音楽広場

普通の暮らし

シンセサイザー

2016-12-13 20:17:17 | 音楽系
大学4年生の夏休み 大学で『教員採用試験対策 夏季集中講座』を受講しようと
でかけていったのに いつの間にか まったく違う講座を受けてたんですよね~~

それが『シンセサイザー講習会』でした。今でもテキスト残っています。

母校の音大は 作曲科や音響学等にも強力な先生がおられて 
大学に 立派なシンセサイザーがありました。たぶんローランドのスタジオ・タイプ
各モジュールをパッチコードで接続するタイプだったと思います。

箱型のシンセです。
VCO(電圧制御発信機)
4種類の波形を発生し、外部電圧によって周波数を変化させる装置
VCF(電圧制御フィルター)
入力信号のある周波数部分から通過させたり減衰させたりする装置
VCA(電圧制御増幅器)
入力信号の電圧を増幅させる装置
REV(残響付加装置)
PHASE(フェイズ・シフター)
E・G(エンベロープ発生器)
NOISE(雑音発生器)等々
いろんな 制御する箱に つないでいって 最終 それなりの音を作って行くのですよ

シンセサイザー講習会を受けたのは 初対面の10人ぐらい 作曲科の学生も多かったかも
最終日には みんなで協力して
『G線上のアリア』と『犬のおまわりさん』の多重録音に挑戦しました。
犬の声 パトカーの音なんかも再現したり ストリング や パーカッションやら
ノイズ音から 風の音まで 様々な音作りに挑戦したもんです。

オシロスコープで音の波形を確認して 音を目で見なが作るんです~

そんなこんなで~~教員採用試験は惨憺たる結果だったけど
実り多い 楽しい楽しい 大学4年の夏を過ごしたのでした(*^^)v

楽器によって 音色が違いますが その音色を再現するときは
どんな周波数が含まれるか どんな立ち上がり方をするか 
どんな減衰をするか 雑音成分がどこで際立つか って 分析するんですよ

大変な作業でしたね~~しみじみ~~青春の一ページヽ(^o^)丿

その後 メンバーが盛り上がってシンセサイザー同好会を立ち上げました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランスアコースティックピ... | トップ | シンセサイザー2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

音楽系」カテゴリの最新記事