Blogホームぴよちゃん

アンドロイドアプリ「v3栄養計算homepiyo」
しゃべってレシピが簡単入力(Google音声入力)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

v3栄養計算homepiyoに日本食品標準成分表2015年版(七訂)の追補 2016 年を追加しました

2016-12-28 14:42:45 | android
今朝、一週間ぶりに日本食品標準成分表のサイトを開くとエクセル版があったので、

v3栄養計算homepiyoに日本食品標準成分表2015年版(七訂)の追補2016年を追加しました。


[ナイアシン当量]が増えていたので、[ナイアシン当量]と[版]の項目を増やしました。

[版]は「七訂2015年」「追補2016年」を入力しています。

個人の成分表の項目名に[版]を追加すると表示されます。



v3栄養計算homepiyoの仕様では重複のときは一番最初のデータが出力されます。

なので、「追補2016年」のデータは最初に書き込んでいます。

今回の標準成分表の移動は、項目数に変更があったので、2015年データと2016年をエクセルで編集しました。

項目数が変更なければ、追補分のデータを先頭部分に追加するだけでOKです。


索引表の方は追補分のデータを先頭部分に追加しました。



v3栄養計算homepiyoの更新だけでは_st_seibun.csvと_st_sakuin.txtは前のままです。

ファイルを削除して、v3栄養計算homepiyoを起動させるか、

別のフォルダを作成して、フォルダの設定をするかしてください。

新規のインストールでは、最初から追補2016年となります。



更新時の方法(成分表を修正をしている場合は修正データは消えるので別の方法でしてください)

計算画面の「files」で_st_seibun.csv(_st_sakuin.txt _seibun_all)を選びます。

「削除」でファイルが削除されます。

ファイルを削除したら、v3栄養計算homepiyoを終了します。

v3栄養計算homepiyoを起動したら、「追補2016年」対応のファイルが作成されます。









ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「日本食品標準成分表201... | トップ | 追補2016年には索引番号... »

コメントを投稿

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。