Home Room 【 シンプルな暮しと家の作り方 】

シンプルでおおらかな、そして無垢の木の床でつくる質のある家と暮しを考えます [ 志田建築設計事務所のブログ ]

問い合わせ の勇気

2010-02-12 20:02:54 | 問合せ・出会い

先日、ある方から問合せがありました。

(遠方のため、)いろいろハードルが高そうで、メールするのも躊躇していたのですが、・・・(略)・・・一人であれこれ構想をねって夢見ているのなら、いっそ相談しようと勇気を出した次第です。

とメールに書かれていました。  勇気 ・・・ いりますよね。。

そりゃあそうです。家の設計という重大な事で、会った事もないし、どんな人間なのかわからないのにメールするなんて、本当に勇気いる事だと思います。

自分が逆の立場(問い合わせるほう)だったら、なかなか「メール送信」できないよな~と思うのです。本文書いて、送信しようかどうしようか悩んで、書いたものだけ、別に保存して、、一度止める。・・・そしてまた「どうしよう~」って悩む・・・というパターンです。・・・自分なら。。(小心者です。。)

なので、私に依頼してくださった施主の方々には、本当に驚きであり、、感謝いっぱいです。

Ritoh のMさんのように、たった一度 「家を建てる時にはお願いします」 とメールがあってから何カ月も経って話が始まる、という人もいます。この前、そんな話をしたら、「とりあえずキープした!」ですって。。^^(とってもありがたい事ですが)

あっ、思い出した!・・風樂房のS(Y)さんは、とってもいい事を言ってくださるんですが、いつも酔っ払って覚えていない事の中に、はじめてメールをいただいた時の事があった!・・・ はず。。

みなさんに共通するのは、、、時間をかけて、HPやブログを よ~く読んでくださった結果、ご連絡をいただいている事です。「よ~く読む」中で、共感していただき、作るもの・・・いや、作ろうとしているもの、、だいたいの性格などを読み取っていただいています。

初めてお会いした時、、、「(書いてあった)あの 〇〇〇 が良かった」と言ってくださいます。初めてお会いするのに、何回かお会いしているような気持ちになってしまいます。

設計事務所も星の数ほどあって、そこからどうやって探すか・・・とても大変な事です。さらに、絞って、メールを出すなんて事は、、、もう考えただけで心臓がドキドキしてしまいます。

ただ、、どこに決めるにしても、一歩踏み出さなければなりません。大変な勇気が必要だと思いますが、、まず一歩踏み出してみましょう!・・・メールしたら頼む事になる わけではないので。。

私としては、何度かメールのやりとりをしてから、それでもよろしければ、お会いしたいと思っています。( 会う事=頼む事・・ではありません。)

**

メールどころか、最初に電話を掛けてくださる方もいらっしゃいます。

とっても緊張されていて、私も途中からその緊張感を感じてドキドキしてしまいます。

電話の場合、双方 相手を感じる事ができるから 一番いい とは思います。が・・・それこそ緊張の極みです。まずは、お名前とご相談の要点を言っていただければ、こちらから、順にご質問させていただきます。

**

相談してみたいと思うのだけど・・・

そんな時、まず行動してみませんか!動いてみる事でひとつ前進します。

↑ お問い合わせのページ に書いている文です。

-----------------------

問い合わせる時のドキドキは 移るんです。 ⇒ 続・問合せの勇気

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« LWH002 重層 | トップ | LWH002 ウォールナットの床 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む