Home Room シンプルな暮しと家の作り方

無垢の木の床のシンプルな家と、シンプルで自分が好きな暮しの実現を考えます

■志田建築設計事務所のブログ■

マンションリフォームこそ無垢の木の床にすべき理由

2016-10-08 20:27:32 | 家作りを考える5「リノベーション>リフォ

[ 杉足場板を使った店舗 ]

 

エコハウス研究会の勉強会に参加しました。

そこで学んだ事をみなさんにもお伝えします。

 

「高気密高断熱」・・・と聞いて

高性能で快適で健康的な家

と思いますか?

 

 

残念ながら、それだけでは 少なくても 「健康的な家」

とは言えません。 「快適さ」についても 無条件に

「快適な家」とは言えません。

 

「高気密高断熱」とは

『快適で健康的な家』になるための

条件のひとつでしかありません。

 

大切な事のひとつに

(かなり重要度が高い)

   調湿

という事があります。

 

湿度をいかに管理するか・・・ という事。

 

「高気密高断熱」であっても

ビニールクロスと建材フローリングの家では

決して 快適で健康的な家 にはなりません。

 

誰もが体験して知っているとおり

夏の暑い日でもエアコンつけて湿度が下がれば快適です。

冬の寒い日、部屋を加湿すれば快適です。

 

| 湿度を調整する事を

| 機械で行うのではなく、家の素材でやれるほうが

| 快適である

 

勉強会で教えていただきました。

 

木は、『 吸湿・放湿 』する力がとても高いです。

 

という事は・・・

 

かなり広い面積のある「床」を

無垢の木の床にする事は、「調湿」に関してかなり効果があるという事なのです。

 

湿気が そこここにある から、冬に大量の結露になります。

 

湿気を吸い込む木がたくさんあるという事は、それだけ効果的です。

 

 

マンションに住む方からのご相談の中で

『 結露して大変 』 というのは

ほぼ共通の悩みです。

 

家の床を、湿気を吸う『無垢の木』に変えただけでも、

問題は少し改善する事になります。

 

たとえ古いマンションでも、マンションは気密性が高いものです。

という事は部屋の内部にある空気中の湿気は、

行き場がなく 結露して水になるしかないのです。

 

つまり、マンションこそ、湿度を調節する材料を使う以外に

結露を解決し、カビやアレルギーのない健康的な暮しをする事はできないのです。

ですから 

床に無垢の木を使うべき・・・・

なのです。

 

 


 

私のところでは

マンションのリノベーションをいくつかやらせていただいております。

 

床は確実にはりかえます。

 

マンションを快適に健康的にするには

間取りの変更とともに、内部の仕上げ材(素材)を考えなおさないといけません。

 

そんなお悩みがありましたら、一度お問い合せください。

 ↓ ↓ ↓ ↓

無料メール相談

http://s-coco.net/052contact_2.html

 


メールマガジン【日美の手帖】 (購読は無料)

シンプルな暮しは人生をより豊にしてくれると思います。

シンプルな考え方、シンプルな暮し方と家づくりについて書いています。

ブログには書ききれなかった事、書かなかった事などをメールでお送りしています。

メルマガ読者だけの特別なご案内もありますので、

木の床などの質感あるものが好きで、シンプルな暮しをお考えになる方は

ぜひご登録ください。

メールマガジン【日美の手帖】 (購読は無料)

申込はこちら ↓

https://form.os7.biz/f/77cf42a6/

不要になれば、いつでもご自身で解除できます。

▼読者の方からいただきました。

「いつも、メルマガ読んで私もあれこれ考えるきっかけを頂いてます。」

(文京区 Mさん)

 


 Renovation for Life and House 

人と家とのよりよい関係づくり

S-COCO

志田茂建築設計事務所

URL   : http://s-coco.net


 

 

 

 

 

ジャンル:
リフォーム
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【街歩き】横浜~港編 | トップ | 急きょ決定!最後の『木の床... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

家作りを考える5「リノベーション>リフォ」カテゴリの最新記事