Home Room 《 シンプルな暮しと家の作り方 》

シンプルで質のある暮しと家を提案。あなたの "本当の「好き」" は実現できます。 ■志田建築設計事務所のブログ■

見学会・体験会 募集中


■■ 木の床体験会 2月24日(土)  ■■ <申込み締切:2月18日(日)>
『無垢の木のフローリング』でかつ『国産の木』に特化した体験会です。
国産でもいろんな木があります。はだしになって歩けます。ぜひ体験してみてください。
詳細とお申し込みはこちら ⇒ 【 木の床体験会 】* サンプル差し上げます!

無垢の木の床の質 【木の床体験会2月24日】

2018-02-06 22:22:20 | [Works]上高田の家(R)

 

 

写真は、昨年完成した、ほぼ全面的にリフォームした家です。

 

---------------------------------------

70代の家リノベーション 上高田の家(R)

---------------------------------------

正月に、独立している息子さんご家族が実家であるこの家に来られて、新しく生まれ変わった家での初めての正月を過ごされました。

息子さんはすでにご自分の家をお持ちになっているのですが、

この家に来られてすぐに、無垢の木の床の感触を試されたそうです。

 

やっぱり無垢の木の床は、違うそうです。

 

自然の温もりあふれる実家でゆっくりする事が、今まで以上に楽しみになりました。」


と、感想を送ってくださいました。


**

 

この家の床の木は、厚さ15mmのクルミのフローリングです。もちろん無垢の木で、そして、国産の木です。

一体のその床の何がいいのか・・・

一度、クルミのフローリングを試してみませんか?

クルミだけでなく、様々な木の床を体験できます。

 ↓ ↓ ↓ ↓

=====================

木の床体験会 2/24(土)

=====================

体験会を行う場所には

厚さ3cmの杉板が床に張られています。

裸足になって、無垢の木の床を試してみてください。一体、何が違うのか。。?


多くの方がこの体験会に参加され

「無垢の木の床」の上を裸足になって歩き

「こんなに違うんだ!」と驚かれます。


参加者の感想はこちら ↓

----------------------------------------

体験会に参加された方々の感想

----------------------------------------

 

戸建てでも、マンションでも 、新築・リフォームと、どちらにも使えます。

床を変えるだけで、本当に家が変わります。

ぜひあなたにも、無垢の木を床に使って欲しいです。

 

家づくりを考えていらっしゃるのなら

無垢の木の床を、ぜひ体験してみてください。

参加される方には特典もあります。

 ↓ ↓ ↓ ↓

=====================

木の床体験会 2/24(土)

=====================

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

70代の家リノベーション・上高田の家(R) 終了

2017-11-13 19:57:25 | [Works]上高田の家(R)

70代の家リノベーション・上高田の家(R) 一応、工事終了しました。

残工事もあるけれど、とりあえず本日引渡。

**

写真は、2階のLDK。

2階を気持ちよい部屋に作り変える事が、今回の工事の全てと言っても過言ではありません。

 

今回の工事でLDK + 洗面(トイレ) となりましたが

以前は、それに加え 浴室 がありました。

茶色の家具のまん中あたりまでが 浴室 でした。

 

以前の様子は、もはや思い出す事もできないでしょう。

(写真も撮れないくらい狭くて・・・)

 

これから、施主のSさんが、ご自分のしたかった暮しを

ここでする事ができます。

 

好きな器をたくさん並べ、気の合うお友達呼んで、楽しく語り合う・・・

 

これまでできなかった事が、たくさんできるようになりました。

 

でも・・・

その前に、引っ越しと片付けが大変ですが。。

 

物が落ち着いた頃に、ゆっくりといろいろな話しを伺いたいと思います。

 

**

 

今回の工事に関わっていただいた全ての方に、感謝しております。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

家具屋さんにオーダーした飾り棚

2017-11-10 18:49:30 | [Works]上高田の家(R)

70代の家リノベーション・上高田の家(R)・・・

2階LDKに 約3.6mの長さのある飾り棚を作りました。

 

その姿をちょっとだけ!

 

**

 

施主のSさんは趣味で陶芸をやられていて、

いろいろ作られてきましたし

古いものやお気に入りの作家さんものを集めてこられました。

それを全部ここに収納します。

(全部入るかどうかは疑わしいけど・・・)

 

この飾り棚に入る器は、それなりのものですから

その質感や存在感にふさわしい飾り棚を作りたいと思いました。

 

以前使われていた飾り棚を見て、ある家具屋さんが浮かびました。

いや、そこが作る家具がぴったりだと思いました。

 

こちら ↓


葉山ガーデン


 

サイトの写真より ショールームで見る実物のほうがいいです。

そして、我が子かわいさ というか・・・

この飾り棚のほうがいいです (笑)^^

 

使っている材は ナラ材。

葉山ガーデン・オリジナル色を塗ってあるのですが

照明の光で見るのとはまた違って

自然光で見ると、とってもいい色。

 

家具を見てうれしくなったのも久しぶり!

 

そんな話を、扉を取付に来ていただいた職人の青木さんにしたら

「自然光と照明の下では感じ方が違うので、かならずお客さまには両方を確認していただいてます」

と胸を張って言われました。

 

その青木さんの姿が、素晴らしかったです。

お願いしてよかったと思います。

いいものは・・・ 関わる人達も素晴らしい。

 

 

反対側もちょっとだけ・・・

 

 

 

 


このLDKの床は・・・

 

クルミの木のフローリングです。

 

「 クルミの木のフローリングって、いったいどんなものだ? 」

 

って気になりませんか?^^

こんなものです。

と、写真みてもよくわかりませんよね。

あなたがもし、家の床に無垢の木を考えているならば、

このクルミの木の床を体験してみませんか?

 

実際に見て、触って、歩いてみてください。

はだしになって歩いてみてください。

それができる体験会をご案内します。

 

フローリングのショールームもたくさんありますが

はだしで歩けるところは、なかなかないと思います。

 

詳細とお申し込みはこちらです。▼


木の床体験会 11月18日(土)


 

これまでの体験会に参加した方々の感想はこちらです。▼

http://s-coco.net/openhouse/sugi_taikenkai.html#taiken_voice

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

柱材で作った『木の壁』

2017-10-30 19:12:55 | [Works]上高田の家(R)

70代の家リノベーション 上高田の家(R) 2階のリビング。

 

前にもこの『木の壁』について書きました。


杉の壁にドキドキし すぎ る


その時から何が変わったかというと・・・

オイルが塗られました。

 

まわりは・・・ 塗装も終わり、壁天井にクロスが張られています。

だいぶ完成に近づいています。

 

さて、『木の壁』・・・・

以前の記事で、その壁に触ってドキドキした事を書きましたが

塗装をどうするか、、、悩みました。

 

キッチンの脇にあるので、クリアー塗装をしようかと考えていたんですが

ドキドキしたその感覚は、クリアー塗装したら薄れてしまうと思い

「艶(つや)消し」にすればいいか、、、とも思ったのですが

どうしても、、塗装で表面を覆ってしまいたくなくて

オイル塗りにしてもらいました。

 

施主のSさんに、これから毎日のように触ってもらいたいので

無塗装だと、ザラザラ感や触っている部分ばかりが色が変わるし

何かを塗っておきたかったのですが、、、

 

触って『木』という感触をストレートに感じてもらうために

手と木と直接触れ合って欲しくて

オイルでよかったです。

 

 

現場でSさんに、

「こうやって触るといいでしょ!?」

と聞くと・・・

「すごいね~」

と言ってくれました。

 

ひとり住まいのSさんを

見守っていてくれる存在になってくれると思います。

 

階段側からLDKを見たところ。

 

**

 

この木の壁には触れる事はできませんが・・・

無垢の木の床に実際に触れる事ができます。

はだしになってもらう事もできます・・・いや、むしろ

はだしになって、感じて欲しいのです。

無垢の木 というものの感触を。

 

厚さ3cmの木を張られた場所で体験会を行っています。

ご都合がつけば、ぜひご参加ください。

 

次回の体験会は 11月18日(土) です。

詳細とお申し込みはこちら


⇒ 木の床体験会11/18


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家具取付

2017-10-18 18:45:14 | [Works]上高田の家(R)

70代の家リノベーション・上高田の家(R)

2階のリビングに 家具が納められました。

総長さ約4mのL字型の飾り棚です。

 


特注家具製作 : 葉山ガーデン


 

写真の白シャツの人は、スーパー職人:青木さん!

実は、取付に大変だったのですが、青木さんの経験と機転で問題をクリアー!

こうゆう人が大切です。

 

家具のできあがりも、、、素晴らしい!

細かい事もお願いして何度か図面を直してもらったのですが

普通~にできています。

すごいですね~ ・・・取付含めて。

やっぱり、家具屋さんの家具って、違うな~と改めて思います。

 

**

この飾り棚・・・

施主のSさんがこれまで集められてきた器を飾るためのものです。

 

以前の家で使っていたサイドボードの約4倍の収納力があります。

普段使いの収納の量は限りがあったので

せっかく買っても、家のあちこちにしまわれていました。

 

ご自分でも器を作られているので、持っている器の量は・・・

はっきり言って、よくわからない。。

 

でも、この家具の収納量を Max(最大限) として欲しいと

切に・・ 願います。。

 


家の中で、あなたにとって大切な場所には

よい家具を置く事をお勧めします。

 

この家のように作り付の家具を作る事もいいと思います。

ただ、暮し方をよ~く考えて、暮しと家を根本的に見直す事ができるといいと思います。

 

でも・・・

何をどうしていいかって、なかなかわからないですよね。。

 

家の中が片付かない というのも

家とあなたの暮し方があってない場合があります。

 

頑張って片付けしても、「うまくいかない」、「しっくりこない」

場合に、それが原因かもしれません。

 

あなたがもし、そんな状態の場合には、

よかったらご連絡ください。

間取りを見たり、実際に家を拝見して、お話しさせていただきます。

 

まずはメールでのご相談から

 ↓ ↓ ↓ ↓

家づくりのメール相談(無料)

http://s-coco.net/052contact_2.html

 


家のリフォームを考える時、「日常」のその家の中で考える事は難しいです。

「一体どんな事ができるの?」・・・・

実際に大規模にリフォームした家のビフォーアフターを公開します。

どんな問題があり、どんな事を考え(設計し)リフォームしたのかを全て解説しました。

『木造住宅リフォームについての解説』 

プレゼント(無料)

こちらからお申し込みください。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 



コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

【ベンチ塗装終了】 集成材は木なのか?

2017-10-17 12:53:58 | [Works]上高田の家(R)

70代の家リノベーション:上高田の家(R) の2階リビングに作ったベンチです。

塗装が終わっていました。 ウレタンクリアーを塗ってもらいました。

 

ちなみに L型のベンチではなくて、左側の部分は TV台 です。

L型のベンチだったら、よかったかも・・・ と先日このベンチに座って 施主のSさんと話しをしていた時に思いました。

(*小さな家の場合、部屋の角にベンチを作るのは、部屋を広く使うのに有効だなと、その時認識しました。)

 

**

 

この家の塗装に来てくれてる職人さんは、若くてなかなかカッコいい男です^^

そしてにこやかに仕事してくれます。仕事ぶりもさわやか~

 

塗る前はこんな感じ

ベンチの座面に使っている材料は タモ集成材。

塗装をする前は ぽさっ とした感じですが、クリアーを塗るとキリッとします。

私の中では、『男前な材料』 です。

 

キリッとしているのと強度があるという意味で。

カウンターの天板や階段の段板に使います。

耐久性が欲しい箇所です。

 

ただ、耐久性があるという事は

木の密度が高く 『固い』 という事なのです。

それが欠点?・・・ではなくて、タモ材の特徴です。

 

入口側から見たLDK ・・・ 一番奥がベンチ、手前がキッチン。

 

**

 

ところで

集成材というのは 木 なのでしょうか?・・・

 

私は無垢の木の床材を使う事を勧めています。

床材の1枚1枚が、1枚の木 です。

もっとわかりやすく言えば、丸太をカットした 木の一部 ですが

” 本物の木”  の一部です。

それは、製材所で機械でカットされて作られます。

 

大きな丸太がとれない木は、木を細くカットし、それを集めて接着材を使って固めて ”板” を作ります。

それを ” 集成材 ” と言います。

(板だけでなく 柱 や 梁 にも集成材があります。)

 

その集成材は 1枚の木 ではないので、

木 ではないのでしょうか?

 

木を寄せ集めているので 「1枚の木」ではありません。

その定義では 「木ではない」 です。

 

でも・・・

 

「本物の木の一部」 という定義であれば

寄せ集めでも、それぞれが”木の一部”ですから

「木」です。

 

ただ、接着材を使っているので、木ではなく 工業製品

という捉え方もできます。

 

1枚の木の板じゃあないから 木とは言えない ・・・

 

と言われるとそれまでなのですが、

では、このベンチを1枚板で作るとしたら、

材料代だけで50万円くらい掛ってしまいます。

 

何を価値基準にするか ・・・ ですが

全て 無垢の本物の木 にこだわるなら、

それは素晴らしいけれど、お金をかけなければ実現しません。

 

そこまではできないのであれば・・・

無垢の木、本物の木 にこだわらず、

集成材を使ってもいいと思います。

 

集成材は工業製品だ! と言うなら、それもいいでしょう。

でも、工業製品を使わずに家を作る事は、今、、

かなり難しい。。

 

私も、集成材はじめ、いろいろな工業製品を使います。

(もちろん、ある程度の基準を持っていますが。。

適材適所というか・・・

無垢材を使う事で、手入れが掛りすぎるような場合は

工業製品を取り入れていいと思います。

 

あまりに基準を固定しすぎると、、、

窮屈になってしまいます。

 

時間(手間・耐久性) と お金 のバランス ・・・

 

私は考えます。

 

 


シンプルで質のある暮しと家を考えるための、具体的な考え方、アイディア、悩み、などなどを書いているメールマガジンを発行しています。

 

  • 今お住まいの家に疑問や不満をお持ちの方
  • それがうまく言葉にできず悶々としている方
  • 新築かリフォームか悩んでいる方
  • 木がいい!と思っている方
  • 自分の”好きな事”を、家族や誰かのために我慢している方
  • そして
  • シンプルに暮したい方
  • 物を少なく暮したい方

 

そんな方に向けて書いているメールマガジンです。

あなたが、もしかしたら、あてはまるのであれば、よかったらこちらからご登録ください。

 ↓ ↓ ↓ ↓

========================
メールマガジン【日美の手帖】 (購読無料)

申込フォーム
========================

 


 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

杉の壁にドキドキし すぎ る

2017-10-13 16:35:54 | [Works]上高田の家(R)

70代の家リノベーション・上高田の家(R)・・・・

2階リビングに、『杉の壁』ができています。

 

杉の壁・・・ 

杉板を張った壁・・・じゃないですよ。

 

杉の105角の柱を6本並べた壁です。

巾60cm 厚さ10cm

 

どうですか! すごいでしょ!(笑)^^

 

「普通」の家にはないですよね。

 

いくらすると思います?

高そうですか?

 

思うほど高くないですよ。

杉の柱材、、、1本、数千円です。

6本でも・・・・ たいした事ないですよね。

 

その 『杉の壁』 ・・・

現場で手を当てていたら、なんだか

ドキドキしてきました。

 

なんというか・・

温かい感じで、

力をもらえるような感覚。。

 

木は、材木になっても、、生きています。

そうゆう 生命感 をなんとなく感じるんです。

 

都心の商業地に建つ、鉄骨造の家ですが・・・

家の大黒柱的な、なにか 芯になるもの

ちゃんの見守ってくれるもの

 

そんなものとして、

この 『杉の壁』 を考えました。

 

思い出してもドキドキする(笑)

 

なんというか、、、どんな厚い板とも

やっぱり違うんだな~

 

柱 って。。

 

 


 

リフォームは、「こんな事しかできないんじゃないのかな」と思わず、自由に発想してください。

と言われても、「一体どんな事ができるの?」・・・・なかなかわかりませんよね。

実際に大規模にリフォームした家のビフォーアフターを公開します。

どんな問題があり、どんな事を考え(設計し)リフォームしたのかを全て解説しました。

参考にしてみてください。

『木造住宅リフォームについての解説』 

プレゼント(無料)

こちらからお申し込みください。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 



 

私は、家の床に無垢のフローリングをお勧めしています。

 

ところが、無垢のフローリングは、「大変だよ」と、勧めない意見もあります。

一体どっちなんでしょうね。。

 

もしあなたが無垢のフローリングに興味あれば、

まずは実際に無垢のフローリングを体験してみてください。

 

無垢のフローリングを体験する『体験会』があります。

開催日は 10月21日(土)午後。

 

よい点も悪い?点もお話しします。

その上で、ご自分で触って感じて判断してください。

 

体験会後、気に入ったサンプル(無料)さしあげます。

 

お申込と詳細は こちら↓

 

=================

木の床体験会 10月21日(土)

=================

 


 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

作り付ベンチ

2017-10-11 19:35:16 | [Works]上高田の家(R)

【 70代の家リノベーション ・ 上高田の家(R) 】 工事は進んでいます。

造作家具がだいぶできてきました。

写真は、2階のリビングに作った 作り付のベンチ です。

長さ約2.5m。

施主のSさんも、喜んでくれました。

「 ここで昼寝もできるね(笑) 」 と・・・ ^^

 

このベンチの座面の寸法と背板の勾配角度を決めるのに、自分の椅子の上に板を置いて、散々実験して決めました。


実験をした時のブログ記事 ⇒ ベンチ 実験中


「 できるだけ (有効な)部屋の面積を小さくしたくない 」というSさんの意向を尊重し、

できるだけ必要最小限の寸法で、座っても嫌にならない寸法を実験で確かめた上で、作ってもらったベンチですが、

確かにその通りに出来上がっていました!・・・当たり前か。。

でも、 当たり前にできる って、すごいですよね。

 

 

 

ベンチの下は、本棚として作ってあります。

陶芸を趣味とする施主のSさんは、陶芸に関する本もお持ちです。

いろいろな事に好奇心を持ち続けていらっしゃるので、陶芸以外にも本があります。

かなりの量を並べる事ができますので、「あれは?」と頭に浮かんだ時、いつでも本を探す事ができます。

 

(必要な)本がここにある ・・・ という事がわかっているのって、結構安心できるものです。

 

**

 

ベンチ・・・ 私は好きです。

ベンチの持つ 「人を1箇所に集める」 という効果が、特に小さい家の場合には、効果的です。

 

また、ベンチを 座る という機能だけでなく、 机 にしたり、飾り棚 にしたり、いろんな用途で使う事ができます。

なので、工事の中で作るなら、できるだけ長く作ったほうがいいと思います。

 

ベンチに限りませんが、固定概念にとらわれず、家作りは、自由に発想してみると、楽しい家が作れます。

 

 


 

リフォームは、「こんな事しかできないんじゃないのかな」と思わず、自由に発想してください。

と言われても、「一体どんな事ができるの?」・・・・なかなかわかりませんよね。

実際に大規模にリフォームした家のビフォーアフターを公開します。

どんな問題があり、どんな事を考え(設計し)リフォームしたのかを全て解説しました。

参考にしてみてください。

『木造住宅リフォームについての解説』 

プレゼント(無料)

こちらからお申し込みください。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 



 

私は、家の床に無垢のフローリングをお勧めしています。

 

ところが、無垢のフローリングは、「大変だよ」と、勧めない意見もあります。

一体どっちなんでしょうね。。

 

もしあなたが無垢のフローリングに興味あれば、

まずは実際に無垢のフローリングを体験してみてください。

 

無垢のフローリングを体験する『体験会』があります。

開催日は 10月21日(土)午後。

 

よい点も悪い?点もお話しします。

その上で、ご自分で触って感じて判断してください。

 

体験会後、気に入ったサンプル(無料)さしあげます。

 

お申込と詳細は こちら↓

 

=================

木の床体験会 10月21日(土)

=================

 


 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クルミフローリング

2017-09-27 06:36:58 | [Works]上高田の家(R)

上高田の家(R) 2階の床に クルミの木のフローリング が張られています。

オイル塗装済のものです。

 

いい感じ! 

 

全体が見れる時が、楽しみです。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

思い通りにいかない【鉄骨リノベーション】

2017-09-20 06:24:20 | [Works]上高田の家(R)

 

70代女性の家のリノベーション・・・ 工事は進んでいます。

 

築30数年の鉄骨造の家。

元の設計図があったので、安心していたんですが・・・・

 

解体してみれば、いろいろな事があって・・・

なかなか思い通りになりません^^;

 

図面ではあったものが実際はなかったり

精度がよくなかったり

 

「当たり前」 と思っている事が 『当たり前ではない』

 

勉強させられます。

「この方法がいいだろう」と思って設計した事が

「本当によかったのか・・」 自分に問う現場です。

 

「もっとよい方法があったのでは・・・」と。。

 

施主のSさんに

「志田さんがいいと思ったのでいいよ」

と言われます。

 

心強いです。

 

**

写真は、外壁のALC面に吹き付けた

発砲ウレタン。

 

断熱はしなければいけない状況でしたが

小さな家では、断熱材を厚くすると部屋の寸法に大きく影響してしまいます。

悩んだ末に採用。

 

昔は「ALC版は断熱性がある」なんて言われてましたが

それはあくまで 実験室での話。

 

現実の 鉄骨造の建物は、いくらALCを使っていても

スカスカ

です。

 

鉄骨造は・・・

古いものだと、当時の基準と現在の基準を比べれば

『 劣る 』という事になってしまいます。

それは 木造であろうとコンクリート造であろうと同じです。

 

それをどうとらえるかは、ご自身で決めるしかありません。

その判断については、第三者の意見も参考にしてください。

 

でも、よっぽど構造的にむちゃくちゃじゃなければ

そうそう壊れるものではないです。

(あくまで一般的な話しです)

 

柱や梁は室内に出っ張りますが

プランの自由度は、木造よりはるかにあります。

 

鉄骨造の家に住む人には、全面的にリフォーム(リノベーション)して

本当に自分の気に入った暮し方ができる可能性が高いので

積極的に考えてみる事をお勧めします。

 

 


あなたの家は、本当に あなたの”好きな場所”になっていますか?

「私はこの家が好き!」って言える家が、いい家です。

あなたの本当の”好き”を、実現していいんです。

 

漠然としていたり、誰かに「そんなのできない」と言われモヤモヤしていたりしていたら・・

よかったら、あなたの”好きな家”・”好きな暮し”の話しをしませんか?

多くの人が、「考え方がはっきりできた」と言われます。話してみる事で何が変わります!

    ↓ ↓ ↓ ↓

家づくりのメール相談(無料)

http://s-coco.net/052contact_2.html

 


家のリフォームを考える時、「日常」のその家の中で考える事は難しいです。

「一体どんな事ができるの?」・・・・

実際に大規模にリフォームした家のビフォーアフターを公開します。

どんな問題があり、どんな事を考え(設計し)リフォームしたのかを全て解説しました。

『木造住宅リフォームについての解説』 

プレゼント(無料)

こちらからお申し込みください。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 



 

 

 

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加