Home Room 【 シンプルな暮しと家の作り方 】

シンプルでおおらかな、そして無垢の木の床でつくる質のある家と暮しを考えます [ 志田建築設計事務所のブログ ]

なんだかいい家

2017-01-21 18:14:29 | 家作りを考える0「家とは」

--------------------------------------------------------

30代家族3人の、手作り家具のような家 ハモニカ

http://s-coco.net/works/hamonika/hamonika_001.html

--------------------------------------------------------

 

夕暮れ時、その家の窓から漏れる温かな光に気がついた時・・・

 

なんだかいい家だな~

 

と思います。

 

--------------------------------------------------------

家族3人と猫が暮す小さな家 LWH003(立川の家)

http://s-coco.net/works/LWH003/LWH003.html

--------------------------------------------------------

 

きっと、住んでいる人が 丹精を込めて作っているんだろうな~

 

と、その家の前の程良く手入れされている小さな庭を見た時

 

なんだかいい家だな~

 

と思います。

 

****

 

街ゆく人がふと足を止めて

 

なんだかいい家だな~

 

と思ってくれる家を

 

つくりたいと思います。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白熱灯フラットボール電球とLED電球を比べる

2017-01-17 11:56:36 | 家作りを考える7「家の素材の事」

 

私のところにある 白熱灯の フラットボール電球。

---------------------------------

TOKIフラットボール

---------------------------------

この形が醸し出す雰囲気が好きで、いくつかの家で使った事があります。

もうすでに生産中止なので、どこを探してもないでしょう。

ネットオークションには出てくるみたいだけど。。

 

 

点灯すると、全方位に光が広がるので、

このランプ一つで部屋のメインの照明としても使えていました。

 

ランプの上の(陶製の)プラグが明るくなっているのを覚えておいてください。

 

 

先日、ダイソ- に行ったら、電球型のLEDランプが売っていて驚きました。

即買いました。

その電球でどうゆう雰囲気をつくるのか?、明るさは?

と、幾種類もの電球を持っています。

一応、研究目的です。

(”電球が好き”という部分もあるのだろうと思います)

 

 

形状は、白熱灯の普通球と同じ。・・・だけど

 

ガラス部分は全体の半分くらい。

白熱灯の”ガラス感”とは違い

”装置” もしくは ”電子機器” のように感じます。

 

LED電球は、目的によりいろいろな形状があります。

ダイソーで買ったのは、電球型 の ”広配光タイプ”

点灯すると

 

白熱灯の普通球に近づけた光り方です。

 

(白熱灯の)60W相当 810 lm(ルーメン) E26 電球色

 

実際に使ってみて、「これなら白熱灯から変えても使える」 かな

と思います。

 

ただ、かなり改良されてきているとはいえ

白熱灯の光り方とは、違います。

 

それは何かというと

白熱灯は、光にグラデーションがあります。

つまり、中心が明るく、離れるほど暗くなっていく。

白熱灯の光は”海の波”のようなイメージです。

沖では高い波も、砂浜にくると小さくなり、さらに、ほわ~っと広がりますよね。

 

LEDでももちろん、中心から離れれば暗くなるのですが

白熱灯と違うのは、光の力が強く、

部屋は平均的な明るさになる、、、という感じです。

LEDの光は”光線の束”です。

”波”のような柔らかさではなく”ザクザク”って感じ。。

 

でも、だいぶ、、変わりましたよ。

白熱灯の光の柔らかさは作れないかもしれないけど

私は使ってもいいと思います。

 

**

白熱灯の 60W とか 『ワット』 で照明を考えてきました。

蛍光灯でも 「白熱灯60W相当」とかの表記でしたから

感覚的にわかりました。

LEDになり、lm(ルーメン)やlx(ルクス)を考えなければならなくなり

これまでの”感覚”では設計できなくなりました。

けっこうめんどくさい・・・。

ただ、今回取り上げた”電球型”では、60W相当 とかの表記は

白熱灯に置き変えてもだいたい同じで

明るさを考える場合も、やりやすいと思います。

 


あまり明るくない照明と、穏やかな光に包まれる”なんだか落ち着く”部屋を設計します。

志田茂建築設計事務所

http://s-coco.net/


 ←「戸建て木造住宅リフォームについての解説」

 ←プレゼント

  実際にリフォームした家をまるごと説明します。

  「リフォームでどんな事ができるんだろう?」

  これを見ればわかります!!  

  #リノベーション #木造リフォーム  


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花を・・・ 私は負けない!

2017-01-14 13:33:14 | 雑記 [個人的]

 

今月は妻の誕生日がありました。

誕生日に

モノをプレゼントするという事はないのだけど、

なんとなく 花 を買っています。

 

が、しかし

 

うちの家族は

『 花より団子 』派

 

「 お父さんはわかってないな~ 」

と子供に言われるしまつ。。

 

毎年言われてるんだけど (^^;) 

花 がいいな~と思って・・・

 

もはや、妻のためというより、自分のためか。。

 

家族になんと言われようと・・・次も 花!

 

私は負けない(笑)^^

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

少女からもらったハート

2017-01-11 12:13:25 | 施主の話

 

先日、施主のお宅で打合せの時に、、、

 

6歳(?)のお嬢さんからもらった ハート 

 

うれしい~^^

 

私の事務所では S-COCO という言葉?を掲げています。

 

S は 『幸せ』

COCO は 『 ここ 』 つまり 『 場所 』

もう一つ

COCO は 『 心 』

を表しています。

 

『 心から幸せを感じる場所 』

 

という意味なのです。

 

私は設計をしています。

住む人が、心から幸せを感じてもらえる家を

設計します。

 

**

 

写真の” ハート ”の下は 杉板。

打合せの時に持っていきました。

 

「どんな匂いがする?」

と手渡され、匂いをかいだお嬢さんが言いました。

 

「 木の匂いがする! 」

 

・・・・

 

正解!(笑)^^

 

子供は素直が一番!

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「今まで見てきたどの家とも全く違うものでした。」15坪の小さな家を見学して

2017-01-07 16:40:52 | [Works]LWH003

 

「今まで見てきたどの家とも全く違うものでした。」

 

写真の家の見学会に参加された方が言われました。

 

この家は

2階建 延べ15坪 ロフトが約6帖あるので、実際の面積は18坪 の家です。

そこに、ご夫婦とお子さんの家族3人と猫2匹が暮しています。

 

ハウスメーカーの住宅展示場とかに行っても

絶対にない大きさです。建売でも、めったにないでしょう。

 

”普通”の家って、、、30坪前後くらいでしょうか?

それらは展示場に行けばだいたい近い大きさのものがあるので

体験でき、感覚がつかめます。

 

でも 写真の家はその約半分。

 

「 いったいどうやって住むの? 」

って、”普通”は思います。

 

ですから、、、実際に 15坪の小さいな家を体験した人は

驚きます。

 

小さい家でも”普通”に暮せる・・・

いや、むしろ”普通”の家より 気持ちいい 。。。

(もちろん、全ての人がそうだとは言いません)

 

 

 

この15坪の小さな家の見学会に参加された感想を

ホームページに掲載しました。

見学会に参加された方々の声

 


 

その15坪の家とは・・・

▼こちら

http://s-coco.net/works/LWH003/LWH003.html

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

月と金星(冬の夜空が好き)

2017-01-06 18:57:44 | 雑記 [個人的]

 

これは、1月2日に撮った写真です。

12月から日没後の南西の空に、ものすごく明るい星が見えて

なんだろうな~ と思っていました。

 

そのうち、月が近づいてきて(?)なかなか 絵的にいい感じになり

写真に撮ってみたいな~

と思っていました。

 

1月2日の夜、ふと外を見ると、

ちょうどいい感じの位置に、月とあの星が・・・

 

1眼レフカメラをひっぱり出して(手持ちで)撮ってみました。

数枚撮ったうちの最初の1枚目が、、、かなりぶれずに撮れていて

モニターで見てビックリ!^^

 

星の事を調べると その輝く星は 金星 でした。

 

次の日は、月と金星は離れてしまい、、、

日に日にその距離が遠くなって行きました。

 

 

毎年、こんな事が起きていたのでしょうか・・・?

だとして、それに気がついてなかったとしたら、、、

 

 

余裕がなかったのかな~

 

 

子供の頃、、、

冬になると、夜、屋根の上に上り、星を見ていました。

天文少年ではなくて

ただ、、、北斗七星 が見れるのがうれしかっただけ。。

 

今思えば、、、変わった子でしたね~(笑)

 

 

でも、冬の夜空は、澄んでいて、

東京でさえ 見える星の数が増え

私は好きです!^^

 

**

 

1月の末頃に、

また、月と金星が近づいて見えるそうですよ!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セージの花

2017-01-04 14:32:12 | 雑記 [個人的]

 

近所の道路脇に咲いている セージの花(*チェリーセージ)

 

そんなに好きな花ではありませんでした。

(家でも鉢植えであったのだけど枯らしてしまった)

花も葉もそんなにキレイというわけでもないし

一年中花が咲いて、、、特に季節感も感動もないし。。

 

でも最近、、、

「 すごいな~ 」って思うんです。

 

特に、誰からも気にもしてもらえないのに一生懸命咲いている。。

 

いつも花がさいているから、何も変わり映えしない。(ように見える)

でも毎日毎日、花を咲かせ、枝を広げ、、、

 

毎日毎日・・・繰り返し。。

 

なんとなく

人間っぽいね・・・ と思ったんです。

 

いや、そこら辺の人間より根性があるかも。。

 

どんなに暑くても寒くても、雪が降っても、、、

絶対に枯れない!

 

地味だけど、根性があって(?)生命力のものすごく強い

このセージ

 

親近感を感じる今日この頃。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なんにもない事の幸せ

2017-01-04 10:30:55 | 人生っていうやつは

 

何年ぶりだろう・・・

家族でのんびりした年末年始を過ごすのは。。

 

この数年

ずっと、家族の何かがあって、

必ずごたごたしていた年末年始。

 

なんにもない って・・・

幸せな事だと思います。

 

でも、そんな事は続きません。

誰でもそうだろうけど、人生は、とどまるものではありません。

 

変わらないものはない

 

という事を、この数年で実感しました。

 

変わらない事が好まれる事もあるし

それはそれで価値のある事だけど

 

でも、私は

変わる事は良い事だと思っています。

 

いや、本当はどんな事も

変化していない事はないのです。

 

”伝統”と言われるものさえ、変化を積重ねた結果が今にあるはず。

 

変わる事に”批判”はつきもの。

でも

変わることは未来を作るもの

だと思うのです。

 

今年は、、、

大きな変化の年にしたいです。

 

今年もどうぞよろしくお願い致します。

 

**

 

初仕事の前に、「地元」の神社 に行き、神様に新年の挨拶をしました。

 

神社も、年々変わっています。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年の一番

2016-12-30 18:55:19 | 雑記 [個人的]

 

今年も残すところあと1日

 

この1年、素敵な施主と出会い、いい人達と仕事ができました。

 

いくつもの「初めて」もありました。

 

 

フィルムカメラを買った。

インスタグラムを始めた。

ギターを弾き始めた。

施主インタビューを始めた。

・・・

 

フィルムカメラは、ほぼ挫折したけど、、

あとは続いてます。

 

その「初めて」の

 

一番は、、、、

 

葉山を歩き回った事! (笑)^^

 

楽しかったな~

海もいいし、山もいいし、街もいいし・・・

歩いて楽し~^^

 

もちろん、誰もがそう思う とは思いませんよ。

 

私には、よかった。

 

葉山のみなさん!

ぜひ 声を掛けてください=!(笑)^^

 

 

 

「初めての事」っていいですよね。

 

来年も、何か「初めて」をやっていきたいと思います!

 

今年お世話になったみなさんに感謝しています。

また来年も、よろしくお願いします!

 

よいお年を!!!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自分のために家を考えましょう

2016-12-28 14:21:04 | 家作りを考える0「家とは」

[ 夫婦と猫の家リノベーション : 中野の家(R) ] #夫婦の家 #猫のいる家 #杉板の床 

ダイニングキッチンだった部屋のまん中に作ったアイランドキッチン。



ずっと思っていた事があるんです。


家を建てる時・・

家を買う時・・


「 家族のために・・ 」


って言う人が多いですよね。


子供のために、、

奥さんのために、、

夫がそう言うから、、

家族が喜ぶなら、、

 

とか。。

または他人の目を気にして

 

家を建てて(持って)一人前だから

 

とか。


まあ、それらの理由がダメなわけでもないし気持ちもわかります。

でも

そうやってできた家に対してなにか我慢している部分があるとしたら

 

「 なにか違うな~ 」  と思うんです。

 

せっかく作った家に対して自分の気持ちを我慢して・・

「 ほんとうは、、、、」

というものを心の中にしまいこんでいたとしたら・・

 

なんだか 寂しい。。

 

「 本当は(持ち)家なんか欲しくない 」

 

と思う人も、いるとは思いますよ。そうゆう人が欲しくもない家を持ってしまったら寂しいどころか”不幸”です。

でも、そう多くはないでしょう。。

やっぱり、自分の家って、うれしいものだと思います。

 

家族みんなうれしい~ ・・・はずなのに

ひとりだけ違う人がいたら   寂しい。。

 

もちろん、”予算が足りなくて我慢した”というのは別の話しです。

そもそも100%希望を叶える事は、なかなか難しい。。(お金があれば叶うが。。)

 

自分の気持ちを押しこんでしまうというのは

「 私 」 という個人の意志があるかどうかという事。

 

誰かのために、、、とばかり考えているとしたら

逆に言えば

「 私のせいじゃない 」 と言うのと同じじゃないですかね。。


家族も喜んでいるけど

私もうれしい

私はこの家が好き


と言えない家作りはダメなんじゃないかと思うんです。


つまり


家づくりにおいて

” 誰かのため ” っていうきれい事じゃなくて


『 私 』

というエゴを満たす事を考えていいんじゃないか


と、、、思っています。


もちろん、家族との関係の中でみんなが『私』を主張したらまとまらないわけで、すり合わせをしていく事が必要です。


でも、出発点は  『 私 』 でいいと思います。



あなたは、どう思いますか?

我慢する事が当たり前と考えますか?



モデルルームに行っても、カタログ見ても、工務店に相談に行っても

「なにか違う・・・」

でも、「それをどう言っていいのか・・」わからない

「 ほんとにどうにかしたい! 」

と考えているなら、、、よかったらご連絡ください。

あなたの考えている事、、少しわかるかもしれません。

 ↓ ↓ ↓ ↓

無料メール相談

http://s-coco.net/052contact_2.html


Renovation for Life and House 

人と家とのよりよい関係づくり

S-COCO

志田茂建築設計事務所

URL   : http://s-coco.net 


 ← 「戸建て木造住宅についての解説」

 ← プレゼント

  実際にリフォームした家をまるごと説明します。

  「リフォームでどんな事ができるんだろう?」

  これを見ればわかります!!     


 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加