HOME BASE BLOG

ベース君が感じたままに高知の不動産物件を随時御紹介してまいります。

住宅ローンについて

2011年09月27日 14時58分05秒 | Weblog
昨今 不動産購入にあたり「住宅ローン」を使われるのは、80%以上の方々はそうではないでしょうか。

今は金利が以前にもまして低くなっています。

実際 ボクも家を購入するに「住宅ローン」はもちろん使っています。

ボクの場合は「住宅金融公庫」から銀行の「住宅ローン」に借り換えしました。



さて、ここで「住宅ローン」を申し込むにあたりアドバイス



・・・・・・・・・・アドバイスとはおこがましいですので ポイントでしょうか



①基本的にはやはり2割ほどの自己資金が望ましいですが、諸費用分も併せて全額借入ができる場合があります。

②お仕事の勤続年数は、高知での(県外の会社でもいいですが、高知にある会社での)1年以上が基本になります。(3か月以上で審査可能な銀行も
 ありますが、3ヵ月になると全額借入は難しい可能性があります)
 この勤続1年が非常に大事になって来ますので、極端な話「転職」していたら 転職後1年です。
 また自営業者様(国保)の場合は自営になってから3年経過していなければ まず住宅ローンのテーブルに乗るのが難しいのでご確認くださいませ。

③借り入れは「パート」にてのお勤めの方でも大丈夫ですが、「所得証明」が出せなければなりません(源泉徴収票が年末に出ていれば大丈夫)

④他の借入、得に車のローンは少ない方がいいですので、車を買い替えてから家を買うではなく、家を買ってから車を買い替える方が望ましいです。

⑤最近は買い物や食事をカードで支払うことができますが、このカードも要注意です。

⑥10年以内に「自己破産」をされている方は、今現在いくら給料体系が良くても 難しいです。



上記のような事柄がポイントとなりますが、更に詳しくは最寄りの銀行、ないし今お世話になっている不動産業者さんにお尋ねください。


もちろんホームベースに聞いてくださっても構いません。




現在の各銀行は「住宅ローン」に対して、かなりの金利優遇をしていますが、各銀行によって借りられる必要条件も異なって来ますので

○○銀行は ダメでも △△銀行は大丈夫 という場合もありますので、あきらめないでくださいね



ただ 上記に挙げた項目はどの銀行も重要視しますので覚えておいてくださいネ。


また どの銀行も「事前審査」制度がありますので、「自分は借りれるのか 借りれないのか」という事は分かるシステムがあります。




更に 銀行が一番嫌がるのが



「滞納」です。



これは日々の生活の中で 最重要です



分かりやすく言うと通帳にお金を入れ忘れていて(忙しかったりとか)1日遅れた・・・・・・・・・これが非常にマズイです。



これだけは 気を付けてください。(最近よく勘違いされているのが電話代と一緒にの携帯電話の分割払いです。これもローンです)



その次が 街中にある気軽に入れて気軽に借りれる「キャッシング」です。



これは絶対 ダメですよ




いくら「1週間後には給料が入るから その時すぐ返すから」でも、ダメです。









こういう事柄も 不動産購入前には考えておいてください



今現在 上記のようなことで不安に思われたら、まずはお世話になっている不動産業者さんに相談してみましょう。







ただし 大まかな事ですので、「絶対ダメ」という事ではありません。要注意という事です。






それともう一つ

銀行が貸してくれるという事は 誠にもって素晴らしい事なのですが

不動産購入に当たりは、絶対的に「手付金」は必要になりますので、自己資金0円で購入できるとしても、この「手付金」は0円では難しいです。

これは、売主様に対しての最低限度のマナー(必要なお金)になります。











ズラズラ~~っと 書いてみましたが、「不動産購入」とは一番高い買い物ですのでポイントとして覚えておいていただければ幸いです。




こういう事や物件の事、等お気軽にお問い合わせいただければ、お応えさせていただきますので

ホームベースを今後もよろしくお願い申し上げます。










今日もありがとうございます。皆様の「ひと押し」がエネルギーとなります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不動産の秋 | トップ | 鮎で晩酌 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む