ホームページ作成健康食品

ホームページ作成健康食品

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ホームページ作成健康食品 iPhone向けGメールアプリ登場、直後に提供中止

2011-11-05 19:49:48 | ホームページ作成健康食品
ネット検索大手の米グーグルは2日、アップルのスマートフォン「iPhone」などの端末でグーグルの人気ウェブメールサービス「Gメール」を利用できるアプリの公開を発表した。ところがその直後に不具合が発覚し、提供中止する羽目になった。

Gメールアプリはアップルのスマートフォン「iPhone」と多機能端末「iPad」、音楽プレーヤー「iPod touch」向けに、アップルのアプリ配信サービスを通じて提供が開始された。新着メールが届くとプッシュ方式で通知され、音で知らせてくれる機能のほか、タッチ操作に対応した画面などを備えていた。

人気ブロガーのロバート・スコブル氏もアプリ登場を歓迎、グーグルの交流サービスを通じて「iPhoneのGメールアプリを入手しよう」と呼びかけたが、その数分後、「更新:Gメールアプリはひどい代物だ。取り込む価値はない。ひどくがっかりした」と書き込んだ。

グーグルも問題に気付いたとみられ、公開から間もなく同アプリの提供を中止。短文投稿サイトのツイッターで「本日公開したiOS向けアプリは通知機能に不具合があった」「問題を解決するためにアプリの提供を中止した。混乱させて申し訳ない」と謝罪した。後にブログに掲載された説明によれば、通知機能の不具合が原因で、アプリを最初に開いた時点でエラーが表示される問題が発覚したという。

ブログでは「新しいバージョンをすぐに公開する」としているが、2日午後の時点でグーグルは、問題を解決したアプリをいつ公開するのか明らかにしていない。

ホームページ作成株式会社杉山システム

ホームページ作成アウトドア

ホームページ作成家具

ホームページ作成輸入家具

ホームページ作成リサイクルショップ

ホームページ作成システムキッチン

ホームページ作成コンタクトレンズ

ホームページ作成リフォーム

ホームページ作成インド料理

ホームページ作成タイ料理

ホームページ作成ベトナム料理
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホームページ作成健康食品 「かながわ市民オンブズマン」広報誌、節目の100号きょう28日発行/神奈川

2011-10-17 15:15:16 | ホームページ作成健康食品
県内自治体や地方議会の調査、監視活動を続ける市民団体「かながわ市民オンブズマン」(代表幹事・大川隆司弁護士ら)は28日、広報誌の100号を発行する。県内自治体の公金の使い道に鋭く切り込み、住民監査請求を分かりやすく解説するなど、行政に関心を持つ市民から高い評価を得ている。節目となる記念号では、これまでの活動の振り返りなどが載せられ、バックナンバーと同様にホームページ(HP)でも公開する。

 同オンブズマンは1997年3月に設立。地方議員の海外視察費など公金の使途チェックのほか、県内自治体を対象にアンケートを実施。公共施設の使いやすさ調査(2002~03年)や、陳情・請願に対する議会の対応(07年)などで県内格差を明らかにし、行政側に是正を要望してきた。

 広報誌は1997年4月から発行。アンケートの結果を掲載し、オンブズマンが起こした住民訴訟や住民監査請求の内容も解説している。現在までの約10年間は、隔月で約300冊を主に会員向けに配布するほか、市民向けには同じ内容をHPで掲載している。

 100号は記念号としてカラー刷り。特集記事では、住民監査請求を受理し、内容を調べる横浜市の監査委員経験者から話を聞き、委員から見たオンブズマン活動の意義を紹介。オンブズマンの創立メンバーによるこれまでの取り組みに関する感想なども掲載されている。

 2003年から広報誌の編集を担当する小沢弘子弁護士は「行政のチェック活動をしたいがやり方が分からない市民からは『広報誌の内容が解決の糸口になった』という話も聞く。県内外のオンブズマン活動の参考になるよう、今後もよい紙面を作りたい」と話している。

 広報誌はHPで10月中に掲載される。HPはhttp://homepage2.nifty.com/kana-ombuds/

ホームページ作成株式会社杉山システム
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

健康食品ホームページ作成 【CEDEC 2011】日本独自の文化要因をテクノロジーで再提示

2011-10-08 12:07:48 | 健康食品ホームページ作成
「クロスボーダー」をメインテーマに掲げた今年のCEDEC。3日目の基調講演をつとめたのは、「ウルトラテクノロジスト集団」を自称するチームラボ代表・猪子寿之氏です。猪子氏は「情報化社会、インターネット、デジタルアート、日本文化」と題した講演で、独自の視点による日本文化の掘り下げを行いました。
チームラボは東京大学発のベンチャー企業で、1998年にスタート。猪子氏も1977年生まれで、小学1年生の時にファミコンが発売された「ファミッ子」世代です。一日目、二日目の基調講演はゲーム業界の「先輩」からの提言でしたが、本講演はファミコン文化で育った「若い世代」による、業界外からの提言となりました。

■マリオとお茶のクロスオーバー
ウィキペディアによると、同社はホームページの制作受注からスタートし、現在ではウェブのプロデュースや、システムインテグレーションなどを中核事業としています。その一方でウェブテクノロジーの研究開発やメディアアート的な活動も行っており、企業をユニークなものにしています。

猪子氏ははじめに「【吉例】新春特別講演「龍と牡丹」ー剣舞/影絵ー」「インタラクティブハンガー」という二つのインスタレーションを紹介しました。前者は役者とデジタルの影が舞台で斬り合うもので、後者は洋服がかかったハンガーを手に取ると、商品をコーディネートした画像がモニタに表示されるというものです。

これらは共に「行為」への注目という点がキーワードとなっています。ストーリーや商品ではなく、剣劇アクションや商品選択という「行為」自体をデジタル技術で味付けし、提示しているのです。そこには、これまで「付加価値」と見なされていたものが、価値の本質となる逆転現象が見られます。

猪子氏はこうした視点を「マリオから思って、お茶で確信し、それを発展させた考え方」だとまとめました。『スーパーマリオブラザーズ』はピーチ姫を助けることよりも、アクション自体の楽しさが本質的な価値となっています。日本の茶の湯も、お茶を美味しく入れるのではなく、所作自体が本質的な価値を持っています。

ここから猪子氏は、「本来の具体的な目的は失われており、行為を消費することを楽しんでいる。日本にはそういう文化がある」と分析。さらに「かつて主役だったプロダクトや空間は、今やネットワークに接続するためのインターフェースでしかない」と続けます。巨大なインターフェースの固まりであるゲームは、まさにその最先端でしょう。

ホームページ作成株式会社杉山システム
コメント
この記事をはてなブックマークに追加