シンプルな家・シンプルな暮し【 Home Room 】 

シンプルで質のある暮しと家を提案。あなたの "本当の「好き」" は実現できます。 ■志田建築設計事務所のブログ■

見学会・体験会 募集中


■■ 木の床体験会 2月24日(土)  ■■ <申込み締切:2月18日(日)>
『無垢の木のフローリング』でかつ『国産の木』に特化した体験会です。
国産でもいろんな木があります。はだしになって歩けます。ぜひ体験してみてください。
詳細とお申し込みはこちら ⇒ 【 木の床体験会 】* サンプル差し上げます!

照明の白色(昼白色)の危険性

2017-11-23 22:22:49 | 照明について

[ 70代の家リノベーション・上高田の家(R) 3階の寝室(夜) ]

 

80代の両親の家が、照明器具をLEDのシーリングライトに付け変えました。

消費電力が下るからというような事を聞きつけ、取替たくなってしまったのです。

 

そう思って満足して暮していけるなら、それもいいと思います。

 

その照明の話しですが・・・・

LEDの色は 昼白色。。

 

明るいんだけど、薄暗い感じがします。

 

高度成長期の大人達は、

蛍光灯が ”豊かさ” の象徴だったのでしょうから

蛍光灯の 白い色 は、特別に気にならないのかもしれません。

 

色の問題より 暗くない事 が大切なのです。

 

「白」という色にもいろんな色合いがあり

決め付けるわけにはいかないけれど

基本的に 白 は、冷たい色です。

 

明るいけど冷たい。

 

1枚目の写真の部屋には、洗面部分があって、そこの照明は

LEDの昼白色にしています。

女性の家なので、お化粧する時の事もあってです。

 

1枚目は、電球色のダウンライトだけの光。

次の写真は 洗面器のところの照明をつけてみました。

 

明るくなったけど冷たい

 

その感じ、、、わかりますよね。

 

作業するのには、明るいほうがいいので 「昼白色」を使います。

キッチンの棚下灯など。

 

でもそうではない全体照明で 昼白色 を使うと

部屋が冷たい色になります。

その部屋で長時間いる・・・毎日毎日・・・何年も・・ずっと・・

 

想像するだけで、気が滅入ります。

人は、いつも元気ではなく、落ち込む時も・・・悲しい時も・・・

心が折れそうになってどうでもよくなってしまう時も・・

あります。

そんな状態の時の 白い光の部屋に居たら

余計に心が弱ってしまいます。

 

本当に、住宅において

白い光の照明を 部屋の全体照明として使うのは

 

危険だと思います。

 

でも、電球色 だけでは”暗い”と感じる人もいます。

視力の弱い人、老眼の人、・・・ 暗いとはっきり見えません。

 

そうゆう人は、、、昼白色 と 電球色 を混ぜて使うといいです。

全体照明が 昼白色 でも、、部屋の隅にスタンドなどを付け 電球色 を使います。

目に入る 電球色のオレンジの色が混ざり、温かさが出てきます。

 

LEDのシーリングライトには、昼白色にも電球色にも変えられるものがありますが、

その機能は、リビング用・個室用の全てのシーリングライトに入れて欲しいです。

 

**

 

ちなみに、上の部屋の昼間は、こんな感じです。

[ 70代の家リノベーション・上高田の家(R) 3階の寝室(昼) ]

 

床は杉板。

そこに反射した光が、目には 電球色のように、温かさを感じます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

杉板の床 いろいろ

2017-11-22 17:51:09 | 木の床・杉の床

床に杉板を張りたいと思う人・・・・ 増えています。

さらっとして本当に気持ちがよくて、歩いた感じも優しくて、子供にも大人気です。

とにかく素足で歩くのが気持ちよくて、ごろっと横に・・なりたくなってしまいます。

 

それは、杉の「やわらかさ」から来ている良さです。

反面、「やわからい」から、物を落とせば簡単に凹みます。

普段の暮しの中で、結構、物は落としています。小さな子供がいればそれはそれは・・・。

-----------------------------

参考: 杉板の床 Q&A

-----------------------------

これまで杉板を使った家で、床が凹んでいても、みなさんあまり気にはされていません。

「子供にとってよかった」と思っていらっしゃいます。

杉板を使って、よい事のほうがたくさんある と思っています。

 

もし、あなたが、心配しているなら、実際に見て触る事をお勧めしますが、

これまでの経験から、杉板を使って 大丈夫! ですよ!^^

 

**

 

ところで、杉板 と言っても、日本中に杉があって、地域や産地の考え方で、それぞれ違うんです。

私のところでも、いく種類かの杉を使っていますのでご紹介します。

写真で見ると その”差”は微妙かもしれませんけど。。

 

ただ、、、時間が経つと 色が着き、赤い部分白い部分の差がなくなります。

新品の時の差は、時間とともにわからなくなります。

 



徳島 (相生杉) ・ 厚さ30mm 巾22cm 節あり

[ 葉山の家(R) ]

 

 



三重 ・ 厚さ 30mm  節あり

[ ハモニカ ]

 

 

 



埼玉(西川材) ・ 厚さ15mm 巾17cm 上小節(節少ない)

[ sato*sato サトサト ]

 

▼1年後

 




埼玉(西川材) ・ 厚さ15mm 巾17cm 上小節(節少ない)

[ 高輪の家(R) ]

 



 

 

埼玉(西川材) ・ 厚さ15mm 巾11cm 上小節(節少ない)

[ LWH003 ]

 

 



九州 ・ 厚さ15mm 巾10cm 節あり

[ 石神井公園の家(R) ]

 

 


 

埼玉(西川材) ・ 厚さ15mm 巾17cm 節あり

[ LWH001 ]

 


 

あなたの地元にも、きっといい杉の板があります。

探してみてください。

地元ではないどこかの杉が気に入ったら、それを使ってください。

 

**

 

杉は、実際に触ってみる事をお勧めします。

東京近辺の方には、こちらの体験会で、実際に杉板をはじめ、いろいろ無垢の木の床を確かめる事ができます。

よかったら、ご参加ください。そして、はだしになって歩いてみてください。

木について詳しい方の話しを聞く事もできます。

疑問に思う事、なんでも聞いてください。


詳細と参加申込はこちら

木の床体験会12/16


参加した方には お好きな木のサンプルをプレゼントします

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

痴呆になってしまった人の家の床

2017-11-18 10:37:41 | 木の床・杉の床

 [合板フローリング(左)と杉板(右)の違い]

 

今朝のTVで、痴呆になってしまった人の事を特集で取り上げていました。

その中で・・・

その人が部屋で座っている場面があって

それを見て 「 あっ・・・ 」 と思いました。

 

それは・・・

「 家が冷たい 」

 

室温の冷たさではなくて 目でみる冷たさ です。

 

床は 合板フローリング のように見えました。

 

その場面は ローアングル でしたので

床の光の反射が目についたのです。

 

その 光の反射 が 冷たい 。。

 

光の反射とともに、実際に足で触れた時の感触も

合板フローリングは冷たいんです。

 

上の写真は ある家のリフォーム工事中のもの。

元は合板フローリングでしたが、その上に 厚さ15mmの杉板 を貼りました。

 

写真を撮ったのは 11月の末・・・ 寒いです。

 

この時

杉板を貼ってあるところと、まだ貼ってない 合板フローリングのところで

感じる温度がどう違うのか・・・

現場用のスリッパをぬいで片足づつ乗せて立ってみました。

 

そうすると

明らかに 合板フローリングのほうが・・・ 冷たい


写真見てもわかると思いますが

目でも、

左の合板フローリングのほうが ”冷たそう” に感じ

右の杉板ほうが ”温かい感じ” がすると思います。

 

色の違いもあるけれど

根本的に違うのは 光の反射。

 

合板フローリングは、当たる光をそのまま跳ね返す感じです。

パキーン と跳ね返されているイメージです。

 

杉板のほうは、光の反射が柔らかい。。

拡散されるイメージです。

 

**

 

痴呆になる理由はいろいろあると思います。

家がその原因の一つになるのかどうかはわかりません。

 

ただ

人の感情というのは エネルギー(波動)の一種 だと思うので

 

それが 負のエネルギーの場合

光と同じように パキーン と跳ね返されたら 辛くなります。

 

無垢の木である杉板は、適当に薄めてくれます。

もっと好意的な言い方をすると

” 拡散する事で、反射して戻る分を 『共有』してくれる ”

 

根拠はないですけどね。。。

 

でも、

合板フローリングの床の部屋と 無垢の木の床の部屋とでは

住む人の感じるものが違うのは、本当です。

 

痴呆になった人の家の床を、

無垢の木の床に張り変えたらどうなるのか・・・

それがいい事なのかどうなのか・・・

私にはわかりません。

 

逆に、「覚えている事」を無くしてしまい

余計に混乱させてしまう事になるのかもしれません。

 

では、そうなる前・・・

もっと早くから、家の床を変えていたらどうだったんだろう?

年齢に関係なく、心が弱る時があります。

その時に 無垢の木の床だったら、違うのだろうか?

 

医学的な根拠はないんですが

もしかしたら、、状態が違うのかもしれません。

 

無垢の木は、強度もあるけれど、柔らかさも持っています。

木が凹んだり傷が付きやすいのは、、、それだけ人をの力を吸収できるという事。。

 

日常の中で、実際に触れる事、目で感じる事、その両方で

やさしく見守っていてくれる・・・

 

私はそんなふうに思っています。

 

最初の写真の家は、こんな家になりました。


【 2世帯住宅リノベーション・板橋の家(R) 】


 

 

壁をなくしたので、柱が露出しています。

この家には(完成時)小さな男の子が3人います。

 

「 (柱に)よく頭をぶつけてます 」 と、その子達のお母さんは

笑って言いました。

 

危ないと言えば危ないかもしれないけど

柱の間の寸法は、普通の廊下と同じ巾がありますから、通る事は問題ないです。

 

「ぶつかる」という体験ができる

「ぶつかって痛い」という体験ができる

「物との距離感を感じる力」を養う事ができる

のです。

 

ぶつかれば、その力の程度に応じ 柱も凹むわけで

大けがをする事もない はず。。

 

人間の感覚とつながる事ができる・・・・

 

それが 無垢の木の良さです。

いや、、、人が暮す家には、絶対に必要だと思います。

 


子供が小さいからこそ、無垢の木の床にして欲しいです。

杉板を使った家の話しですが、”無垢の木の床板”全般に言える、木の床の良さについて書いています。

杉の床の暮し


とは言っても、無垢の木がどんな感じなのかは、実際に触れて感じて判断してください。

こちらで、無垢の木の床を体験する事ができます。

木について詳しい方の話しを聞く事もできます。

疑問に思う事、なんでも聞いてください。

木の床体験会12/16

参加した方には お好きな木のサンプルをプレゼントします



 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

冬の光とガラス戸

2017-11-16 14:23:11 | 光について

 

 

 

冬の部屋に差し込む光とガラス戸が、私の中ではセットでイメージ作られています。

 

小学校2年生まで暮していた古い家が、そのイメージを作ったのかもしれません。

いわゆる ” 昭和の古い家 ” です。

窓は、全部木製のガラス戸。

 

風が吹けば カタカタ ガタガタ

当然すき間から ヒュ~うっと風が入ります。

 

ガラスなんて、きっと2mmくらいの厚さだったんだと思います。

 

冬は寒い・・・ 改めて言うまでもなく 寒い。。

薄いガラスが寒さで余計に パリン としてるような・・・

 

今、その時の事を思い出すと・・・

そんな薄い境界でも、なんだか家に守られているような感覚

があったような気がします。

 

風が吹いてゆれる外の木の葉の影は

薄いガラス1枚で隔てられた外とは別の世界のような・・・

 

穏やかに晴れた冬の日の

ガラスを通して入る陽が当たる床が

とっても温かくて・・・

 

今となっては、美化された思い込みかもしれないけれど

 

私にとって、冬の光とガラス戸は

懐かしく、温かいものなのです。

 

 

ぴゅうぴゅう~

がたがた

ぽかぽか

 


写真は、70代の家リノベーション・上高田の家(R)の2階

オーダーで作った飾り棚。

ガラス戸の枠や桟をできるだけ細くしたいとお願いしました。

[ 製作 : 葉山ガーデン ]

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

70代の家リノベーション・上高田の家(R) 終了

2017-11-13 19:57:25 | [Works]上高田の家(R)

70代の家リノベーション・上高田の家(R) 一応、工事終了しました。

残工事もあるけれど、とりあえず本日引渡。

**

写真は、2階のLDK。

2階を気持ちよい部屋に作り変える事が、今回の工事の全てと言っても過言ではありません。

 

今回の工事でLDK + 洗面(トイレ) となりましたが

以前は、それに加え 浴室 がありました。

茶色の家具のまん中あたりまでが 浴室 でした。

 

以前の様子は、もはや思い出す事もできないでしょう。

(写真も撮れないくらい狭くて・・・)

 

これから、施主のSさんが、ご自分のしたかった暮しを

ここでする事ができます。

 

好きな器をたくさん並べ、気の合うお友達呼んで、楽しく語り合う・・・

 

これまでできなかった事が、たくさんできるようになりました。

 

でも・・・

その前に、引っ越しと片付けが大変ですが。。

 

物が落ち着いた頃に、ゆっくりといろいろな話しを伺いたいと思います。

 

**

 

今回の工事に関わっていただいた全ての方に、感謝しております。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

無垢の木 は、温かいのか?【木の床体験会11/18】

2017-11-12 15:26:28 | 木の床・杉の床

▲ 杉板 厚15mm (リフォームした家の床で使用しました)

 

無垢の木を床に使いたいと思っても、いろいろ不安な事がありますね。

・傷がつきやす

・板が反る(そる)

・手入れが大変

などなど

 

そんな不安な事の一つに・・・

 

無垢の木の床は 温かいのか?

 

という事があります。

 

もしあなたが真剣に 無垢の木を使いたいと思いつつ、いまひとつ踏み切れないなら

実際に体験をしてみる事をお勧めします。

いくら検索して人の話しを聞いてみても

暑さ寒さの感覚はひとそれぞれですから。

 

単に見てさわるだけでなく

無垢の木の床の上をクツを脱いで歩いてみて欲しいのです。

床の”温かい冷たい”は、手で感じるのではなく

足の裏で感じるのですから。。

 

どこで体験できるのか?

 

いろいろショールームがありますし

工務店などのモデルルームもあります。

お近くのところを探してみてください。

 

もし、新宿(東京)に近いのであれば、

こちらの体験会をご案内します。

いろいろな木があります。

 

=====================

木の床体験会 11月18日(土)

申込締切は 11/12(日)

=====================

体験会参加は無料です。

 

これまでの体験会に参加した方々の感想はこちらです。

参考にしてみてください▼

http://s-coco.net/openhouse/sugi_taikenkai.html#taiken_voice

 

参加された方には、気にいられた木のサンプルをプレゼントします!

持ち帰ってからも感触を試してみてください。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最後の3Dパース? 【板橋の家(R)】

2017-11-11 19:44:35 | [Works]板橋の家(R)

 

 

 

 

 

 

これは、 リフォームで2世帯住宅に作り変えた 板橋の家(R) のプレゼンテーションの時に提出したパースです。


実家リノベーション 板橋の家(R)


2014年でした。

 

3Dのパースを使ったのは、、、これ以降ありません。

 

3Dで下絵は作りますが、仕上げは手描きです。

データーを作るのはいいんですが・・・・

難しいのは ”光” の設定。

光の具合で、色がうまく出せなくて・・・・。

 

3Dのパースは・・・ これが最後 かな~。。

わからないけど・・・

手描きのラフさが、実際に感じるものに近いかな

という気がしています。

 

***

板橋の家(R)の写真を インスタグラムにUPしています。

https://www.instagram.com/scoco4life/

 

パースとは違っている部分もありますが、、ほぼ同じ。

 


 

板橋の家(R)の2階は、床に無垢の杉板を貼りました。

リフォームでも無垢の木を使う事ができます。

 

あなたがもし、家の床に無垢の木を考えているならば、

まずは 無垢の木の床がどんなものか・・・

体験してみませんか?

 

実際に見て、触って、歩いてみてください。

はだしになって歩いてみてください。

それができる体験会をご案内します。

 

フローリングのショールームもたくさんありますが

はだしで歩けるところは、なかなかないと思います。

 

詳細とお申し込みはこちらです。▼

=====================

木の床体験会 11月18日(土)

申込締切は 11/12(日)

=====================

 

これまでの体験会に参加した方々の感想はこちらです。▼

http://s-coco.net/openhouse/sugi_taikenkai.html#taiken_voice

 


 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家具屋さんにオーダーした飾り棚

2017-11-10 18:49:30 | [Works]上高田の家(R)

70代の家リノベーション・上高田の家(R)・・・

2階LDKに 約3.6mの長さのある飾り棚を作りました。

 

その姿をちょっとだけ!

 

**

 

施主のSさんは趣味で陶芸をやられていて、

いろいろ作られてきましたし

古いものやお気に入りの作家さんものを集めてこられました。

それを全部ここに収納します。

(全部入るかどうかは疑わしいけど・・・)

 

この飾り棚に入る器は、それなりのものですから

その質感や存在感にふさわしい飾り棚を作りたいと思いました。

 

以前使われていた飾り棚を見て、ある家具屋さんが浮かびました。

いや、そこが作る家具がぴったりだと思いました。

 

こちら ↓


葉山ガーデン


 

サイトの写真より ショールームで見る実物のほうがいいです。

そして、我が子かわいさ というか・・・

この飾り棚のほうがいいです (笑)^^

 

使っている材は ナラ材。

葉山ガーデン・オリジナル色を塗ってあるのですが

照明の光で見るのとはまた違って

自然光で見ると、とってもいい色。

 

家具を見てうれしくなったのも久しぶり!

 

そんな話を、扉を取付に来ていただいた職人の青木さんにしたら

「自然光と照明の下では感じ方が違うので、かならずお客さまには両方を確認していただいてます」

と胸を張って言われました。

 

その青木さんの姿が、素晴らしかったです。

お願いしてよかったと思います。

いいものは・・・ 関わる人達も素晴らしい。

 

 

反対側もちょっとだけ・・・

 

 

 

 


このLDKの床は・・・

 

クルミの木のフローリングです。

 

「 クルミの木のフローリングって、いったいどんなものだ? 」

 

って気になりませんか?^^

こんなものです。

と、写真みてもよくわかりませんよね。

あなたがもし、家の床に無垢の木を考えているならば、

このクルミの木の床を体験してみませんか?

 

実際に見て、触って、歩いてみてください。

はだしになって歩いてみてください。

それができる体験会をご案内します。

 

フローリングのショールームもたくさんありますが

はだしで歩けるところは、なかなかないと思います。

 

詳細とお申し込みはこちらです。▼


木の床体験会 11月18日(土)


 

これまでの体験会に参加した方々の感想はこちらです。▼

http://s-coco.net/openhouse/sugi_taikenkai.html#taiken_voice

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クルミがフローリングになる事を知っていますか?【木の床体験会11/18】

2017-11-09 19:50:45 | 木の床・杉の床

 

写真は、現在工事中の家で使った クルミの木のフローリングです。

 

クルミって、、、あの、食べられるクルミ です。

実のクルミから、その元となる クルミの木 を想像するのは難しいですね。

 

検索してもらうとわかりますが・・・普通に大きな木です。

 


参考 : 樹木図鑑(オニグルミ)


 

建築や家具の材料として使われています。

 

 

床に使うといったいどんな感じだと思いますか?

クルミの実の殻から想像すると 固い 感じがするかもしれません。

 

でも

 

床材としては、カチカチではなく、

適度な固さで、想像するよりは 固くありません。

触ってみるとわかるのですが、 一般的な広葉樹のフローリングよりも

温か味があります。

 

適度な固さと温か味 ・・・・

そして、やはり広葉樹の質感

 

なかなかいいものです。

 

さらに、この板は国産の木です。

これを使う事で、山が手入れされいく事に 少し

貢献できます。

 

しかし、、、、

それは私の感じ方であって、誰でもがそう感じるかどうかはわかりません。

 

ヒノキや杉、松などの”針葉樹”ではなく、

チークやナラなどの広葉樹の質がいいけれど

冷たく感じるのも嫌だな

・・とか

他の人が使うようなものとはちょっと違うものを使いたいな

・・とか

思う人には、お勧めします。

 

でも

 

まず、ご自分で 実際に見て、触れて、裸足になって歩いて

感じてみてください。

 

サンプルを見れるショールームはたくさんありますが

実際に裸足になって歩いてみる事は、なかなかできません。

 

そこで、ご案内します。▼

----------------------------------- 

 木の床体験会 11月18日(土)

----------------------------------- 

 

実際に木の床を歩いてみる事ができます。

クルミに限らず、他の木も試す事ができます。

 

木の床にしたいとお考えの方には、

実際に触れて体験できる貴重な機会です。

 

ぜひ、この機会にご参加ください。

 

詳細とお申し込みはこちらです。▼


木の床体験会 11月18日(土)


 

これまでの体験会に参加した方々の感想はこちらです。▼

http://s-coco.net/openhouse/sugi_taikenkai.html#taiken_voice

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シンプルな小さい照明器具

2017-11-08 16:33:17 | 照明について

70代の家リノベーション・上高田の家(R)の脱衣場につけた 照明器具です。

 

小さい器具です。

ソケットとランプだけの シンプルな照明です。

 

この照明は、よく使います。

照明器具を付けたいわけではなく、「そこに」「あかり」が欲しい だけなので。

 

この照明器具について、コラムを書きました。

簡単で、、安くて、、目立たなくて、、お勧めします。

お勧めのLED電球もご紹介します。

 


【コラム 14】 シンプルな小さい照明器具


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加