Home Room 【 シンプルな暮しと家の作り方 】

シンプルでおおらかな、そして無垢の木の床でつくる質のある家と暮しを考えます [ 志田建築設計事務所のブログ ]

【好きなものたち】葉山をふりかえる(2)

2017-04-29 08:19:23 | いいもの

[ボートハウス]

家や暮しにまつわる「好きなもの」・・・あなたにもありますか?

私は街に出ると、いろんな「これ好きだな~」と思う物達に出会います。

昨年仕事でしばらく通った 葉山 には、そんな物達がたくさんありました。

昨年の今ごろは、設計と見積で大変な時期でした。

それから1年・・・ ちょっと懐かしくなり、振り返ってみる事にしました。

 

その第2回目です。

 

---------------------------------------------------

【好きなものたち】葉山をふりかえる(1)

---------------------------------------------------

 

葉山には、古い建物があります。

(葉山に限った話ではないですが・・)

使われているもの、使われていないもの、ずっと放置され朽ちかけているもの・・・

 

私の思い込みではありあすが^^

どんな状態でも、なんだか温かい感じがしてしまうのです。

 

きっとそれは・・・

「これ、なんとか直して使って(住んで)みたいな~」

と思わせる感じがあるんです。

 

この家、、使われないのでしょうか?庭の雑草の具合で、なんとなくそう思うのですが。。

「住んでみたい!」って、すぐに思いました。

手を入れていったら、とってもかわいらしい家になると思います。

 

使われているような・・・いないような・・・

茶色の壁に、白く塗られた木のドア、木の窓・・・

[ 5 ] が、またいい~ 

(個人的に好きな数字!^^)

 

花屋さんとして使われています。

結構古いと思います。でも使われいるからこそ、生き生きしてる感じがします。

 

海のそばのバス停。

葉山町内の海ルートのバス停は、いろいろな形の建物があり、見ていて楽しいです。

 

一色会館

これは、とっても素晴らしい建築です。

お祭りや地域のイベントで使われているそうです。

ぜひきちんと管理して残していってほしいと思います。

 

築10年ちょっとの家をリノベーション

[ 葉山の家(R) ]

 

約10年前、施主は建売だったこの家を購入されました。

建売だったので、家は、そのまま受け入れるしかありませんでした。

 

だんだんとご家族が増えるとともに、

なんだか自分達の暮らし方と家が合ってない

事に気が付いた奥様は、ずっと

ひとりでもやもやしていた

そうです。

 

そしてある時、、、全面的にリフォームする事を決意されました。

 

工事が終わった家は・・・・

家の中の空気がまったく変わりました。

 

葉山の家の奥様からの手紙

http://s-coco.net/03letter.html#hayama_r

 

 


 「好き」を実現する事が大切です。そのために、、、、

シンプルに考える事、シンプルに暮らす事ができる家にする事が必要なのです。

 

シンプルな暮し、シンプルな家づくりについて、より深い話しを書いています。

メールマガジン 日美の手帖

お申し込みはこちらから ↓ ↓ ↓ ↓ 

https://form.os7.biz/f/77cf42a6/

(*御不要になれば、いつでも解約できます。)

メールマガジン読者の方限定の、見学会や相談会の御案内もしております。

ぜひ、ご利用ください!



あなたの家は、本当に あなたの”好きな場所”になっていますか?

「私はこの家が好き!」って言える家が、いい家です。

あなたの本当の”好き”を、実現していいんです。

 

漠然としていたり、誰かに「そんなのできない」と言われモヤモヤしていたりしていたら・・

よかったら、あなたの”好きな家”・”好きな暮し”の話しをしませんか?

多くの人が、「考え方がはっきりできた」と言われます。

    ↓ ↓ ↓ ↓

家づくりのメール相談(無料)

http://s-coco.net/052contact_2.html

 


家のリフォームを考える時、「日常」のその家の中で考える事は難しいです。

「一体どんな事ができるの?」・・・・

実際に大規模にリフォームした家のビフォーアフターを公開します。

どんな問題があり、どんな事を考え(設計し)リフォームしたのかを全て解説しました。

『木造住宅リフォームについての解説』 

プレゼント(無料)

こちらからお申し込みください。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家づくりで一番大切な事は・・・

2017-04-28 16:34:36 | 幸せな家を作る

 

家づくりで一番大切な事は何だと思いますか?

 

金額が安い事

場所がいい事

日当たりがいい事

家族が喜ぶ事

・・・

もっといろいろあるでしょう。

どれも、大切だと思います。

 

私が考える 家作りの一番大切な事 は

 

あなたの 「好き」 を実現する事

 

です。

 

「あなた」 とは、、、あなた自身 の事です。

家族とか、他の誰かとか関係なく

あなた自身が 心から「好き」と思う ”事” です。

 

もちろん他人に迷惑を掛けるような事ではありません。

音楽が好きだから、ボリューム目一杯に音を出してはダメですよね。

車やバイクが好きだからといって、時間かまわずエンジン掛け、ふかしてたりしては、ダメですよね。

 

でも、

自分の人生、日常において、

音楽が必要。楽器を弾く事が必要。

であれば、、、防音を十分に考えて家作ればいいと思います。

 

車やバイクが好きでたまらない。いつも見ていたい。触れていたい。

と思うなら、室内の延長としてガレージを作ればいいと思います。

 

料理がなによりも好きならば、、

既成品を選び当てはめるのではなく

自分にふさわしいキッチンを考えオーダーし、

そこから家について考えを広げていってもいいと思うのです。

 

ものすごく気に入って買った椅子があるとします。

毎日見ても飽きない、座って触れてうれしい。

その椅子が、素敵に見えるにはどうゆう家がいいんだろう?

他にどうゆうものがあるといいのだろう?

そんなふうに椅子から家を考えてもいいのです。

 

太陽の直接の光が好きじゃない。

壁に反射した穏やかな光が好き。。

そんな人もいるかもしれません。

そうゆう家を作っていいのです。

 

自分自身に向き合い、

自分の本当の「好き」・・

「やっぱり私はこれが好き!」

と思うものは

あなたが生きていくのに必要なものです。

 

その「好き」はひとつとは限りません。

ただ、家づくりにおいては、掛けられるお金も家の大きさも限りがあります。

ですから、最低ひとつ・・・

できるなら 幾つか・・・

それが実現すれば、、、

あなたの日常は、楽しいですよね。幸せですよね。

 

あなたが幸せだから・・・

家族も幸せです。

 

 

あなたの「好き」を実現してください。

あなたの「好き」をあきらめないでください。

 

 

「私はわがままな事言ってるんじゃないか」・・

そう思い、挫折しそうになりながらも、

「好き」をあきらめずに実現した人がいます。

 

============================

コラム

「私の好き」をあきらめない

http://s-coco.net/column/c11_suki-akiramenai.html

============================

 

これから家づくりを始める人

家づくりに挫折した人

自分の「好き」を閉じて家族のために家を作った人

家に住んでから「好き」に気づき悩み始めた人

 

そんな人達に読んで欲しいです。

 

============================

コラム : 「私の好き」をあきらめない

============================

 

 


 「好き」を実現する事が大切です。そのために、、、、

シンプルに考える事、シンプルに暮らす事ができる家にする事が必要なのです。

 

シンプルな暮し、シンプルな家づくりについて、より深い話しを書いています。

メールマガジン 日美の手帖

お申し込みはこちらから ↓ ↓ ↓ ↓ 

https://form.os7.biz/f/77cf42a6/

(*御不要になれば、いつでも解約できます。)

メールマガジン読者の方限定の、見学会や相談会の御案内もしております。

ぜひ、ご利用ください!



あなたの家は、本当に あなたの”好きな場所”になっていますか?

「私はこの家が好き!」って言える家が、いい家です。

あなたの本当の”好き”を、実現していいんです。

 

漠然としていたり、誰かに「そんなのできない」と言われモヤモヤしていたりしていたら・・

よかったら、あなたの”好きな家”・”好きな暮し”の話しをしませんか?

多くの人が、「考え方がはっきりできた」と言われます。

    ↓ ↓ ↓ ↓

家づくりのメール相談(無料)

http://s-coco.net/052contact_2.html

 


家のリフォームを考える時、「日常」のその家の中で考える事は難しいです。

「一体どんな事ができるの?」・・・・

実際に大規模にリフォームした家のビフォーアフターを公開します。

どんな問題があり、どんな事を考え(設計し)リフォームしたのかを全て解説しました。

『木造住宅リフォームについての解説』 

プレゼント(無料)

こちらからお申し込みください。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【好きなものたち】葉山をふりかえる(1)

2017-04-24 17:45:39 | いいもの

家や暮しにまつわる「好きなもの」・・・あなたにもありますか?

私は街に出ると、いろんな「これ好きだな~」と思う物達に出会います。

昨年仕事でしばらく通った 葉山 には、そんな物達がたくさんありました。

昨年の今ごろは、設計と見積で大変な時期でした。

それから1年・・・ ちょっと懐かしくなり、振り返ってみる事にしました。

 

1枚目は、なんと言ってもここ!

葉山御用邸の脇、、、海に続く道。はじめての時、なんとウキウキした事か!(笑)

 

 

海! ・・・ 無条件にうれしかった~~~^^

 

この建物は、公営のトイレ。トイレなんだけど、海につながるこの部分がなんだかよくて、何度も写真を撮りました。

 

 

 

海のそばのには、古い家がたくさんあって、こうゆう 木のドア が、とっても素敵でした。

(実際は、元々のものではなく、とりかえているかもしれないけれど。。)

古さもだいぶ年季が入っているものもたくさんあります。

道路から石積の階段に門、そして赤い郵便受け・・・特別なものなんてなんにもないけど、今この場所は、特別に素敵な場所です。

(いつまで残っていてくれるのだろうか。。)

 

 

そんな素敵なもの達がたくさんある葉山。

 

リフォームの設計で声を掛けてくださったAさんには、本当に感謝しています。

 

( この写真は、Aさんの御家族もとても気に入ってくださったものです。)

 

あなたの家は・・・・

あなたの好きなもの達がありますか?

 

 

 


 「好き」を実現する事が大切です。そのために、、、、

シンプルに考える事、シンプルに暮らす事ができる家にする事が必要なのです。

 

シンプルな暮し、シンプルな家づくりについて、より深い話しを書いています。

メールマガジン 日美の手帖

お申し込みはこちらから ↓ ↓ ↓ ↓ 

https://form.os7.biz/f/77cf42a6/

(*御不要になれば、いつでも解約できます。)

メールマガジン読者の方限定の、見学会や相談会の御案内もしております。

ぜひ、ご利用ください!



あなたの家は、本当に あなたの”好きな場所”になっていますか?

「私はこの家が好き!」って言える家が、いい家です。

あなたの本当の”好き”を、実現していいんです。

 

漠然としていたり、誰かに「そんなのできない」と言われモヤモヤしていたりしていたら・・

よかったら、あなたの”好きな家”・”好きな暮し”の話しをしませんか?

多くの人が、「考え方がはっきりできた」と言われます。

    ↓ ↓ ↓ ↓

家づくりのメール相談(無料)

http://s-coco.net/052contact_2.html

 


家のリフォームを考える時、「日常」のその家の中で考える事は難しいです。

「一体どんな事ができるの?」・・・・

実際に大規模にリフォームした家のビフォーアフターを公開します。

どんな問題があり、どんな事を考え(設計し)リフォームしたのかを全て解説しました。

『木造住宅リフォームについての解説』  プレゼント(無料)

こちらからお申し込みください。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新人と店長

2017-04-22 14:10:54 | 人生っていうやつは

 

約週1回、お店でゆっくりコーヒーを飲みながら

”ひとり作戦会議” ^^ をしています。

 

今日は、というか、ほぼここでやっているのですが

ロイヤルホスト での事。

 

どこか動きも表情も硬いホールスタッフの女性がいました。

少しして気がついたのですが、店長がいろいろ彼女に指導しています。

 

あ~ 新人なんだ

 

と思いました。

お客が帰る時に 「ありがとうございました」 ってスタッフの人達は言います。

でもその新人の彼女は、言わなかったようで、店長にその事を注意されました。

きっと、「すみません」と言ったのでしょう。

そのあとの店長の話しがよかった。

 

ぼくに言ってもしょうがないんだよ。

お客さんに言わないと。

お客さんに感謝の気持ちを伝えないと・・・

 

とかなんとかという事を、新人さんに言っていました。

 

「 そうそう、そうなんだよね~ 素晴らしい店長だ! 」

 

と思いました!

ところで、何も作戦会議してないようだけど、やりましたよ。

そんな店長と新人の会話に聞き耳立てていたわけじゃありません!

聞こえてしまうんですよ。レジそばのカウンター席なので^^

 

でも、そんなレストランの教育的な話しって、懐かしくて。。

学生時代、レストランでバイトしていた時の事を思い出しました。

その時、店長によく怒られてました(笑)

嫌でしたね~怒られるの。。

 

でも、今だから思います。

失敗なんてしてもいい。知らないから失敗するわけで

経験したり意味を知るから少しずつできるようになります。

 

その新人の女性は、、、まだ

表情も動作も硬く、声も小さく、自信なくうつむき加減。。

彼女の心の内もよくわかります。

 

でも・・・

お客さんに喜んでもらう

そして

お客さんに感謝する

それを忘れなければ

どんな失敗も、店長の注意も乗り越えられるはず!

 

そのうちきっと、、、

笑顔で、胸をはり颯爽(さっそう)と歩き、お客さんのして欲しい事がすぐに理解できるようになっているでしょう。

 

がんばれ 新人さん!

 

**

 

写真は・・・ ロイヤルホスト ではありません。

独立して数年後の頃に設計したレストランです。

改めて見ると、理屈っぽいし、考えが浅い部分が見えてきます。でも・・

夢中でやっていたんだよな~~!

Ristorante TASEI

http://s-coco.net/works/R.tasei/Rtasei.html

 

 

 


 「好き」を実現する事が大切です。そのために、、、、

シンプルに考える事、シンプルに暮らす事ができる家にする事が必要なのです。

 

シンプルな暮し、シンプルな家づくりについて、より深い話しを書いています。

メールマガジン 日美の手帖

お申し込みはこちらから ↓ ↓ ↓ ↓ 

https://form.os7.biz/f/77cf42a6/

(*御不要になれば、いつでも解約できます。)

メールマガジン読者の方限定の、見学会や相談会の御案内もしております。

ぜひ、ご利用ください!



あなたの家は、本当に あなたの”好きな場所”になっていますか?

「私はこの家が好き!」って言える家が、いい家です。

あなたの本当の”好き”を、実現していいんです。

 

漠然としていたり、誰かに「そんなのできない」と言われモヤモヤしていたりしていたら・・

よかったら、あなたの”好きな家”・”好きな暮し”の話しをしませんか?

多くの人が、「考え方がはっきりできた」と言われます。

    ↓ ↓ ↓ ↓

家づくりのメール相談(無料)

http://s-coco.net/052contact_2.html

 


家のリフォームを考える時、「日常」のその家の中で考える事は難しいです。

「一体どんな事ができるの?」・・・・

実際に大規模にリフォームした家のビフォーアフターを公開します。

どんな問題があり、どんな事を考え(設計し)リフォームしたのかを全て解説しました。

『木造住宅リフォームについての解説』  プレゼント(無料)

こちらからお申し込みください。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 



 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2年ぶり 風樂房(ふうらいぼう)の午後

2017-04-17 18:56:00 | [Works] 風樂房(R)

約2年ぶりに、風樂房(ふうらいぼう) に伺いました。

 

====

都心から郊外に移住し『プチ田舎暮らし』を実現するために50代夫婦(当時)が購入した築20年の家をリノベーション

風樂房(ふうらいぼう)

http://s-coco.net/works/fuuraibo/fuuraibo_0.html

====

 

今回は、施主にインタビューするために伺いました。 が・・・

早々に御馳走になり、お酒をいただきながら

いろいろ、、、いろいろなお話しをしました。

そして、、お聞きしました。

 

その時間・・・ 約7時間!(驚)

 

 

この家には3匹の猫がいます。

夕方になり、あまりにお腹が空いたのか、、、我慢できなくなってしまいました!

(ごめんね~!)

 

 

でも、、、、

そのおかげで、はじめての スリーショット!

 

とは言っても、止まってくれたの右のこだけ。。

まあ、こんなもんでしょう。。

 

**

7時間のうち、インタビューは何時間だったのか?

覚えてないんですが、、、

とにかくメモした量が、他の人の3倍くらい。

 

大変有意義な話しをお聞きしたので、これからまとめて

みなさんにぜひ読んでいただきたいと思います!

 

 


 「好き」を実現する事が大切です。そのために、、、、

シンプルに考える事、シンプルに暮らす事ができる家にする事が必要なのです。

 

シンプルな暮し、シンプルな家づくりについて、より深い話しを書いています。

メールマガジン 日美の手帖

お申し込みはこちらから ↓ ↓ ↓ ↓ 

https://form.os7.biz/f/77cf42a6/

(*御不要になれば、いつでも解約できます。)

メールマガジン読者の方限定の、見学会や相談会の御案内もしております。

ぜひ、ご利用ください!



あなたの家は、本当に あなたの”好きな場所”になっていますか?

「私はこの家が好き!」って言える家が、いい家です。

あなたの本当の”好き”を、実現していいんです。

 

漠然としていたり、誰かに「そんなのできない」と言われモヤモヤしていたりしていたら・・

よかったら、あなたの”好きな家”・”好きな暮し”の話しをしませんか?

多くの人が、「考え方がはっきりできた」と言われます。

    ↓ ↓ ↓ ↓

家づくりのメール相談(無料)

http://s-coco.net/052contact_2.html

 


家のリフォームを考える時、「日常」のその家の中で考える事は難しいです。

「一体どんな事ができるの?」・・・・

実際に大規模にリフォームした家のビフォーアフターを公開します。

どんな問題があり、どんな事を考え(設計し)リフォームしたのかを全て解説しました。

『木造住宅リフォームについての解説』  プレゼント(無料)

こちらからお申し込みください。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

杉板の床の家で猫は大丈夫?

2017-04-15 14:07:38 | 杉の床の暮し

 

施主の人で、猫を飼っている人が、意外といるんです。

ほとんどの施主が杉板を選ばれてますから、当然、猫がいても床は杉板。。

設計する私が言うのもなんですが、最初は・・・

杉板なんて柔らかいから、猫は面白がってガリガリやるんじゃないか・・・

なんて心配しました。


ですが、今のところ聞いた事がありません。

 

とは言っても、無傷ではなくて、、それなりに傷は付きます。

いったいどんなふうになるのか・・・

見てみませんか!


きっと、家作りやリフォームを考えている人で

猫を飼っていて

( 家ができたら飼いたいと考えていて )

「 床に杉板やその他の無垢の木の板を使いたい 」

と考えている人は多いと思います。

 

でも、最初の私と同じように

「 猫がいるから無垢の木を床に使うのが心配 」

と思うのは当然だと思います。

 

そこで、3軒の施主の家の写真をまとめてみました。

それを見てもらえば、猫がいると、板の床がどうなるか

わかってもらえると思います。


▼こちらをご覧ください

===========================

【コラム】 杉板の床の家で猫は大丈夫?


http://s-coco.net/column/c10_sugi_to_neko.html

===========================


極端な事を言うと、、、多少傷がついても

「 まあいいかぁ~ 」

と思える人は、杉板でも大丈夫! お勧めします。

「 傷がつくのが嫌! 」

と思う人は・・・・

木の床にはしないほうがいいかもしれませんね。

まずは、写真を見てみてください!



 「好き」を実現する事が大切です。そのために、、、、

シンプルに考える事、シンプルに暮らす事ができる家にする事が必要なのです。

 

シンプルな暮し、シンプルな家づくりについて、より深い話しを書いています。

メールマガジン 日美の手帖

お申し込みはこちらから ↓ ↓ ↓ ↓ 

https://form.os7.biz/f/77cf42a6/

(*御不要になれば、いつでも解約できます。)

メールマガジン読者の方限定の、見学会や相談会の御案内もしております。

ぜひ、ご利用ください!



あなたの家は、本当に あなたの”好きな場所”になっていますか?

「私はこの家が好き!」って言える家が、いい家です。

あなたの本当の”好き”を、実現していいんです。

 

漠然としていたり、誰かに「そんなのできない」と言われモヤモヤしていたりしていたら・・

よかったら、あなたの”好きな家”・”好きな暮し”の話しをしませんか?

多くの人が、「考え方がはっきりできた」と言われます。

    ↓ ↓ ↓ ↓

家づくりのメール相談(無料)

http://s-coco.net/052contact_2.html

 


家のリフォームを考える時、「日常」のその家の中で考える事は難しいです。

「一体どんな事ができるの?」・・・・

実際に大規模にリフォームした家のビフォーアフターを公開します。

どんな問題があり、どんな事を考え(設計し)リフォームしたのかを全て解説しました。

『木造住宅リフォームについての解説』  プレゼント(無料)

こちらからお申し込みください。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 


 

 

 

 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

よみひと知らずの木賃に学ぶ事

2017-04-08 18:23:03 | laughing-city

 

先日 打合せに行った先で、少し時間があったので近所を歩いてみました。

 

そうしたら、ずぐに見付けたこの古~~い木賃アパート。

いい味を醸し出していて、写真を撮りました。

 

なんか、久しぶりに気持ちが上りました!(笑)^^

 

まあ、オーソドックスな外観・・・ 

古い家は、素直なのが一番です!

 

次に、黒い”板塀”・・・ こうゆうの、昔、たくさんありましたね~

何がいいのか、というと、、、、

囲っているけど、きっちりしてないくて、外との関係を断っていない事。

 

ブロック塀のように、、、他人を寄せ付けないものでもないし

現在のアルミのフェンスのように味気ないものでもありません。

 

 

建物を板塀の間のちゅっとした空間が、、またいいですね。

ここをどんなふうに使うか、、、いろんな事が考えられます。

 

ちょっとした庭をつくり、長いすを置いてみたり、、、。

 

それから、この部屋の入り口の 木製ドア ・・・

やっぱりいいな~ 木のドアは。。 

こちらは、板塀と同じ、黒 とうか 濃い茶?

 

別の入り口は・・・

 

 

ベンガラ色 というか 赤茶 。

この色がまたいい~!

この板塀と 木のドアだけで、この近辺が豊な感じをかもし出します。。

 

現在の法律では、木のドアは使えない・・・

だから真似できないけど、、、いかにメーカーのアルミドアが味気ないか

わかります。それには何にも感じるものがないです。

 

この木賃アパート見て・・

多くの人は 汚らしい と思う事でしょう。

でも、今作られるメーカーやそれを真似したアパートが

それができた事で、街が味わい深くなったでしょうか?

 

なんという事のない、普通~~の建物が

実は、街の温か味や、質感を作ってきました。

 

「オレが オレが」的な建物つくるの・・・ もう考え直して欲しいな~

 

**

 

味わいあるこの木賃アパートですが・・・

なにしろちゃんと手入れはされてない建物。

とっても残念です。

手を加えれば、とっても魅力的なアパートになったのに。。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小さな小屋の大きなワクワク感

2017-03-27 20:12:09 | 家作りを考える6「小さな家」

新宿の リビングデザインセンター・OZONE で開催されている 企画展 『 郊外で住みながら働く 』 に行きました。

-------------

『 郊外で住みながら働く 』

http://kougainosusume.jp/distinations/event_1/

-------------

 

そこには、小泉誠さんの企画デザインされた小屋の原寸モデルがあり、それを体験したかったのです。

 

 

間口 2.2m 奥行 4.0m 天井高さ 1.9m?

 

いい感じでしたよ~

 

 

住むというよりは、昔のプレハブの勉強部屋みたいなもの・・?

まあ、用途はなんでもいいのでしょうけど、

家の プラスアルファー です。

 

いろいろな設えがあって、小さな空間でも ”楽しい!”って思えます。

 

 

子供の部屋、、大人の趣味の部屋、、

仕事部屋、、そして お店も、、

 

いろんな可能性があります。

 

使われているのは 杉材を使った Jパネル 

 

Jパネル

http://marutenboshi.com/jpanel.html

 

厚さが 30mm ・ 36mm あります。

そのくらいの厚さがあると、無垢の木の安心感を感じます。

 

木に囲まれる気持ち良さ・・・ いいですね~

 

 

小屋とか 小さい家とか 小さい寸法の可能性って

ありますね! そして 大いに ワクワクしますよ!^^

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

信頼できる素材でつくる家の安心感

2017-03-24 19:13:03 | 家作りを考える0「家とは」

 

家に使う材料(素材)は、時間とともに変化し、そこに味わいや愛着が深まっていくものがいいと思います。

そうゆう素材は、信頼できます。そして、心から安心できます。

 

 

写真は、築20年の家をリノベーションした 風樂房(ふうらいぼう) という家です。

床に 杉板 を張りました。ピカピカできれいでした。

この家の工事が終わってから8年経っています。8年という時間が経ち、この床の杉板はどうなったでしょうか?

 

==================

築20年の家をリノベーション。夫婦と3匹の猫の家。

風樂房(ふうらいぼう)

==================

 

 

8年後・・・ こうなりました。

この家には3匹の猫がいます。床の杉板には、爪跡が結構ついていますね。

ちなみに、力を入れて動く時につく爪跡です。爪とぎはしていません。

 

特にこの場所は、南の窓の前であり、ペレットストーブの前なので

猫達にとっても気持ち良い場所で、ここにいる割合が多いのでしょう。

 

この写真を見て 「 うわ、ひどい! 」 と思う人もいる事でしょう。

部分的な”写真”なので、強調して見えてしまいますが、実際には

そんなに意識的に”目につく”事はありません。

 

杉板はやわらかいので、たとえ猫がいなくて人間だけだとしても

いつの間にか、あちこち キズや凹み がついています。

小さいお子さんがいれば、なおさら。。

 

でも、その状態を 「 これはひどい・・・ 」と、見て嫌な気持ちになった事は

一度もありません。むしろ、微笑ましくなってしまいます。

 

床に杉板を使った施主の人達もみな・・・

「 別に 気にならない 」 と言います。

 

杉板の床(無垢の木の床全般)を知らないな人にとっては、

世間で言われている 杉板の欠点 ・・・

『 柔らかい木だから、すぐ傷が付く 』 を思い浮かべ

「 やっぱり よくないね。。 使うのは止めよう。 」

となってしまうかもしれません。

 

杉板を使った施主には、事前にお話しをするし、見てもらっています。

こうなることを理解した上で選ばれています。だから・・・

「 別に 気にならない 」 は負け惜しみで言っているわけではありません。

 

『欠点』以上の、杉板にした”良さ”を、日々の暮らしの中で感じているんです。

 

**

 

家は人と同じように、年々歳をとっていきます。

人は年齢を重ね、”その人らしさ” というものが深まっていきます。

家も、住む人に寄りそい、少しずつ味わいが増していくと

愛着も深まっていくと思います。

 

現在作られるほとんどの家に使われる材料は、工業製品の建材です。

それは、『 キズがつきにくい 』 『 よごれにくい 』

という事を強調しています。

 

ちょっと想像してみてください。

自分が歳をとっていくのに、家はいつまでも新品のごとくピカピカだとしたら

どんな気持ちでしょう?

 

「 それがいいよ! 」 という人もいるでしょう。

”新品のような状態” にいつも心が晴れやか という事もあります。

それもひとつの価値観です。

 

わたしは・・・

いつまでも新品みたいなピカピカな家は  辛くなります。

 

いつまでも、家となじめてないような気持になってしまいます。

 

[ 風樂房(ふうらいぼう) 1年目 ]

 

 

新築のマンションとか、メーカーで建てた新築の家に入った経験がある人はわかると思いますが

新しくてピカピカで ”きれい” だけど、どこかに感じる ”よそよそしさ” 。。

 

住めばなじんでしまうのでしょうか。。

 

私は、その部屋に入った瞬間、「 うっ 」と緊張します。

家なのに 「 ほっ 」 とできないんです。

 

「 ここにいるの 嫌だな 」 瞬間的にそう 体が反応するようです。

 

 

写真の 風樂房(ふうらいぼう) は

床が杉板で、壁と天井は一般的なクロスです。(ビニールクロスではないけれど)

 

高価な材料は1つもないけれど、

この家に入った時から、心が穏やかになります。

 

来たお友達やお客さんはみな 長居 されるそうです。

『 居心地がよい 』 って思ってもらえるんですね。

 

8年後、、、こうなりました。

 

施主のいろいろな状況が変わりました。

施主も猫達も、歳を重ねました。 それとともに、この家の素材たちも、ゆっくりと変わっています。

 

杉板は、ずいぶんと色が着き、落ちついてきました。

部屋の中に反射する光もいくらか 明るさが落ち着いた感じです。

 

時間が積み重なる美しさ

 

をそこに感じるのです。

決して、、古くさくて、くたびれて、きたならしい という事はありません。

 

まあ、人それぞれの感じ方かもしれませんが。。

 

時間を重ねられる素材 というのは、なんというか・・

『 安心感 』 があります。 「 だいじょうぶ 」 という。

 

 

床に杉板を使った施主が、傷ついても

「 別に 気にならない 」 と言っていると書きましたが、

それは

「 傷ついても別に大丈夫だよ 」

という安心感を持っているからです。

 

「 いざとなれば 表面削ればいいでしょ! 」

という 安心感 ・・・

それは 素材に対する 『 信頼感 』 とも言えるかもしれません。

 

そんなモノ達に囲まれて暮らしたいと思います。

 

 


家を大規模にリフォームするって一体どんな事ができるの?

そんな疑問にお答えします。

実際に大規模リフォームした家の工事内容をすべて公開!

 

『戸建て木造住宅リフォームについての解説』 

プレゼント(無料)

 
は、こちらから ↓
 


 あなたは ”住みやすい” 家 を求めていますか?

どうしたら 住みやすい家 になるでしょう?

きっと、いろいろ調べたり、モデルルームに行ったり と勉強されている事と思います。

それでも、あなたの考える”住みやすい家”が見えてこないとしたら

きっと、一般的な家づくりでは解決できないのかもしれません。

 

私の施主のみなさんは皆 「住みやすい家になった」

と言われます。

あなたのお悩み、実現したい事・・・

解決の第一歩を見つけられるかもしれません。

 

よかったら、家の話をしませんか?

    ↓ ↓ ↓ ↓

家づくりのメール相談(無料)

http://s-coco.net/052contact_2.html

 


 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夫のリビング・妻のリビング

2017-03-22 17:38:24 | [Works] 大宮の家(マンションR)

完成から7年経った、大宮の施主のお宅に訪問しました。

===

マンションスケルトンリノベーション 夫婦の家 大宮(R) *完成から6カ月後

===

[ 夫のリビング ]

[ 妻のリビング ]

 

この家には、御主人と奥様と、それぞれのリビングがあります。

大人のご夫婦ですので、お互いを尊重して、お互いが気持ちよく暮らす事を考えられました。

 

逆に言うと、まったく違う形のリビングがあると言う事は、

家の中で”場面”が切り替わり、

日常でありながら、非日常でもあり、

なかなか面白いと思います。

 

現在ホームページにある 大宮R のページの写真は

完成から半年後のもの。。

7年経って、いくらか入れ換わった物や増えた物がありますが

基本的にそれほど変わりがなくて 驚きです。

 

聞けば、普段から家の中は写真のような状態だそうで

それもまた、ご夫婦にとっては ”心地いい”状態なのだと思います。

 

**

 

写真を撮りましたので、近いうちにまとめたいと思います。

 

 


家を大規模にリフォームするって一体どんな事ができるの?

そんな疑問にお答えします。

実際に大規模リフォームした家の工事内容をすべて公開!

 

『戸建て木造住宅リフォームについての解説』 

プレゼント(無料)

 
は、こちらから ↓
 


 あなたは ”住みやすい” 家 を求めていますか?

どうしたら 住みやすい家 になるでしょう?

きっと、いろいろ調べたり、モデルルームに行ったり と勉強されている事と思います。

それでも、あなたの考える”住みやすい家”が見えてこないとしたら

きっと、一般的な家づくりでは解決できないのかもしれません。

 

私の施主のみなさんは皆 「住みやすい家になった」

と言われます。

あなたのお悩み、実現したい事・・・

解決の第一歩を見つけられるかもしれません。

 

よかったら、家の話をしませんか?

    ↓ ↓ ↓ ↓

家づくりのメール相談(無料)

http://s-coco.net/052contact_2.html

 


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加