Home Room 【 シンプルな暮しと家の作り方 】

シンプルでおおらかな、そして無垢の木の床でつくる質のある家と暮しを考えます [ 志田建築設計事務所のブログ ]

2年ぶり 風樂房(ふうらいぼう)の午後

2017-04-17 18:56:00 | [Works] 風樂房(R)

約2年ぶりに、風樂房(ふうらいぼう) に伺いました。

 

====

都心から郊外に移住し『プチ田舎暮らし』を実現するために50代夫婦(当時)が購入した築20年の家をリノベーション

風樂房(ふうらいぼう)

http://s-coco.net/works/fuuraibo/fuuraibo_0.html

====

 

今回は、施主にインタビューするために伺いました。 が・・・

早々に御馳走になり、お酒をいただきながら

いろいろ、、、いろいろなお話しをしました。

そして、、お聞きしました。

 

その時間・・・ 約7時間!(驚)

 

 

この家には3匹の猫がいます。

夕方になり、あまりにお腹が空いたのか、、、我慢できなくなってしまいました!

(ごめんね~!)

 

 

でも、、、、

そのおかげで、はじめての スリーショット!

 

とは言っても、止まってくれたの右のこだけ。。

まあ、こんなもんでしょう。。

 

**

7時間のうち、インタビューは何時間だったのか?

覚えてないんですが、、、

とにかくメモした量が、他の人の3倍くらい。

 

大変有意義な話しをお聞きしたので、これからまとめて

みなさんにぜひ読んでいただきたいと思います!

 

 


 「好き」を実現する事が大切です。そのために、、、、

シンプルに考える事、シンプルに暮らす事ができる家にする事が必要なのです。

 

シンプルな暮し、シンプルな家づくりについて、より深い話しを書いています。

メールマガジン 日美の手帖

お申し込みはこちらから ↓ ↓ ↓ ↓ 

https://form.os7.biz/f/77cf42a6/

(*御不要になれば、いつでも解約できます。)

メールマガジン読者の方限定の、見学会や相談会の御案内もしております。

ぜひ、ご利用ください!



あなたの家は、本当に あなたの”好きな場所”になっていますか?

「私はこの家が好き!」って言える家が、いい家です。

あなたの本当の”好き”を、実現していいんです。

 

漠然としていたり、誰かに「そんなのできない」と言われモヤモヤしていたりしていたら・・

よかったら、あなたの”好きな家”・”好きな暮し”の話しをしませんか?

多くの人が、「考え方がはっきりできた」と言われます。

    ↓ ↓ ↓ ↓

家づくりのメール相談(無料)

http://s-coco.net/052contact_2.html

 


家のリフォームを考える時、「日常」のその家の中で考える事は難しいです。

「一体どんな事ができるの?」・・・・

実際に大規模にリフォームした家のビフォーアフターを公開します。

どんな問題があり、どんな事を考え(設計し)リフォームしたのかを全て解説しました。

『木造住宅リフォームについての解説』  プレゼント(無料)

こちらからお申し込みください。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夫婦と3匹の猫の家『風樂房』のページを更新

2017-02-08 19:08:33 | [Works] 風樂房(R)

 

2007年の9月に完成した、(当時)築20年の家のリノベーション・・・

ご夫婦と3匹の猫が暮す家です。

家に 『風樂房(ふうらいぼう)』という名を、施主がつけました。

 

今年の9月で10年になるんですね~

 

事務所のサイトの中の 『風樂房(ふうらいぼう)』 のページを

少し修正しました。

写真はサイズの大きい物に変えました。スマホでも見やすくなったと思います。

猫が好きな人にとっては 「うっ・・」 となる^^ 写真も入れました!

 

どうぞ、ご覧ください!

 

==================================

築20年の家のリノベーション。

夫婦と3匹の猫が暮す家

『風樂房(ふうらいぼう)』

http://s-coco.net/works/fuuraibo/fuuraibo_0.html

==================================

 

写真に映っている猫は さんちゃん という名前です。

今、ちょっと病気をしていて、治療をがんばっています。

 

とってもひとなつこい猫で、はじめての打合せに伺った時に

なにも警戒する事なく私のひざの上にあがってくれた事を覚えてます。

 

もう十何歳ですもんね~・・・

 

がんばれ! さんちゃん!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

素敵な50代の施主

2013-07-16 18:49:30 | [Works] 風樂房(R)
Furaibou
風樂房(ふうらいぼう) 完成時(2007年9月)のリビング


昨晩、久しぶりに 風樂房(ふうらいぼう) の施主Sさんと電話でお話しました。

1年に1度くらいの事ですが、ほんとに 懐かしい友人と久しぶりに話をする時のようにうれしく、ついこの前まで打合せでお話していた、その続きのような気持ちになります。

いろいろ話をしているうちに

「 そんな話もじっくりしたいですね 」

と言ってくださいます。

**

風樂房(ふうらいぼう) の工事が終了し引渡をしたのが 2007年9月。

もうすぐ 6年 だ。 Sさんご夫婦とのお付き合いは、7年近くになるんだなぁ。。

このブログでは らっきょのご夫婦 と言ってます。

風樂房(ふうらいぼう)という家の名前はご夫婦が付けました。家に名前をつけて、暮しを楽しまれています。もし一般的なリフォームをしていたら、そんな事はなかったかもしれない という事を らっきょさんが書かれています。

⇒ 風樂房(ふうらいぼう) 施主からの手紙


この6年の間に、ご事情の変化がありましたが、ご夫婦は、風樂房(ふうらいぼう)での『暮しを楽しむ事』を忘れらていない事と思います。


  行きます 伺います 遊びに行きます


と 毎年言ってるけど、 ずっと伺う事ができてません。

今年こそは、、、 またお酒飲みながら楽しいお話を聞きたいなぁ~

いや、、、、しましょう!




らっきょさんご夫婦は、私の 最初の50代の施主 です。出会った最初の50代の施主が、らっきょさんで 本当によかったと思っています。

らっきょさんご夫婦を見て・・・・

50代 って素敵だな~

と思ったんですから。。 本当に。

でも、らっきょさんの家あとも何人かの50代の施主がいらっしゃいますが

みなさん素敵な方達で

「あ~ やっぱり50代っていいもんだな」

と思います。

何がいいか?っていうと ・・・・

50代施主の方々と打合せをしていて感じる事は、

すごく自然体 と言えるような気がします。



関連





-- 50代の家の実例 --



⇒ 風樂房(ふうらいぼう) : 都心から郊外へ移住 中古住宅購入+全面改修 


⇒ なずなハウス : これからの人生のために 自宅全面改修


⇒ 大宮R : 終の棲家としてマンションへ住み変え 全面改修



-- ブログ記事 --



◇ 50代からの家づくり



◇ 50代からの家づくり2



◇ 50代からの家づくり3



◆ 素敵な50代の施主






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猫とペレットストーブ

2013-03-14 14:41:14 | [Works] 風樂房(R)
Stovecat

確定申告を出してきた。気が楽になった。

これで、、、いろいろあった(・・・なかった?)平成24年度に区切りが付けられる。

ほんとにほんとによかった。 さぁ= 新年度!

・・・・ ?

と、これがメインの話で、写真と記事の題名とは関係ないのです。^^

****

今日は、昨日が温かっただけに余計に寒く感じ、ふと、風樂房(ふうらいぼう) のペレットストーブを思い出したのでした。

こんな日は、ストーブにちょっと火をつけると 暖まっていいんでしょうね~。

簡単に火が付けられるのも、ペレットストーブのいいところです。

風樂房のストーブの前は、黒猫のさんちゃんの定位置。。(・・・・でしたっけ?)

ストーブの前にへばりつくのが人間だと腹立つ事もあるかもしれないけど、、、

猫はね・・・ いいよね・・・ 

-----------------------------------

プチ田舎暮しの実現! 夫婦と3匹の猫の家 : 風樂房(ふうらいぼう)

ペレットストーブについて → ペレットストーブ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風樂房(ふうらいぼう) CSS化版のページをUP

2012-12-08 11:23:03 | [Works] 風樂房(R)
Fuuraibo_h06

風樂房(ふうらいぼう) のCSS化版のページをホームページにUPしました。

⇒ 風樂房(ふうらいぼう)

気が付けば完成から5年経った 風樂房。 施主のらっきょのご夫婦は、いつも気にかけてくださいます。

縁あって設計させていただいたのですが、5年たっても想っていただけるのは、本当にありがたく・・・幸せです。

ささやかですが お礼として、、、いや、お礼にもならないですが、先行してUPさせていただきます。

**

写真を選び直し、一から修正し、メールを読み返したり、このブログを読み返したりしながらやっているので、ホームページ改修が進みません。部屋のかたづけをしている時に、見つけたアルバムに見入っているようなもので、でも、どれもこれもが懐かしい。

施主の方達と濃密な時間をともにするのはほんのわずかな期間ですが、、この作業をしていて、思い出し、幸せな気持ちになります。

とにかく、今年中には終わらせたいと思う日々です。。

**

作り変えたといっても、それほど劇的に変わっているわけではありませんが、今までのよりは見安くはなる(だろう)と思っています。

ただ、付け焼刃でCSSを作っているので、実際にWEB上にUPするとうまく表示されなかったりで、UPしてから修正しなければいけいという事が、、、痛い。。技術の世界ですし秒速で進化してる世界ですから、素人がやれば、素人なりにしかできない事も痛感。

風樂房のページも、表示が思ったとおりになってません。ベーター版って感じです。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

風樂房 庭完成

2011-08-05 11:15:43 | [Works] 風樂房(R)
Fuuraibou2011_1110805

ひさしぶりに 風樂房(ふうらいぼう) のらっきょさんから 写真が届きました。

家の改修工事が終わって もうすぐ4年になります。その間、らっきょさん が手を掛け、いい植木屋さんと出会い、少しずつ作り上げてこられました。 ほぼ完成(?)という事で、ご報告をいただきました。

当初は イングリッシュガーデン という話でしたが、出来上がった庭は 雑木と山野草の庭 でした。^^

命名:らっきょの森 ・・・ぷち田舎の家の庭に再現された、ぷち里山 

だそうです。

「早くこないと 葉っぱが散っちゃうよ~」って言われたので、行ってみようかな~。。 



-------------
最初の庭の状態 ↓ (わかりずらいですが、工事中の室内からの写真)

Fuuraibou2011_2110805

元々は 和風な庭 でした。 特に 楽しげでもなく という感じ。

--------------
らっきょさんの庭には グミの木 も植えられました。

昔、私の実家にもあった木で、思い出とともに美化されてますけど、好きな木です。実を食べられるのがうれしかった。。

Fuuraibou2011_3110805

Ritoh の庭にもどうですか? にしこいの家 の庭にもどうですか?

まあ、、実をほとんど目にする事なく、お子さん達に食べられてしまうと思うけど。。

****

こんなふうに 暮しを楽しまれている様子を教えていただけるのは、とってもうれしい事です。

他のみなさんからの ご報告も 待ってますよ! ・・・・よ!^^

++++
東京 暮しリノベーション > 志田茂建築設計事務所




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風樂房の木のドア

2010-12-07 22:05:19 | [Works] 風樂房(R)
Fuuraibo101208

先日、久しぶりに 風樂房(ふうらいぼう) の らっきょさんからメールをいただきました。

現在 庭を職人さんと共に改造中という事が書かれていました。家を購入当時、庭は、和風 な感じの庭でした。約20年前に宅地開発された住宅地で、庭も、ほぼ最初に作られたままだったと思われます。

プチ田舎暮らしを実現するために、都内から郊外に移られた らっきょさんご夫婦は、リフォームが終わって引っ越しをされてから、少しづつ、庭の木を入れ替えられたりして、ご自分の好きな姿に作り変えられています。

将来的には イングリッシュガーデン・・・ でしたっけ? あれっ?今回のメールには「雑木の庭風」って書いてあったから、違った?

**

風樂房の玄関ドアも、家が建てられた当時からのものですが、ちょっと手の込んだドアで、なかなかいいものです。が、日がよ~く当たるため、塗られた塗装が痛みやすく、ポロポロになっていました。

それを今年、ご夫婦で、一度塗装を落とし、新しくステインで塗り直されたそうです。写真がその姿。塗装がダメになって落とした部分とそうでない部分がムラになってます。 らっきょさん曰く エイジング塗装 ! つまり時間が経過したように見せる塗装。・・・なるほどね。ものは言いよう。。。^^ いやいや、そう言われるとそう見えてきます!^^  いや、いいんです。それも味だな~って思います。

ご自分達で塗られた っていう事が大切で、一度やれば、もう怖いものなしで、また次もできるからです。また塗装が傷んできたら、また塗られて、、そうして手直しする事で、木のドアは、これからもずっと大丈夫なのです。

他にもいろいろとやられていると思うんですが、今年は伺う事が出来ず、それを見る事ができませんでした。

来年・・・ ペレットストーブが活躍しているうちに、遊びに行きたいと思います。

**

また時々、、風樂房の様子を教えていただけるとうれしいです!^^

(他のみなさんも!^^)

-------------

築20年1戸建て住宅のリフォーム: 風樂房(ふうらいぼう)

**

あっそうだ!忘れないうちに・・・ 風樂房 と Ritoh をやってもらった監督Mさん・・

最近、パパになったそうです! 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

風樂房の心地よい夜

2009-11-23 15:52:19 | [Works] 風樂房(R)

091121

土曜日、、、これから家を建てられるご家族を、風樂房(ふうらいぼう)にお招きしました。

11月も後半、、その前まで寒く、冬の杉板の床 の感じ、そして、ペレットストーブ を体験してもらうには、絶好だったんですが・・・温かい・・・いや、暑いくらいの良い天気になってしまいました。

それでも、住人のらっきょさんご夫婦に、ストーブを付けてもらうと・・・杉板から、、、注目はいっきにストーブに移ってしまいました!(笑)

***

来房(?)したご家族も、床を「 無垢板 かつ 床暖房 」というご希望もあるのですが、実際に体験していただくと、「これなら床暖房なくても・・」と言われました。

確かに、床暖房があれば、温かいのですが、、、すくなくても 杉板の床の場合には、、まあガマンできる程度か と思います。

風樂房は、リフォームした家ですから、サッシは古いシングルガラスで、またその面積が大きいので、窓からの熱の損失が大きいのですが、新築であれば、条件的には、かなり違ってきます。

一通り見ていただき、その後お茶をしながらお話。

らっきょさんご夫婦にいろいろとお話をしていただき、私は、様子見の感じで(?)。。でも、そのおかげで、結構ポイントを稼げたようです!^^ ありがとうございました!

でも、、、こうして、実際の家、実際の暮らし、を見ていただき、実際の施主 とお話していただく事が、、一番、よくわかっていただけますね。

***

次回は、オープンハウスでも!・・・   (図々しい・・・)

まあ、リクエストがあるかどうかはわからないんですけどね。。

--------------------

お招きしたご家族が帰られた後は、、、恒例の(?) 飲み会!・・

毎度・・おいしい料理とお酒。

ほんとう・・・本当に図々しく長居をしてしまって。。

いつもいつもありがとうございます!

今回も、とっても楽しい晩餐でした。

家に帰ってから・・・

「またこんなに遅く、迷惑でしょ!」って怒られましたが。。

**

写真は、風樂房の夜のリビング。

ペレットストーブの火が揺れ、、まるで、どこかの感じのいいプチホテルのよう!

しかし・・・

酔っ払っているので、構図も設定もあったもんじゃない。。

Photo E-520 14-42

**

築20年の一戸建てリフォーム プチ田舎暮らしを実現した、猫と暮らす家 風樂房(ふうらいぼう)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

施主からの手紙@風樂房(後)

2009-02-27 17:42:39 | [Works] 風樂房(R)

風樂房(ふうらいぼう)のらっきょさんからの手紙(・・実際はメールです。)のつづき

------------------------------------------------------------------------------

Fuuraibo_090227

今、この風樂房は、家の外観は周囲の家となんら変わりがなくて、古いままなのですが、玄関に一歩入ると、別世界!すっきりとして清々しい杉板が廊下からリビングまで続いています。

室内は杉床以外にも家を支える柱が敢えてむき出しになっていたりして、飾り気のない木材が見えることにどこか安心感を覚えます。杉の床は、見た目にもさっぱりとした清潔感と、不規則な木目や節の模様が作り出す温かみが感じられ、歩けばさらっとした感触で、ほどよい柔らかさと温もりがあって緊張をほぐしてくれるようです。(ついでに言えば費用の面でも意外と優しいというありがたさも)

この家には、気候に合わせて呼吸しているような自然な心地よさを感じます。以前は暗くて圧迫感さえ感じさせる家だったことを思うと信じられない気持ちよさです。

来た人は皆さん居心地がよいとおっしゃってゆっくりとおしゃべりを楽しんでいってくださいます。あながち社交辞令だけではないと私たちは感じています。住んでいる私たち自身がとても気持ちよく過ごしているからです。

贅を凝らさなくてもハイテクの建築や設備でなくても充分に豊かで気持ちのいい暮らしが実現できるのだということを、私たちはこの家で再認識しました。そういった満足感も、きっと気持ちよく暮らせることにつながっているのでしょう。


しかしながらそうは言っても一戸建てというのは冬は寒いものです。長くマンション暮らしだったせいかこの寒さにはまだ慣れませんが、自分たちの為のこの空間と、ペレットストーブの火でも見て、せいぜいこの寒さをも楽しむことにいたします。

風樂房では少々の不具合などは対処する事も楽しく、家に暮らすということを実感できるのです。別に負け惜しみではありませんよ。。。

いえホントに。。。

+ + + +

写真はらっきょさんのハープ。

ご夫婦とも楽器を弾かれます。

この家では、気持ちよ~く弾けるんだろうな~・・・・

まだ一度も・・・・ハープの演奏を聞いていません。。

次は演奏付パーティー??^^

------------------------------------------------------------------------------

<・・・ 施主からの手紙@風樂房(前) へ

------------------------------------------------------------------------------

HP  風樂房(ふうらいぼう)

ブログカテゴリ  [Works] 風樂房

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

施主からの手紙@風樂房(前)

2009-02-25 10:30:12 | [Works] 風樂房(R)

工事が終わった後も、、、頻繁にではないけれど、施主のみなさんとお付き合いさせていただいております。工事が終わってしまえば もう 友達 のような・・・

工事が終わってからいただいた感想を、これからいくつか載せていきたいと思います。

まずは、風樂房(ふうらいぼう)のらっきょさんからの手紙(・・実際はメールです。)

------------------------------------------------------------------------------------------

Hikarifuuraibo

風樂房は、古い大規模分譲地の一画にあります。築20年余の中古物件を購入してリフォームした家です。

風樂房と書いて「ふうらいぼう」と読みます。とおりすぎていく風を存分に楽しめる家という意味で、私たちがつけた名前です。

この家を買ったときには、分譲地の中の普通の家が、こんな名前をつけてまで楽しめるような家になるとは想像もしていませんでした。

購入した家は、夫婦二人が住むには少し大きすぎる上に、家の中は細かく仕切られた間取りなので、光も風も遮られて暗くて重苦しい感じがしました。台所や浴室も狭いし暗いし、築年数以上に古臭い造りに見えました。でも環境と引換えという諦めも少しありました。

都心近くの小さなマンションから、もっと静かで落ち着いたところに移りたいと探しまわってようやく見つけた場所。少々建て込んでいるものの、周囲にはまだ豊かな自然が残され、静かで眺めがよく、日当たりや風通しは申し分ありません。

通勤時間はかなり増えますがそれだけの価値はあると思いました。
同じ敷地にもう少し小ぶりな家であったらもっとよかったのに、と思いながらも、リフォームすれば使い勝手はなんとかなるだろうと買うことにしたのでした。

家の引渡しまでには、前住者の都合で半年もの時間があったので、リフォームについてあれこれ検討したり勉強をする事ができました。この時間がなかったらごく普通に表面的なリフォームに留まったにちがいありません。

待つ時間はとても長く感じたものですが、その半年の間にインターネットから志田さんのブログに出会ったのです。住まいについての考え方や感性には共感できるところが多く、なるほどと納得できたのでした。

そして。。。

(つづく)

****

写真は らっきょさんの撮影。

早朝、玄関ドアのガラスを通して現れる、光の美しさ。

------------------------------------------------------------------------------

・・・> 施主からの手紙@風樂房(後) へ

------------------------------------------------------------------------------

HP  風樂房(ふうらいぼう)

ブログカテゴリ  [Works] 風樂房

コメント
この記事をはてなブックマークに追加