ホームページ作成ピアノ教室

ホームページ作成ピアノ教室

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ホームページ作成ピアノ教室 BlackBerryのシステム障害でiPhoneに傾くヨーロッパ市場

2011-11-06 00:56:31 | ホームページ作成ピアノ教室
私が米国を初めて訪れたとき、BlackBerryが広く普及しているのに驚かされたものだ。ほとんどのビジネスユーザーは、カナダのResearch In Motion(RIM)のBlackBerry端末、あるいは当時発売されたばかりの初代iPhoneを使っていた。そのころ、ヨーロッパではBlackBerryをあまり見掛けることはなかった。最もよく見掛けたのがフィンランドのNokia製の端末、そして米国の場合と同様、とてもトレンディーな初代iPhoneだった。

※関連記事:iPhoneはBlackBerryの代わりになり得るか?
→http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/0708/20/news02.html

 それから数年後、Nokia製端末を取り巻く状況はもちろん変化したが、BlackBerryはいまだに北米ほどの市場シェアを獲得するに至っていない。RIMのプラットフォームは技術マニア向けの製品で、使いこなすには高度な技術知識が必要だと考えられているからだ。そういった状況にもかかわらず、このスマートフォンを使っているユーザーのほとんどが、同ブランドに高い忠誠心を抱き、他の機種を試そうともしないくらい満足している。

●BlackBerryの落日

 だがそれはつい最近までの話だ。現在は状況が違う。RIMはわずか3日間で、ヨーロッパ(および極東やアフリカなどの地域)のユーザーが、BlackBerryからiPhoneあるいはGoogleのAndroidやMicrosoftのWindows Phone搭載スマートフォンに乗り換えることを真剣に検討するという状況を招いてしまったのだ。

 BlackBerryユーザー以外の人々にも既に知れ渡っているその理由とは、ヨーロッパ全域ならびに世界の多くの地域で同端末が3日間にわたって使えなくなったことだ(編注)。

編注:2011年10月10日にヨーロッパ、中東、インド、アフリカで障害が発生し、同12日にカナダ、中南米、米国に波及。13日に全地域での通信が回復した。RIMはアプリケーションの無償提供やテクニカルサポート1カ月無料などの補填策を発表している。

 しかも、ユーザーが同端末を購入した最大の目的である電子メールの送受信ができなくなったのだ。Webブラウジング、BBM(BlackBerry Messenger)、Facebook、Twitter、Foursquareといったサービスも利用できなくなった。ロンドン近郊にあるRIMのオペレーションセンターで大規模なシステム障害が発生し、そういった事態に備えたバックアップ対策も機能しなかったのが原因だ。パニックに陥った同社は3日間にわたってシステムを復旧することができず、危機管理広報も後手後手に回った結果、ただでさえ厳しいヨーロッパ市場での事業崩壊という事態に突き進み始めた。

※関連記事:リスク管理に取り組む企業がツール選択でつまずくポイント
→http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1104/27/news02.html

 この障害はRIMにとって自殺行為ともいえる重大な過失だ。ライバルに対する最大の優位性、すなわちユーザーからの絶大な信頼を3日で失ってしまったのだ。2011年10月初めの時点までは、Apple、Google、Microsoftは、BlackBerryが享受しているような忠誠心をiPhone、Android、Mango(Windows Phoneのコードネーム)のユーザーに抱いてもらうのは夢のまた夢だと考えていた。

 BlackBerryを試した人の大多数は、ユーザーインタフェースが使いにくく、どちらかと言えば技術マニア向けのプラットフォームだという印象を抱きながらも、移動中に電子メールを扱う機能の洗練度の高さにすぐに夢中になった。はっきり言って、BlackBerryほど簡単に、かつ気持ちよく電子メールを送受信できるスマートフォンは存在しない。

 それには多くの理由がある。まず、BlackBerryが素晴らしい物理キーボードを備えていることがある。加えて、ヨーロッパのキャリアは他のスマートフォンでは用意されていない好条件の定額データプランを提供している。また魅力的なローミング対応データプランをBlackBerryユーザーに提供しているキャリアも多い。これは多くの国と多数のキャリアがひしめくヨーロッパでは重要アドバンテージだ。

 しかし最大の理由は、真のプッシュ型電子メールをBlackBerryユーザーに提供するソフトウェアシステムが用意されていることだ。こういったシステムは他のプラットフォームには存在しない。

 確かに、iOS、Android、Windows Phoneの電子メールシステムも年々改良されているが、忠誠心が極めて高いBlackBerryユーザーはこれらのシステムを試そうとせず、またその必要もないと考えてきた。しかし先日の障害で彼らは他社のプラットフォームを試さざるを得なくなった。そして大量のユーザーがそのまま乗り換えてしまうだろうというのは、ノストラダムスでなくとも予言できることだ。

●BlackBerryへの逆風はiPhoneへの追い風

 今回の出来事は、RIMにとって最悪のタイミングで起きた。一方、Appleにとっては最高のタイミングだった。iPhone 4Sが発売されたのは、RIMのシステムが最終的に復旧した翌日のことだ。そしてスティーブ・ジョブズ氏の死去はiPhoneに対するメディアの関心を一段と喚起し、他のモバイルインターネット端末を検討せざるを得なくなった怒れるBlackBerryユーザーの頭に最初に浮かぶ製品がiPhoneという状況を生み出した。

※関連記事:Appleの「iPhone 5」、初回生産台数は3億台?
→http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1108/12/news02.html

 最近では、Appleがやることは何でも称賛され、これまでApple製品を一度も使ったことがない人までが同社製品を購入することで同社の共同創業者であるジョブズ氏に対する敬意を表することがトレンドになっている。このため、BlackBerryから大量流出するユーザーのほとんどが最新のiPhoneに向かうことになりそうだ。

 今回の障害は、BlackBerryのオーナーのみならず、キャリアも激怒させた。キャリアには何の関係もないことなのに、BlackBerryがただの携帯電話と化してしまったことに対してユーザーから責任を問われているからだ。この障害でキャリア各社が経済的損失を被るのは間違いない。BlackBerryユーザーが3日間にわたってデータトラフィックを発生させなかったからだけでなく、サービス障害に対してキャリアが何らかの補償を行わなければならないからだ。既にBlackBerryユーザーへの10月分の請求金額を減額することを発表したキャリアもあり、彼らがRIMに損害賠償請求の訴訟を起こすことも十分に予想される。

 RIMが市場シェア(特にヨーロッパ市場)と収入が減少する数少ないスマートフォンメーカーの1社であるという状況の中、同社全体の基盤となるシステムで起きたこのような機能障害は、BlackBerryにとって致命的な災害となる可能性がある

ホームページ作成株式会社杉山システム

ホームページ作成税理士事務所

ホームページ作成内装工事

ホームページ作成健康食品

ンホームページ作成ヘアサロ

ホームページ作成料理教室

ホームページ作成ジュエリーショップ

ホームページ作成ランジェリーショップ

ホームページ作成フラワーショップ

ホームページ作フラワーアレンジメント

ホームページ作成アロマテラピー

ホームページ作成英会話
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホームページ作成ピアノ教室 【Zurich】スイスフラン高騰、どこまで続く?

2011-10-18 14:32:18 | ホームページ作成ピアノ教室
輸出業者は解雇危機、観光業にも大打撃

 ここしばらく、スイスフランが高騰し続けたまま、なかなか下がらない。特にユーロとUSドルに対してのその傾向が著しいが、それは主にヨーロッパ(ユーロ圏)の債務危機やアメリカの不況不安を背景に、スイスフランが「避難場所的な安全な通貨」として、その実体よりも高く評価されている(=投資家による積極的なスイスフラン買いをする)ことによる。一国の通貨の価値は、本来ならばその国の経済競争力や成長を促す経済政策、健全な公的財政などによって決まるべきものだが、現在のスイスフランは、実体を超えた高値になっており、それによる深刻な影響や将来の不安が人々の大きな関心になっている。

もっとも深刻な問題は、輸出業が受ける打撃だ。スイスの高すぎる人件費は輸出業者にとっては競争力の低下に直結する。これを免れるためには、販売価格を上げるか、利益率を限りなく下げる、あるいは労働をスイス外で供給する道をとるしかない。これまでのところ、大半の企業は、販売価格を据え置いたまま(ということは、利益はゼロに近い、あるいはマイナスになる)、なんとか耐え忍んでいる状況だが、スイスフラン高が長く続けば、受けるダメージは相当なものになるし、体力のない中小企業の多くが生存の危機に見舞われることは必至だ。事実、輸出業者輸出業者の22パーセントが、このフラン高に「深刻な脅威」を抱いていると答えており(economiesuisse調査)、2万5000人が解雇の危機にさらされているという(NZZ紙)。

 悲鳴を上げているのは輸出業者だけではない。スイスの主要産業のひとつである観光業にとっては、国内のホテル、飲食、交通手段すべてがユーロやドル換算するとどんどん値上がりしているわけで、これでは外国客が激減(「スイスは旅行先に選ぶには高すぎる!」)するのも無理はない。さらには金融業界も、他の金融都市(ロンドン、フランクフルト、ニューヨーク)に比べスイス国内の労働力(人件費)があまりにも高くつくことによる痛手が相当大きくなっている。プライベートバンクに関していえば、クライアントのボートフォリオの多くはユーロかドル建てであるため、スイスフラン換算による手数料収入が激減、けれどバンカーたちの高額な給料はスイスフラン払いというアンバランスに直面していることになる。

スイスフラン高騰の影で利益を得ているのは誰なのか

 スイスの流通業界にとっても、このフラン高は辛いところだ。というのも、ドイツやフランスなどの隣国との「あまりのプライスの差」にうんざりした消費者が、続々と国境を越えて買い物に行く傾向を高めているから。スイス消費者協会が発表した「150品目の国内外物価比較」によれば、平均して国内物価は隣国にくらべ90%も割高になっているという。たとえばスイス人が大好きな仔牛肉は、国境を越えたフランスでは29ユーロ(現在のレートでは約34フラン)なのに、国内ではなんと75フラン。車で数十分から1時間程度でフランスやドイツにまで買い物に行けるのであれば、当然、そちらを選ぶ消費者が増えてくるのは無理もないし、ファッションに関しても、今シーズンは国内では買わずにおいて、旅行や出張でイタリアやフランスに行ったときにまとめ買いしようと考えるスイス人が増えてきている。

 消費者にとっては、メイドインスイスの商品が「高い」のはまだわかるとして、輸入品の値段がなかなか下がらないことも苛立ちと怒りの理由になっている。8月あたりから、いくつかの消費者団体が「不当に値下がりしない商品」について、声を上げるようになったし、消費者のスイス離れは、日用品や衣料品にとどまらず、車や不動産などの大きな買い物にまでその影響が目に見えて現れるようになってきた。筆者の知人も先頃、イギリスまで車(レンジローバー)を買いに行った(!)が、渡航費用その他を差し引いたとしても、ほぼ3万スイスフラン(320万円)ほどの節約になったという。もともとドイツ車が好きなスイス人だが、ドイツで車を買う消費者もどんどん増え続けており、これに対抗するためにスイス国内のドイツ車代理店は、定価の10%ほどのオプションを「無料でサービスする」などを提案したりしているが、その程度では消費者のスイス離れはなかなか止まらないというのが現実のようだ。

 大型スーパーチェーンのCOOPは、消費者のこうした不満に答える形で、先頃、大型多国籍企業のいくつかの商品をボイコットする決断を発表。そのうちの一つ、プロクター&ギャンブル社との交渉決裂について、COOPは「スイス消費者の高い購買力につけ込む同企業は、フラン高格差を商品プライスに正当に反映することを拒否した。よって、同企業の商品の一部をボイコットすることで抗議の意を示すことにした」と発表。とはいえ、パンパースの紙オムツ(プロクター&ギャンブル社)などの「ベーシックなアイテム」は、値段が下がらないにもかかわらず、そのまま売り場に並んでいることなどから、スイスフラン高騰の影で利益を得ているのは、それでは一体誰なのかというのが、このところスイス消費者の大きな関心になっている。

金融大国スイスが今後どうするのかに注目

 さて、連邦政府にとって、スイスフラン高のもたらすこうした一連の悪影響のうち、もっとも大きな懸念は、やはり輸出業のダメージと、それによる国全体の景気の後退。なにしろ国産製品の50%以上が輸出向けという国である。手をこまねいてみているわけにはいかない。

 政府はまず、輸出産業救済策を打ち立てることを発案したが、「誰をどのように助けるか」についてのコンセンサスがなかなか立てられず、まだペンディングの状態。また救済に用いる額が小さすぎて(7億フラン)これではたいしたことはできないという見方も強い。スイス中央銀行は2010年にすでにスイスフラン買いという市場介入でフランとユーロの為替を1.4どまり(※1ユーロ=1.4スイスフラン、以下同)にすることを試みたがあえなく失敗(市場の力が強すぎて対抗できず)。8月にとうとうユーロが1.01にまで下がった段階でさすがに焦り、「状況の如何に関わらず、1.2を維持する」決意を発表。これを受けて、フランは1日で一気に1.1から1.2に高騰。現在もとりあえずこのレベルは維持されているし、紙幣を印刷することは無限にできるので、理論上はこの状態がしばらく続きそうではある。

 だが、それにしてもスイスが「以前にも増して高い国」になっていることは間違いない。スイスに多くある国際企業の職員や、多くの私企業の社員が、「スイス在住にもかかわらず、給料をユーロやドル建てで支払われている」ことで「もう暮らして行けない」と悲鳴をあげているのは、そのほんの一例にすぎない。リーマンショック後、世界中が不況や金融危機にあえいでいたとき、スイスは一人、涼しい顔をしていたが、今度ばかりは「うちだけ安泰」ともいっていられない。折しも行員の不正取り引きによるUBS銀行の損失が23億ドルを上回ると発表されたばかり。老獪な金融大国スイスが、今回のスイスフラン高をどう乗り切るかに世界の(そして国内の)注目が集まっている。

(文/長坂 道子)

ホームページ作成株式会社杉山システム
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ピアノ教室ホームページ作成 袋で「アニメイトガールズフェスティバル」-今年は会場規模2倍に /東京

2011-10-11 13:26:24 | ピアノ教室ホームページ作成
池袋サンシャインシティ(豊島区東池袋3)で9月23日・24日、「アニメイトガールズフェスティバル2011(AGF2011)」が開催される。(池袋経済新聞)

 乙女ゲームやBL書籍、ホビー、コスプレなど、女性オタク層をターゲットにした「乙女の聖地」池袋ならではの同イベント。昨年は延べ1万人以上の女性を動員したという。

 今年は会場の面積が倍になったことで参加企業も倍になり、さまざまなジャンルのブースが増える。人気声優や「イケメン俳優」を招いたステージやDJイベントを充実させるほか、時間をかけてイベントを見て回れるように休憩スペーズやカフェスペース「AGF Cafe」も設ける。

 物販ブースでは、「TIGER&BUNNY」「デュラララ!!」「夏目友人帳」「君と僕。」「SKET DANCE」「青の祓魔師」「夏目友人帳」「ヘタリア Axis Powers」「黒執事」などのアニメや漫画、ゲームやドラマCDなどのグッズ販売を行う。

 昨年に引き続きコスプレイベント「ACOSプレイヤーズフェスティバルin AGF」も開催。今年は乙女系/BL系に限らずオールジャンル推奨とした。コスプレ初心者のコスプレチャレンジ企画やプロカメラマンによる撮影サービスコーナーなど、さまざまな企画を用意する。

 開催時間は10時~17時(最終入場は16時30分)。入場料などの詳細はホームページで確認できる。

ホームページ作成株式会社杉山システム
コメント
この記事をはてなブックマークに追加