Home Room 《 シンプルな暮しと家の作り方 》

シンプルで質のある暮しと家を提案。あなたの "本当の「好き」" は実現できます。 ■志田建築設計事務所のブログ■

見学会・体験会 募集中


■■ 木の床体験会 1月27日(土)  ■■
『無垢の木のフローリング』でかつ『国産の木』に特化した体験会です。
国産でもいろんな木があります。はだしになって歩けます。ぜひ体験してみてください。
詳細とお申し込みはこちら ⇒ 【 木の床体験会 】* サンプル差し上げます!

猫脱走?fromトップライト 

2017-07-10 10:05:25 | 家作りを考える8「その他」

近所のアパートの屋根の上・・・

 

あれっ・・  猫!

 

やっちまった~

(猫にとっても、飼い主にとっても。。)

 

 

その部屋の猫の飼い主は、出掛ける時に猫のために窓を少し開けていく。

時々猫が、窓枠に上り、外を興味津々で眺めてる。

 

そのアパートにはロフトがあって、そこにトップライトがあるのだろう。

今日は、トップライトを開けっぱなしで出て行ってしまったのだ。

 

猫にとっては願ってもないチャンス!

 

わずかなすき間から軽々屋根に上ってしまい

のんびりと風景を楽しんでいる。

 

 

さて・・・

この猫、、、どうする事やら。

 

脱走する?

戻る?

 

**

猫を飼っている人は、、、トップライ (も) 要注意!

 

 


 

こちらの家には猫3匹います。

今のところ脱走した話しは聞いていません。

脱走しなくても、家で伸び伸びできて気持ちいいのかもしれませんが。。

 

その家の見学会があります。

=======================

夫婦と猫の家リノベーション : 風樂房(ふうらいぼう)

もうすぐ10年になる家の見学会 7月22日(土)

 

 ▼▼ 詳細とお申し込みはこちら

施主の家見学会

=======================

申込締切は 7月18日


 

その風樂房(ふうらうぼう) では床に杉板を使っています。

杉板を使いたいと思っても、猫がいるから悩んでいる人も

ぜひ来て実際に見てください。


また・・・


杉板をはじめ、”無垢の木のフローリング”に興味ある方にお知らせです。

いろいろな無垢の木の板を、見て触ってはだしになって試す事ができる

体験会があります。


■ 木の床体験会7月15日(土)

*申込締切7月12日(水)


無垢の木の床をいろいろなサンプルで体験していただきます。

参加者には無垢の木のサンプルプレゼント!

詳細とお申し込みはこちら↓

  木の床体験会


 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

街が変わる事・・・いいこと 悪いこと

2014-11-23 17:00:39 | 家作りを考える8「その他」

昨日打合せで、西武池袋線・石神井公園駅に行きました。

西武池袋線含め、東京北側の私鉄沿線がものすごく変わっている事は知っています。

地下鉄への乗り入れなど、ものすごく利便性は高くなり、利用者としては有りがたいことです。

駅も建替えられ、駅を中心として街の再開発がされて、とってもキレイな街に生れ変わります。

それも、いい事だと思います。

が・・・・

写真みてください。

どこかで見た気がしませんか?ひょっとしたらあなたの街の駅と似てませんか?

なんで、こんなに画一的なんでしょうね。。

もっと突っ込むと、、、駅舎の壁のモノトーンの虹みたいな装飾はなんでしょう・・

 

必ず、何かをくっつけて違いを作ろうとします。100歩譲ってその考えを理解しましょう。

でも・・・

くっついてるものが、超ダサい。。

 

オリンピックまでに、東京中の駅を対象にデサインコンペしませんか。。

 

反対側の駅前ロータリー

 

石神井公園駅に降りたのって、何十年ぶりだろう。

以前の姿を覚えてませんが、再開発前は、このあたりも小さな店舗街で、にぎわっていたんでしょうか?

キレイになるのはいいと思いますよ。

でも、こぎれいになった街に、いけすかない感情を持ってしまうのです。

なんて表現していいのか・・・・ あの うす~~い感じ。。

 

ところで、この辺に元々の商店街は無くなったの?

と思って探してみたら・・・

 

 

ありました!

やっぱりこうゆうとこのほうが落ち着く(^^)

しかもこの道はバス通り。・・・危ないといえばそうなんだけど、

西武線線沿線の典型的な街の形で、

30年以上前ですが、ある西武線の沿線の高校に通った身としては

懐かしいのです。

 

 

脇道に、、点々と続く赤提灯。

それに導かれると・・・・

 

 

酉の市でした。

周囲にマンションだらけですが、ぽつんと残ったこの場所も

こんな時は光輝くんです。

やっぱりいいですね~ こうゆう風景。

 

ごちゃごちゃしてる事は、、活気を産みます。

おじさんもおばさんもごちゃごちゃ

大人も子供もごちゃごちゃ

 

スマートでもキレイでもない。

でも圧倒的にこっちが楽しい。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

都市のPiece - 3

2013-12-04 13:36:04 | 家作りを考える8「その他」
Riversaide_1

こんなのを見つけました。

川と隣のビルの間にできた小さな細長い三角形の土地なんだと思いますが、そこにある三角形の建物。。

レストランです。

Riversaide_2

いつできたのかわかりません。

新築で作ったのから、元々あった建物をリノベーションしたのかもわかりません。

これが合法的なのかどうかといわれれば、

非合法のような気がします。

だから、いいとか悪いとか言っちゃいけないんだろうし

何かあった時どうするんだ・・・ という事になるとすれば

何も言いようがありません。

でもね・・・

人間だって、、矛盾だらけのように

都市も矛盾だらけです。

まるで使いようのない 余白のような土地 が、

都市にはいっぱいあって

そこに、、ゲリラ的 とは言わないけれど

執念で建築を建ててしまう人がいて

そうゆうものが、ものすごく街を 活き活きとさせる事も

事実なのです。

**

耐震・耐火・省エネ・・ etc

建築には、人々の生命と財産を守らなければいけない という使命があります。

そうじゃないものが、たくさんあるのが事実です。

だから手っ取り早く リセット しちゃえばいいんです。

均質な街区を作って、均質な建築で埋めていけばいいんです。

でもね・・・

アスファルトを打ち破って芽を出す植物があるように

均質さは、必ず 矛盾を呼び起こすのです。

その命の輝きは、どの均質さよりも 力強く 美しく 魅力にあふれています。

それが

都市のPiece


 
**

都市のPiece -1

都市のPiece -2

 
 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うちとは合わないようです。(施工会社の基準)

2011-09-02 19:23:03 | 家作りを考える8「その他」
Midorinohikari110902

ある施工会社から営業の電話があった。

その会社は、今までにも何度も電話があり 「機会があればぜひお見積させてください」 と言っていた。きょうは、前回の担当者とはちがった。

簡単なアンケートをとらせてもらえるか というので、まったく初めての会社でもないので答える事にした。

その中のひとつ・・・
「施工会社を選ぶ基準は?」と聞かれた。

「うちが工事をお願いする会社は、主に設計事務所の仕事をしているところ」と言うと・・・

「それでは、うちとはちょっと合わないかもしれないですね。。」と彼は言った。

適当な挨拶をして電話を切った。

その会社は、設計事務所の仕事を年に数件するらしいのだけど・・・
最初から営業する気がなかったのか。。 と思った。
いや、むしろ その会社の営業先リストからはずしたかったのだろう。
失礼な話だ。それなら最初から電話しなければいいのに。

**
うちがお付き合いする施工会社は、設計事務所の仕事をメインにしている会社だ。

始まりは、設計をやっている友人が実際に工事を頼んでいる会社を紹介してもらったり、飛び込みで営業に来たその人自身の誠実さ・一生懸命さに、頼んでみようとおもった会社もあるし、ネットでいろいろ調べて、今度はこちらから飛び込みで頼んだ会社もある。

どの会社も、よくやってくれて信頼できるところだ。

私の施主の方達は、ネットでじっくり吟味して、信頼して設計を依頼してくださる。 だから、、その私が信頼できる会社でなければ、私の施主の仕事を頼む事はできない。

仕事をやった事も、それよりも 実際に会って話した事もないのに 「うちとは合わない」 と言う会社には絶対に頼まない

**
写真は、けさ たまたま寄った近所の神社。小さな神社だけど、特に特徴もないし、社(やしろ)はコンクリート造だけど、、好きな場所なんです。台風で、きょうも雨の予報なのに、朝から日が差していて、木々からの木漏れ日が、とても気持ち良く、きれいでした。

++++
東京 暮しリノベーション > 志田茂建築設計事務所



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家の命が消える時、、灯る時

2009-06-22 22:15:40 | 家作りを考える8「その他」

Ienoinoti090622

つい昨日まで居た住人はもういない。

窓に残されたカーテンが、昨日と今日の時間をわずかにつなぐ。

昨日まで  この家には生気が満ちていた。

今日    この家には、その生気の微塵もない。

この家の命は、、、

住人とともに消えてしまったのかもしれない。

****

家には・・・  命がある。

それは、住人の命を映し出すものなのかもしれない。

ひとの命・・・  ひとの気・・・

それが宿る事により・・・ 家の命は灯り、、

それが去る事により・・・ 家の命は消える。。

だから

家は住人そのものを表わす。

****

この家に、、また新しい住人によって、命は灯されるだろう。

全く別の顔となって・・・

・・・

この家を、、、、愛してくれるひとが来てくれますように

(Photo : E-520)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プレカットからみえるもの

2009-04-08 20:18:16 | 家作りを考える8「その他」

090408danmenn

御近所さんの プロペラの家 は、密に・・・(でもないけど) 着々と進行してます。

現場には、すでに構造体の材木が搬入されてます。

**

日本中の多くの木造住宅は、構造材の加工(刻み)をコンピューター制御された工場で行っています。住宅のコスト削減のために発達してきたものです。

自分で墨付けをして材料を刻める大工さんは、いずれいなくなってしまうのかもしれません。

もちろん、きちんと手加工を続けている会社も沢山あります・・・が、圧倒的に少ない。

なにしろ、普通の大工さん達は、メーカーやビルダーの下に入らなければ仕事ができないのが現状です。それは、さらに言えば、一般の人の嗜好が、ハウスメーカーが作る家を求めるからです。

安くて品質がよければ、それはいいのだと思います。

ハウスメーカーなどは、技術の開発や、コスト削減の方法、そして「今求められる家」についてのリサーチなど、多額の開発費を使って行います。そして、多額の宣伝費を使って広告をうちます。

とうてい町場の工務店はかないません。

これからもどんどん淘汰されていくでしょう。

ただ・・・・

それを黙って受け入れるのか、、、

ここで立ち上がっていくのか、、、。

現に、ハウスメーカーとは違う立ち位置で、良質な住宅を作っていく事を思考錯誤し、成果を上げているところもあるわけです。

それは・・・・

我々 設計事務所 も同じ事。

1品だけの 建築だけ を作っていればよいのか・・・・?

**

この 未曾有 (みぞう ゆう ではありません) の経済危機で

建築に限らず、すべての価値観、すべての在り方が変わっていくのだと思います。

-----------------------

私のところで掲げている 企画住宅 LWH も、「住宅で、品質を確保しながら、汎用性のあるものを作りたい!」と思ったのが始まりです。

LWH001 がはじまり、いろいろな問題点が見えてきています。

いち個人事務所が、取り組むには、難しい問題である事を実感する日々です。

でも、なんとかまとめていきたい。。。

今あるのは15坪シリーズですが、、、そのうち 20坪シリーズ を作りたいと思っています。

****

あらためて・・・

作りたいのは、狭小住宅ではなく、

小さくても、暮らしを楽しめる家 

です!

・・

もし興味が湧いて、

いっしょに開発してみたいと思う方は ぜひご連絡ください!

++++

Fさん!  今日の記事はどうでしょう?(笑)

そして お電話ありがとうございました!

ビックリ・・・うれしかったです!

また、そのうち~・・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本的なるもの

2009-04-05 14:37:27 | 家作りを考える8「その他」

Sakura2009

LWH001 の Yさん の影響で、、、たまに

「夏目友人帳」  というアニメをYouTube で見てしまいます。

人間と妖(あやかし)の触れ合いを描いたものです。

刺激的な妖怪もの ではなく、つらい過去を背負う主人公と 悲しい過去に縛られた妖(あやかし) の 一瞬の触れ合い を描く物語です。

触れるか触れないか の微妙な距離感のある物語です。

相入れないはずの ひと と 妖(あやかし)が、その一瞬の結びつきにより深い友情を作っていく という話なのですが、、、切なく悲しく・・・でも温かい気持ちにさせてくれます。

**

その昔、日本で、まだ、ひと が 自然とともにあった時、、そこここに、 妖(あやかし) や もののけ がいた頃、、ひとは 目にみえない それら を感じていた事でしょう。時には 恐ろしいもの であり、時には 神 として。。

そんな 妖(あやかし) や もののけ の存在を信じますか?

いるかいないか・・・ではなく、、、感じるか・・感じようとするか なのだと思います。

ひとは 道具を持ち、自然を抑えつける事ができると信じてきました。

はたして本当にできるのでしょうか?

そのために発展してきた 知恵 は有効だったのでしょうか・・?

これからは、その知恵や道具は、<ともにあるために>使われていくべきだと思うのです。

昔の日本、昔の暮らしに戻る事はできません。どんなに技術が発達し、仮に夜や闇のない世界を作れたとして、それは、自然の一部でしかない ひと のあるべき姿ではないと思います。そして、光がある限り、必ず闇が産まれます。

闇にも濃淡があります。強い光であればある程 濃い闇になります。闇が濃いほど 恐れ につながります。

今まで我々は 強い光を作る事ばかり考えてきました。

911以降起こる各地の戦争、そして世界的不況は・・・そんなに強い光が必要でない事を示しているのでないでしょうか。。

グローバルスタンダードではなく、それぞれの独自性が大切な事を。。

そして ともにある事 を・・・

**

少し光を弱くして、闇に目をこらしてみましょう。

そこには 妖(あやかし) や もののけ  がいるかもしれません。

でも、<それらとともにある>事が、日本的なるもの なのだと思います。

<それら>がいる闇は、、黒ではなく、もしかしたらいろいろな色をしているかもしれません。

感じる事が大切です。 想い描く事が大切です。

**

写真の桜の木にも、妖(あやかし) や もののけ が宿っているかもしれません。

夜桜の下での宴会のそばで、、、

いっしょに踊っている 妖(あやかし) や もののけ がいるかもしれませんよ!^^

・ ・ ・

妖(あやかし) や もののけ  とは・・・・

それは  ひと なのかもしれない。。

----------------

夏目友人帳 に使われている曲です。(*YouTubeを開きます)

・ 中孝介 : 夏夕空

・ 高鈴  : 愛してる 

この曲の 流れ ・・・時間感 が好きです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

建売の値段っていったい・・・

2007-10-26 10:28:35 | 家作りを考える8「その他」

今朝の新聞に入っていた建売のチラシに、2つの物件が載っていた。

ひとつは、200万円値下げ・・

・・・・まあ、それはあるなぁ。。それくらいの値下げは・・・

もうひとつ・・

・・・・これはビックリ!

       1,400万円値下げ!

140万円じゃなくて、1,400万円!

びっくりするけど、いっきに冷める。。

・・・・いったい、いくら、販売会社がのっけてるの?

というより、本当の値段はいくら?

これで、「安い!」と思って飛びつく人がいるのかもしれないけど、、

もし、いたとしたら「ゴシュウショウサマ」って気がする。

だって、そんな会社が作ってるものは、下請けをかなり泣かせていると思うから。。。

つまり、現場の人達は、まともにやってないと思う。。

***

近くに2棟の賃貸3階建てを壊してたくさんに区画割りして建売をつくり分譲しているところがある。

その金額・・・・・  1億円超え 。。

都内だから敷地はそれほど大きくはないけれど、狭小分譲地よりは大きい。

でも

あまり売れてないらしい。

+++

それはそうだろう。

その7割くらいは土地の金額なのだけど、その建売の家自体は、その辺の建売とたいして変わるわけでもなく・・・・・

1億円 って、ものすごい金額 (少なくても私には)

それを払える、または、ローンを組める人は、それなりの地位の人であり、それなりの暮らしをしている人だと思う。そうゆう人達の感性には、まったく合っていない。。(と思う)

自分がそうゆう人だったとしたら、何も魅力を感じない。

一言、  「安っぽいね」・・・

+++

そうゆう人を対象に考えるなら、もっと違うものを作るべきだったと思う。

むしろ、そうゆう人対象に、土地だけ売ったほうがよかった。。

「1,400万円値引き」の物件の事で考えると、これには、いったいいくら乗っかっているんだろう・・・・・

「がっちり儲けるぞ=!」感がいっぱい。。。

***

なんにしても、ひとつの区画を、ひとつの街として考えなければ、魅力もないし、そんな考えのない会社が企画した建売群ができた”その街”は、、、、たまらない。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暑い熱い・・で、思う

2006-07-14 13:34:14 | 家作りを考える8「その他」

今日も暑い、、、
私はできるだけ、エアコンをつけないようにしています。
扇風機の風は熱風です。直接あたるとひからびそうです。

この季節になるといつも思うのですが、
一斉に莫大な数のエアコンが動きだします。
室外機から吹出す熱風は、ものすごいエネルギー量です。
それによって、1°、2°、(いやもっとか、、)気温を押し上げているでしょう。
ものすごい事です。
いったいこの東京だけでもどれくらいのエアコンの室外機が回っているのでしょう。。
一軒の家で数台のエアコンがあります。
それは、部屋が細々してるからです。

一軒の家が一台のエアコンだったら、もしかしたら、少し涼しくなるかもしれない、なんて思うのです。

現在の家は、負のエネルギーを不法投棄しているようなものです。

次々に出来上がる巨大マンションは、一斉に熱風をまき散らします。
そんな事考えると、頭いたくなる・・・
いっそうのこと、熱風に色がついていればいいのに・・・

逆効果か。。

もっと家が小さくなれば、それも小さくなります。

‥‥‥‥‥

小さな家ならば、環境に与える負荷も小さくなります。
まさに エコ な暮しです。
軽快で上質な暮しのSTYLE は『小さな家』から始ります!
  ↓↓↓
小さな家 LWH

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

また猫よけ・・怒

2006-07-12 10:08:32 | 家作りを考える8「その他」

また、猫よけの薬をまかれた。
約1年前にもまかれたのだけど、1年近く経っても、なんとなくその臭いは消えていなかった。

猫よけの薬は劇薬だ。

猫に効くかもしれないが、人間にも影響を及ぼす。

その臭気は人体にただいな影響を及ぼす。

なんとなく頭が痛くなる!  気持悪い!

まいているそのヒト自身が、化学物質過敏性になろうが、かまわないけれど、近所のものはたまったものじゃない。子供だっているのに####

猫のふんなどに困っているヒトも多いだろう。

「ねこよけ」で検索されて、このブログを見られる方も多い。

でも、薬をまかなくても、方法はいくらでもある!

それでも薬をまくヒトは

これだけは心してほしい。

猫よけの薬をまく事は、犯罪だ!!

生物兵器を使っているのと同じだ!!

‥‥‥‥‥

→ 猫よけ

→ 化学物質過敏症2

→ 化学物質過敏症

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加