Home Bound こんな気持ちのママ

過去にこだわったり
まだ来ぬ未来に期待したりしない
ただ、この一瞬を積み重ねて
今日という日を精一杯生きて行きたい

開通前の高速道路をフリーウォーキング♪

2017年04月23日 23時07分33秒 | ファミリー
今日はお出かけ日和でしたね!
我が家は近場で開催されたイベントに参加して来ました

他府県の方はご存知ないかもですが…
【EXCO西日本管内の建設中の新名神高速道路のうち、
城陽JCT~八幡京田辺JCTは平成29年4月30日開通予定です】

私の生活圏なので、高速道路の工事をずっと眺めていました。
で!開通前に高速道路を歩こうという新聞記事を見つけ
往復ハガキで応募しました。
八幡市、京田辺市、城陽市の沿線自治体が主催です。

好天に恵まれて大勢の参加者で賑やかでしたよ〜〜

家族連れ、ウォーキング好きの仲間同士、写真愛好家
夫婦で参加した私たちも、何人か知り合いに会いました

京田辺市長もスーツ姿で歩いてらっしゃいました🚶

まだ、センターラインが引かれていない道路は貴重画像です

真新しいアスファルトの上に足跡を残せて良い思い出になりました(^ ^)

フリーウォーキングの往復、約6キロを歩きましたので
かなりの運動量でした

やはり日常的に30分くらいはウォーキングしなくちゃネ!

「開通前の高速道路」と言えば…
もう、随分昔の話題になりますが
2003年7月に公開された
『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』
レインボーブリッジを封鎖するシーンは、
実際のレインボーブリッジでの撮影使用・貸切不可であったため、
当時工事中で供用前だった京都府の京滋バイパス久御山ジャンクションで行われた。

撮影許可を得るため、当時の日本道路公団に話を持ちかけたところ、
関西支社の担当責任者の一人が『踊る大捜査線』の大ファンであったことも作用し、
撮影場所の工事を前倒しで行うなどの対応がとられ、
異例の「供用前の自動車専用道路」を借り切ってのロケが可能となった。

というエピソードがウィキペディアに載ってました。

さらに遡ると
「明石海峡大橋」が開通したのは
1998(平成10)年の4月。
兵庫県民の義兄家族が開通前のフリーウォーキングに参加した時
はぐれた義姉と携帯が繋がらなくて 、一緒に歩けなかったとか
今となっては懐かしいアクシデントだと笑ってました

都市計画が時代と共に進み、私たちが高齢者と呼ばれるころには
隣町に新しく新幹線の駅が出来るとか

未来は明るいって信じたいですよね!

1年前のワタシも「必ず健康を取り戻して、また家族と過ごしたい」
って信じていたと思います╰(*´︶`*)╯♡
2016年4月23日の日記
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 日帰りバスツアー | トップ | 春の風物詩 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。