昨日から佐賀にきています。

今日から明日にかけて福岡ヨーガ連盟大会です。(荻山貴美子)

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 怒り | トップ | 宮沢賢治の世界 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。