Home Room 【 シンプルな暮しと家の作り方 】

シンプルでおおらかな、そして無垢の木の床でつくる質のある家と暮しを考えます [ 志田建築設計事務所のブログ ]

杉板が1枚張られるたびに家が変わっていく

2017-02-21 11:07:15 | ふじみ野の家(R)

 

ふじみ野の家(R)・・・昨日は朝一(二?)で現場に行きました。

床を張り出すため、打合せしなければいけない事があったので。。

 

昼近くなって、玄関の床が張り終わりました。

 

半日でたったこれだけ? ・・・ 

 

ここになるまで、、まずいろいろな事前の準備があるんです。

中を全部壊すわけではなく、

壁やドアはそのままで使うというリフォームですので、

既存の床のフローリングの上に杉板を張るといっても

新しく張る”杉板”とあちこちの調整をしておかなければいけません。

 

ちなみに、杉板を張るのは、玄関と1階廊下とLDKです。

 

元々、濃い茶色のフローリングです。

杉板が1枚1枚張られていくたびに、

家がどんどん変わっていきます。

 

 

杉板は、今回はじめて使うものです。

 

張られた杉板を見て・・・ うれしくなりました。

 

色が とってもいい!

 

板によっては イチゴミルク色

というような 淡~いピンク色

 

もちろん、無垢材なので、全部がそうゆう色ではないし

時間が経てば色は変わっていきます。

 

でも最初の この淡い赤というかピンクというか、

自然の木が作りだす2つとないその色の世界に暮せる事は・・・

お金を掛けた以上の価値ある経験だと思います。

 

**

 

思わず、近所でお勤めしている奥様に連絡をしてしまいました~!

奥様は仕事帰りに寄り、写真を撮ってご主人に送ったそうです。

写真を見たご主人からは

「 うれしくなりました 」 とメールをいただきました。

 

 


家を大規模にリフォームするって一体どんな事ができるの?

そんな疑問にお答えします。

実際に大規模リフォームした家の工事内容をすべて公開!

 

『戸建て木造住宅リフォームについての解説』 

プレゼント(無料)

 
は、こちらから ↓
 


インスタグラム で・・・・

これまでの仕事の様々な写真を公開中

https://www.instagram.com/scoco4life/


 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自分の好みや感覚に合わない家にずぅと暮していくの?

2017-02-18 18:11:16 | ふじみ野の家(R)

埼玉県ふじみ野市の戸建て住宅のリフォーム

工事中

**

施主Hさんが購入した中古住宅は、築10年と少し。

売主さんも大切に使われていたので、特に直す必要もなかったのだけど

 

でも・・・

売主さんの好みは、Hさんとは違うために、、、

きっと・・・

いつまで経っても、

「 私の家 」 という感覚にならないんじゃないかと思うのです。

 

それをずっ~とひきずって暮していくのはどうなんだろう・・・

 

私がそそのかしたわけではないけれど

 

Hさんは、ご自分達の暮し方に合った、

そして「好き」と思える部屋に作り変えるため

LDKをリフォームする事を決めました。

 

 

 

以前の家の様子。

キッチンは対面式。

まだ売主さんが住んでいた時に内覧で行った時の写真。

 

やっぱりね、、、ちゃんと写真 撮れないですね。。

だから

ビフォーアフター用としての写真を・・・撮ってない。。

 

 

床は、濃い茶色のフローリング。。

Hさんにとっては落ち着かない色。

なので

この上に杉板を張ります。

 

段ボールの梱包の中が、、、杉板。

これが張られただけで、家は、ガラッと変わります。

 

 


家を大規模にリフォームするって一体どんな事ができるの?

そんな疑問にお答えします。

実際に大規模リフォームした家の工事内容をすべて公開!

 

『戸建て木造住宅リフォームについての解説』 

プレゼント(無料)

 
は、こちらから ↓
 


 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

納得できる生活ができています(リノベーション後、施主インタビューより)

2017-02-17 18:38:56 | [Works] sato*sato(R)

 

"

少しずつ(家の中を)変えたいと思っています。

でも、気に入らない物は いらない!

よーく考えてから物を買うようになりました。

だから・・・

納得できる生活ができています。

"

 

これは、築30年の家をリノベーションした施主奥様の話しです。

前の家の状態は とにかく

 

使いにくい

 

でした。だから 家に対して不満ばかり。。

「 楽しく暮らせる感じがしなかった 」

そうです。

 

思いきって、家を作り変えました。

その結果が・・・ 最初の言葉

 

「 納得できる生活ができています 」

 

**

その家の施主ご夫婦のインタビューを公開しました。

 ↓ ↓ ↓ ↓

施主インタビュー 004

sato*sato サトサト



家を大規模にリフォームするって一体どんな事ができるの?

そんな疑問にお答えします。

実際に大規模リフォームした家の工事内容をすべて公開!


『戸建て木造住宅リフォームについての解説』 

プレゼント(無料)

 
は、こちらから ↓
 



 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

魚と目があった・・・

2017-02-15 18:16:13 | laughing-city

 

きょう現場に向かう途中、

この公園のそばを通った時、

 

ふと 目が合ってしまった。。

 

さかなと・・・

 

なぜ さかな なんだろう?

 

普通、パンダとかじゃないのか・・・

 

たちすぎようと思ったのだけど、

一瞬にして頭の中をつかまれてしまった。

 

しようがないから、写真撮ってやった。

 

 

ビヨンビヨンのスプリングが 骨みたいだからだろうか?

 

 

なぜ さかな なんだろう。。

 

しかも、、、たった一つ。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

杉板の床と猫

2017-02-14 19:43:05 | 杉の床の暮し

 

私の施主は、猫を飼っている率が高いです。

 

写真は 風樂房風樂房(ふうらいぼう)という家のMちゃん

家の中から庭を じぃ~~~~~っと見ています。

 

=========================

夫婦と3匹の猫の家 風樂房(ふうらいぼう)

http://s-coco.net/works/fuuraibo/fuuraibo_0.html

(木造住宅リノベーション)

=========================

 

じぃ~~~としていると、手汗ならぬ”足汗”をかくようで・・・

床にこんな跡が・・・

 

[ 杉板の床についた猫の足汗の跡 ]

 

わかりますか? 足型

猫が好きな人は喜んでくれる事と思います!

 

**

 

無垢の木を使う事に対して、はじめての人は心配します。

 

よごれやすい・・・?

傷つきやすい・・・?

メンテナンスが大変・・・?

 

それについて お答えします。

 

よごれやすいです。

傷つきやすいです。

メンテナンスは、、、特別大変じゃありません。

 

でも

無垢の木を使う良さは、それを超えて、

100倍いい

と思ってます。

 

『よごれない、傷付かない』とうたう 建材メーカーのフローリングがあります。

 

よごれない、傷がつかない

という事は

表面が硬くて、ツルツルしてる

という事です。

 

そんな床では、、、上の写真のような猫の足跡はつきません。

猫を飼わない人には関係ないけれど

猫は気持ちいい場所を捜し出します。

私の施主の家は、どこも無垢の木を使っていて

その家の猫はみな、その家で気持ちよさそうにしています。

 

つまり

猫が気持ちいいという事は、人も気持ちいいという事。

 

ちなみに、

猫は木の床で爪とぎをしないのか・・?

という心配もありますが

私の施主の家の猫は、、、床で爪とぎはしません。

(別に爪研ぎを置いてあります)

 

爪研ぎはしないけれど、、、爪跡は付きます。

こんなふうに 

[ 杉板の床についた猫の爪跡 ]

 

わかります?

細い線状のものが、爪跡です。

 

猫好きな人は 顔がゆるんでいるかも・・・。

 

家の中で、かけ出すような場所が出てきます。

階段の上り口とか、ソファーやテーブルのまわりとか、、、

そうゆう所に多くつきます。

 

でも、、、この写真のように

意識して注目しないと、特別気がつきません。

気がつくかどうかは個人差がありますが・・・

無垢の木の床にする人は、そもそも

床の傷をそれほど気にしません。。

 

そうは言っても、最初は気になるようですけど

気がつけば、こちらもあちらにも傷や凹みがあって

「 もういいや~ 」

となります。そして気にならなくなります。

 

そんな傷よりも、無垢の木の床である事の気持ち良さが

100倍いい

ですから。

 

全ての人に勧めようとは思いません。

ご自分の好きなものを使えばいいと思います。

でも

猫を飼っている、、これから飼いたい、、という人には

無垢の木の床はお勧めします。

それに、、、猫にとっても いいですよ~。

 


関連

⇒ 杉の床の暮し

⇒ 杉板の床 Q&A

⇒ 床の杉板に水を垂らしてみた

⇒ 無垢の木の床の力


家を大規模にリフォームするって一体どんな事ができるの?

そんな疑問にお答えします。

実際に大規模リフォームした家の工事内容をすべて公開!


『戸建て木造住宅リフォームについての解説』 

プレゼント(無料)

 
は、こちらから ↓
 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夫婦と3匹の猫の家『風樂房』のページを更新

2017-02-08 19:08:33 | [Works] 風樂房(R)

 

2007年の9月に完成した、(当時)築20年の家のリノベーション・・・

ご夫婦と3匹の猫が暮す家です。

家に 『風樂房(ふうらいぼう)』という名を、施主がつけました。

 

今年の9月で10年になるんですね~

 

事務所のサイトの中の 『風樂房(ふうらいぼう)』 のページを

少し修正しました。

写真はサイズの大きい物に変えました。スマホでも見やすくなったと思います。

猫が好きな人にとっては 「うっ・・」 となる^^ 写真も入れました!

 

どうぞ、ご覧ください!

 

==================================

築20年の家のリノベーション。

夫婦と3匹の猫が暮す家

『風樂房(ふうらいぼう)』

http://s-coco.net/works/fuuraibo/fuuraibo_0.html

==================================

 

写真に映っている猫は さんちゃん という名前です。

今、ちょっと病気をしていて、治療をがんばっています。

 

とってもひとなつこい猫で、はじめての打合せに伺った時に

なにも警戒する事なく私のひざの上にあがってくれた事を覚えてます。

 

もう十何歳ですもんね~・・・

 

がんばれ! さんちゃん!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

傷だらけの杉板の床 を見て思う事

2017-01-31 16:48:34 | 杉の床の暮し

[写真:床の杉板についた猫の爪跡]

 

ある家のリフォームの工事が始まります。

昨日は、その工事契約の立会でした。場所は、工事をするその家。

 

施主が住み変えで購入された家です。

その家は、ごく普通の家です。

築10年と少しで、そのまま住もうと思えば問題なく住める家です。

 

売主さんのこだりがあった家ですが、

施主のHさんの趣向とは違っていたため、

LDK だけを作り変える事にしました。

 

もったいない?

 

いえ、それは違うと思います。

その家自体に惚れ込んで買ったのであれば

そのまま使えばいいけれど

そうではない場合・・・

 

毎日毎日・・・  毎日毎日・・・

朝起きて LDK に立った瞬間

「 私の居場所じゃない・・・ 」

と無意識に感じてしまうのです。

 

「 いつか変えたいな~ 」と思っていたとして

それが実現するまで

「 私の居場所じゃない・・・ 」

と感じ続ける ” 時間 ” こそが ”もったいない” と思います。。

 

人は ”なじんでしまう” 生き物です。

時間が経って、「変えたい」気持ちも薄れ、

自分の本当の気持ちも埋もれてしまいます。

 

人生で最大に近い高価な買い物をしても

自分自身が、何か次へのステップへ上らない・・・

 

そんなのでいいんですか・・・?

 

**

 

売主が引っ越し、がらんとしたその家にはじめて上り、

ふと、床の合板フローリングにある”大きな凹み傷”をみつけ

立ち止まり、しばらくそれを見ていました。

 

でもね

 

何も感情が起きませんでした。

 

何んの縁もない人が暮していた家だから、当然といえば当然か。。

 

 

合板フローリング、ビニールクロス、既成品の建具・・・

部屋を形づくる ”建材3セット” ・・・

 

それで作られるのが 『 あたり前の家 』 

(ほとんどの家が その”建材3セット”で作られている)

 

そうゆう家に入る時、、、、

気がついたんだけど、、、なんとなく

気を「ふっ」と張っている

ような気がします。

 

(魚の)ふぐが膨らむような。。

 

 

最初の写真は、

猫の爪跡がついてる杉板の床 です。

 

こんなに傷がついていても、気持ちが痛くなる事はありません。

むしろ気持ちが楽になる。

 

その床板を 私は受け入れられるし、、、

杉板も 私を受け入れてくれるような気がします。

 

 

あなたは、どうですか?

 

 

**

 

今回の工事で使うのは・・・・ やはり杉板!!!

 

断っておきますが、施主に強要してるわけではないですからね~^^

 

でも今回、、、初めての試みをさせていただきます。

もちろん、了解もらってますよ!

どんなふうになるか・・・

出来上がってからのお楽しみに~!

 



 
リフォームって・・・・
 
クロスや機器をカタログから選ぶ事ではありません。

単に、『直す』 という事ではなくて

リフォームも家づくりです。

新築するのと同じです。


「こんな事ができるんだ!」
 
という事がわかれば、リフォームについての考えが広がっていくかもしれません。
 
 
実際に工事をした時の ビフォー・アフター の図面と
 
どんな問題があり、どんな事を考え問題を解決したのか
 
写真入りで解説しました。
 
ぜひ、手に取り、じっくりと理解してみてください!
 
 

『戸建て木造住宅リフォームについての解説』 

プレゼント(無料)

 
は、こちらから ↓
 

 


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【無料プレゼント】木造住宅大規模リフォームの解説

2017-01-28 17:53:25 | 家作りを考える5「リノベーション>リフォ

 

木造住宅の大規模なリフォーム(=リノベーション)について、実際に工事を行った家を元に、詳しく解説します。

 

 

「リフォームで間取りも変えられる」

という事は聞いて知っていても、

実際に”どんなふうに変える事ができるの?”って

なかなかイメージしずらいですね。

 

「こんなふうにできたらいいな~」 

漠然と思っても、なんだか無理そうに感じてしまうかもしれません。

 
 
「こんな事ができるんだ!」
 
という事がわかれば、リフォームについての考えが広がっていくかもしれません。
 
 
リフォームって・・・・
 
クロスや機器をカタログから選ぶ事ではありません。
 
 
実際に工事をした時の ビフォー・アフター の図面と
 
どんな問題があり、どんな事を考え問題を解決したのか
 
写真入りで解説しました。
 
ぜひ、手に取り、じっくりと理解してみてください!
 
 

『戸建て木造住宅リフォームについての解説』 

プレゼント(無料)

 
は、こちらから ↓
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なんだかいい家

2017-01-21 18:14:29 | 家作りを考える0「家とは」

--------------------------------------------------------

30代家族3人の、手作り家具のような家 ハモニカ

http://s-coco.net/works/hamonika/hamonika_001.html

--------------------------------------------------------

 

夕暮れ時、その家の窓から漏れる温かな光に気がついた時・・・

 

なんだかいい家だな~

 

と思います。

 

--------------------------------------------------------

家族3人と猫が暮す小さな家 LWH003(立川の家)

http://s-coco.net/works/LWH003/LWH003.html

--------------------------------------------------------

 

きっと、住んでいる人が 丹精を込めて作っているんだろうな~

 

と、その家の前の程良く手入れされている小さな庭を見た時

 

なんだかいい家だな~

 

と思います。

 

****

 

街ゆく人がふと足を止めて

 

なんだかいい家だな~

 

と思ってくれる家を

 

つくりたいと思います。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白熱灯フラットボール電球とLED電球を比べる

2017-01-17 11:56:36 | 家作りを考える7「家の素材の事」

 

私のところにある 白熱灯の フラットボール電球。

---------------------------------

TOKIフラットボール

---------------------------------

この形が醸し出す雰囲気が好きで、いくつかの家で使った事があります。

もうすでに生産中止なので、どこを探してもないでしょう。

ネットオークションには出てくるみたいだけど。。

 

 

点灯すると、全方位に光が広がるので、

このランプ一つで部屋のメインの照明としても使えていました。

 

ランプの上の(陶製の)プラグが明るくなっているのを覚えておいてください。

 

 

先日、ダイソ- に行ったら、電球型のLEDランプが売っていて驚きました。

即買いました。

その電球でどうゆう雰囲気をつくるのか?、明るさは?

と、幾種類もの電球を持っています。

一応、研究目的です。

(”電球が好き”という部分もあるのだろうと思います)

 

 

形状は、白熱灯の普通球と同じ。・・・だけど

 

ガラス部分は全体の半分くらい。

白熱灯の”ガラス感”とは違い

”装置” もしくは ”電子機器” のように感じます。

 

LED電球は、目的によりいろいろな形状があります。

ダイソーで買ったのは、電球型 の ”広配光タイプ”

点灯すると

 

白熱灯の普通球に近づけた光り方です。

 

(白熱灯の)60W相当 810 lm(ルーメン) E26 電球色

 

実際に使ってみて、「これなら白熱灯から変えても使える」 かな

と思います。

 

ただ、かなり改良されてきているとはいえ

白熱灯の光り方とは、違います。

 

それは何かというと

白熱灯は、光にグラデーションがあります。

つまり、中心が明るく、離れるほど暗くなっていく。

白熱灯の光は”海の波”のようなイメージです。

沖では高い波も、砂浜にくると小さくなり、さらに、ほわ~っと広がりますよね。

 

LEDでももちろん、中心から離れれば暗くなるのですが

白熱灯と違うのは、光の力が強く、

部屋は平均的な明るさになる、、、という感じです。

LEDの光は”光線の束”です。

”波”のような柔らかさではなく”ザクザク”って感じ。。

 

でも、だいぶ、、変わりましたよ。

白熱灯の光の柔らかさは作れないかもしれないけど

私は使ってもいいと思います。

 

**

白熱灯の 60W とか 『ワット』 で照明を考えてきました。

蛍光灯でも 「白熱灯60W相当」とかの表記でしたから

感覚的にわかりました。

LEDになり、lm(ルーメン)やlx(ルクス)を考えなければならなくなり

これまでの”感覚”では設計できなくなりました。

けっこうめんどくさい・・・。

ただ、今回取り上げた”電球型”では、60W相当 とかの表記は

白熱灯に置き変えてもだいたい同じで

明るさを考える場合も、やりやすいと思います。

 


あまり明るくない照明と、穏やかな光に包まれる”なんだか落ち着く”部屋を設計します。

志田茂建築設計事務所

http://s-coco.net/


 ←「戸建て木造住宅リフォームについての解説」

 ←プレゼント

  実際にリフォームした家をまるごと説明します。

  「リフォームでどんな事ができるんだろう?」

  これを見ればわかります!!  

  #リノベーション #木造リフォーム  


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加