horsepower of holy cow boyホーリィキャウボーイのバリキ

国際宅配便・貿易、並びに私の趣味等について気楽に、意見表明をしていきます。

holycowboy2099の意見表明並びにご連絡

危険な輸入品2008年三月29日

2008年03月29日 | Weblog
 大雑把に二点程

1.イタリアンチーズ

 モッツァレラですが、ダイオキシンがEU基準を超える量が検出されたので、日本も安全性が確認されるまでは、禁輸になってしまいそうです。
 伊太利料理って、自分自身でも簡単に調理が行えるから国産の農作物を用いて調理されてもよろしいかもしれませんね。 シーフードトマトパスタがお勧め。 茹でたパスタに、魚介類をまぜていためて、そこに仕上げでトマトをいれて火を通してから塩・コショウで味を整えると簡単でおいしいパスタの出来上がりです。 概要だけだが、詳細は秘す。
 いずれは、なんとかなると思います。 良かったのは、きちんと回収の決断をした点です。
ひょっとして、猛烈に仲が悪いといわれている北部と南部の分割の機会になったりして?
 実は、過去に伊太利人にあった時に、色々と質問した所、南部を嫌がっている北部の人でした。 難しい問題ですね。

2.中国製のレーザーポインターやおもちゃの拳銃が基準を超えた強い光で目を傷つける恐れが…

 経済産業省の指導で、回収されて良かった。まだ、日本がそれなりの監視体制が整っている証明でもあります。
 環境破壊と無秩序大国と言われているチャイナだったらそのままだったりするかもしれない。 まぁ、実行は難しいがチャイナフリーの生活を選択されるのも悪くはありません。
10億人国家だから、多種多様な側面が存在しているのも、真実なんです。

本日は、一応、これで終えておきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Jさんから事実上の値引きのお知らせが届いたが…

2008年03月29日 | Weblog
 SHHH

 e-メールで頻繁に届けられる、広告のメール。 中には、悪く無い内容もあったりもするがなぁ~
 
 『値引きしていない正価の商品を$175.00以上、御購入された場合、20%引きにします。 明日が最終日です。 コードは、これです。(*0)』といったような提案が昨日、送信されました。 従って、今日中です。

 最近では、自社商品だけでは無くて、一般的な商品の販売(代理店?)もしている、Jさん。
靴だけは例外扱いしている、アパレル商品小売り業者は増加してきました。Eさんもそうなったしなぁ。
Jさんの場合、某正反対(*1)や某赤翼の靴や、神髄とも言われているレザーデッキシューズの元祖も販売していたりします。 (良く分からなかったりした場合には、英訳してみてください) ジョークは別としても、仮に、某赤翼の靴を買うとして、日本での販売価格と比較してみて、安値か高値を計算したら、『微妙』というのが結論だったりする。
 US$198.00X0.8=$158.40 (20%引きされた商品価格)
 US$158.40+US$40=198.40 (配送料がUS$40。 40セントであれば、事実上、送料無料状態ですね。)
 ぶっきらぼうだが、$198.40を¥20000と仮定する。 それに、課税されます。
恐らくは、関税と消費税を合算した金額は、¥5000~¥6000が予想されます。
 日本国内では、某赤翼の靴は、¥25000も支払えば買えるそうですが、何か? メーカーは同じだが類似品であれば、税込\26,880のようです。メーカーが同じであっても多少の規格というか商品の差異は存在しているので、一概に是非を決められないか…
 一応、通販限定の商品(この場合は、小売り業者はJさん限定)らしいがなぁ。
 私の場合は、違う靴メーカーだが、類似品の某チペ輪を所有していますが、何か?
 結論は、送料と小売店に行く交通費との戦いが激化しているという状況を皆様に認識していただければ幸いです
 (*0)どこかにそのクーポンコードをさらしましたが、何か?
(*1)経営危機を迎えた後に、某日本の商社の傘下になりました。 
ブランドと投資ファンドと百貨店を始めとする小売り業者と商社の競争は激しくなるでしょうね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二桁

2008年03月27日 | Weblog
 近日中に事実上、ガソリン税が下がるのが濃厚なので濃厚な意見表明はやめて、気楽なお話でも意見表明します。
そういえば、知り合いの石油関連業の従業員さんも多忙だがメールがやってきたのは、課税率が下落するから胸の痛みが幾分は、和らいだからかな? 彼は、石油関連の商品を高値で販売せざるを得ないばかりか不便な生活を強いている事態に、胸が痛んでいたそうです。

 昨今、話題のフランス映画を見ていて気付いた方々も多いだろうけども、フランスでは、電話番語の表記の仕方が基本的には二十進法の影響から二桁ずつです。  
日本の場合だと、雑居ビルの窓に張られている空手道場等の電話番号が遠くからでも分かるように、二桁ずつ大きめで表記されていました。 これに限っては、合理的だなと思いました。 
驚いたのは、一部の(日本の)美容院の看板でもそれをしていたこと。 別にそんな事をしなくても良いが、雰囲気を重視する美容院らしいなとも思いました。 市外局番が二桁の町にお住いの方々であれば、違和感無く電話番号と連想するかもしれないけどもそうでない場合は、戸惑うかも? 一応、日本中、十桁になっているがね。

 %的に二桁ずづ値上がりしている商品は多いがいずれは下がる商品も出てくるのでしょうか?
少なくとも、暫定とは期間限定ですが、期間が過ぎ去っても同じ課税が行えると考えているばかりか、取らぬタヌキの皮算用をしていたというかアテにしていた市町村の窮状の報道については閉口ものです。
 例えば、商品を買う時に分割払いを決断したとする。 その商品の金額全ての支払いを終えると、その支払い期間は、終結する。 終結した後に、販売業者から過剰請求されたら、皆様どう思われますか? まぁ分割払いは三種類だけは、例外的で問題が少ない部類に入ります。それらは、教育費用と、一台の自動車と、住宅、以外はやめておいた方が無難です。
 所が、どこかの団体は過剰な負担を日本人に求めたがっているようです。 彼等が政権を再び奪取したら、日本人に対して二桁の増税といった復讐行為を企てているかも?

 二桁といえば、関東で着払いの配達のやり方が悪いといった不条理なクレームをつけた上で暴力事件を起こした水に流せない罪を犯した人は、死刑か二桁以上の年数、公共施設にいてもらいたい。 頭を蹴飛ばした人だから、逆に頭を蹴られる事につながるんです。 インフラ屋って、半ば独占事業だから、スグに傲慢になる。 下水は得に独占だからなぁ。 ガスとオール電化の競争は有名。 発電であれば、住宅の屋根に設置した太陽電池と原発との競争が起こりうる。 上水とミネラルウォーターとは競争にならないであろうけども、下水は、どうしようもない。 硫化水素が多い下水と同様に汚い心を持ったこの暴力犯罪者を、私は否定します。

 モノを作る人(中には信書も含む)。 箱詰めした人。 艱難辛苦を乗り越えて、仕分けして、それを運ぶ人。 それらの役割を担う労働者がいて、始めて物流が機能するので、侮辱してはいけません。 そういえば、『箱詰めした人』に問題があった事例がUSAとROC間で発生し、社会問題になりましたね。

 本日は、一応、これで終えておきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幾つか2008三月26日

2008年03月26日 | Weblog
 / 少なくとも、七日後以降のガソリン税 / 
 暫定とは一時的に取り決めなんですが、自X党は、それを否定しています。 これは、間違えています。 民X党が決断した訳では無いが、民X党が自X党が過去に決断した課税の見直しをしています。 ここにきて、日本人が民X党へ投票したことが活きてきています。
  
 皆様、多種多様な意見をお持ちでしょうね。
転換点を、迎えているのは確かな事です。思いは大きく別けて、高いガソリンに課税されている高いガソリン税に肯定的か否定的かです。
利点と欠点は、判明しています。  黒っぽいアスファルト販売業者は黒字かもしれませんが、赤字の道路は歓迎されません。
 ガソリン価格が、安値から高値に切り替わっても国民の大半はドライブ等の無駄な消費が行える見込は低いでしょう。 なぜならば、原油価格が為替(円高)を別にしても高騰しうるからです。
 一時的な高い課税を、自X党は継続に据え置こうとしています。 原油が値上がりしているが高い課税の継続。 
 二つ問題がある。
 第一に、一時的を継続への切り替えはおかしい。 朝令暮改の典型例だ。 
 第二に、時期を一旦決めた事については理解したとしよう。
だが価格が変動する原油だけに、昔と比較して金額的に高くなっているが、それに、対してさらに高い課税をしようとする。 
 国民主権を理解した上で政治を行っている政党は、どこなんでしょうか?
 今年のエイプリルフールで、「ガソリンに対する課税額は下がったが、結局、過去と比較してリッターあたり¥25ガソリンが値上がりした理由は、原油高の影響です。」といったジョークが流行しなければよいのだが…
 物事は忘れやすいから、記録が必要になってきます。 清き一票が、重くなってきています。 支持と不支持が混在している状況であっても、決断しないといけない場合がございます。 ガソリン税が一般財源化が計画されているということは、それだけ国が朝令暮改等も含めて無秩序になりかかっているのです。 国の借金の悪影響で、日本の自由と民主主義と繁栄は、崩壊しつつあるのでしょうか?
   / ¥相場 /
 人によっては、心を痛めるばかりか、日本の景気に大打撃を与えるドル安ですが、とりあえず、US$1を日本円に換算して¥100を超え始めているようです。 そうでないと日本経済は、辛い状況です。 日銀も誰が責任者か、はっきりしてませんしね。
 今回は、円高というよりも、ドル安です。 USAの問題が大きい。 金利も先般伝えた通りですので、この一件については、終えておきます。

 / リンゼイ・アン・ホーカーさんは、(指名手配されている)市橋達也容疑者によって、殺されました。 / 
 奴は、外国人が経営しているレストランのトイレの中の張り紙においても、指名手配されていました。
 『親しき仲にも礼儀あり』という諺がございます。
外国人であっても、日本に馴染める人とそうでない外国人が居られます。後者について、否定的な日本人もおられるでしょうが、日本では、外国人労働者の助けを必要とする職場が実際に存在するんです。日本人と日本在住の外国人は良い意味で共存共栄が必要になってきています。
 愛国心を踏まえた上で日本人は是正しないといけない部分はございます。 しかし、それは行われないかもしれない。気が短いし常識が無い人々が増加していますからね。
 法治国家とは何かを見直す機会になれば良いのにと改めて思います。 殺人だけは、規制緩和をしてほしくありません。

 /耐震強度偽装事件/
 皮肉混じりに、耐震強度偽装事件に関わった、複数の実行犯達は懲罰と表賞が実施されるのでは?と言われています。なぜならば、今回の一件以降、建設業界は厳しい目で見られる状況が形成されたからです。
これからは、頑丈な建物が一般化するかな? 
 輸入住宅に切り替わるかと思いましたが、そうでもないようです。 内装や原材料は、高騰していても輸入品でしょうけどもね。

/オマケ/

どこかの団体は、窃盗事件は起こすわ、一般人を事実上、殺害(死体が海から発見されていない)するわで大変です。 役割は何でしょうかね?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨日と本日、円高差益還元売り出しの実施について…

2008年03月23日 | Weblog
 昨日と本日、円高差益還元売り出しに実際に行った人や実際に何らかのアメリカ製の製品を小売店で御購入や販売をされた方々、お疲れ様です。

 ¥が正当な評価を受けて良かったというよりも、円高で苦しむ方々が多い状況です。
個人消費が低迷ぎみなので損失を出す恐れがあるが円高が話題になったので踏み切った大手小売業(二者)が居られました。 具体的には、イ○ンと、イ戸~ヨー角ーです。 他の小売り業者様も円高差益還元売り出しを決行されたかもしれませんね。
多少は、辛い決断だったんでしょうが、事実上の広告費用だったんでしょうね。 (一応、本日だから、継続中か?)
 
 多数の方々が意見表明されていますが、今回の円高差益還元売り出しについては、どちらかというと、利幅は薄いです。 
 得するのは、海外通販(オンラインリテーラー)ユーザー位でしょうね。 一部の消費者は、つい先頃、アウトレットサイトでそれなりの商品を買った後だったりするから、為替についても見てるだけかもしれませんけどもね。 

 再度、¥79がUS$1になった後に、二倍以上の円安(¥160がUS$1)になったりする為替の乱高下に見舞われると、日本経済はますます悪くなるでしょうね。

 中国製の商品を一切購入しない、チャイナフリー生活を目指す方々には辛い意見を伝えるようだが、元も過去と比較したら高くなってきている。だが、やはり安値で製品を製造出来る状態にはなっている。
中国製以外の輸入品を買う場合、高値の商品を買わざるをえない場合がほとんどで、今回の円高はドル安状態だから期待はしない方がよろしいです。
 大変、悲しいがプラザ合意以降、日本製は生産量を減らされたから減少傾向です。 一部ですが、良い商品も残っているので、もしも、可能であれば購入をお勧めしたいです。(強要は出来ませんからこの表現が精一杯です。)

 ~以下は、国際宅配便向けの情報です~ 
 これから、個人さんの貨物の輸入が大幅に増加するであろうなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幾つか、ブックマークの説明を追加しました

2008年03月21日 | Weblog
 単なる紹介ですので、購入するしないは、各自で御判断下さい。 私は一切、購入の強要はいたしません。 
 本音では、G8の部分は違う表現にしたかったが事実上、不可能なので、別の表現に差し換えておきます。

 金額的には高価だが、G8諸国で製造された靴に興味がある人が多いと思いますので、その辺を汲み取りました。 ブックマークの説明を、若干ですが追加しました。
 無論、先述しましたように、購入は自己責任です。 もしも、買われるならば、最近は、円高ですが、一旦、日本国内の販売価格と、関税・消費税・送料・商品価格を合算した金額のどちらが安価かを計算された上で発注される事をお勧めします。
 又、海外の規格で製造された靴は日本人にとっては幅が狭かったり甲が低い場合があるので、大きめ(長め)の靴をお勧めします。 
 
 a.ニューバランス
 new balance
 有名なニューバランスの英国製や、米国製の靴が販売されています。 金額的には諸外国の製品と比較して高価ですが、日本国内での人気は高いです。

 b.
cabelas
 カベラスでは、Made in The USAコーナー(ニューバランスも含めて、幾つか存在しています)があるし、Made in Germany(ドイツ製)の日本国内でも有名なMeindlも販売しています。
 検索する部分に、 Footwearないしは、Meindlと入力したら商品を閲覧が出来ます。前者のFootwearに限っては、それから、Made in The USA Footwearの部分をクリックしないといけません。
 
 c.
 J.CREW
 日本国内でも幾つか店舗展開をされておられますし、日本の店舗限定の商品も販売しています。
イタリア製のレザーサンダルの類似品(品質は同等)が、日本の大手靴小売り業者(某英微Cマート)とほとんど、変わらない(関税・消費税・送料・商品価格を合算した)金額で販売されていたりもします。 要は、御近所の靴屋で販売されている、イタリア製のレザーサンダルと、J.CREWのレザーサンダルの金額はほぼ同額なんです。
 日本の大手靴小売り業者が、イタリア製のレザーサンダルを¥12800で販売しています。
 J.CREWだと、商品の値段が、$58.00で送料が、$20.00で予想される関税と消費税が¥4500~五千円位です。 自宅からお店に行く迄の交通費が高いか否かが勝負の分かれ目でしょうか?
 商品の説明文をよく読まないとイタリア製か否かが分からなくなっていますが、一応イタリア製の革靴の販売はされておられます。
 実際に保有しているから、お伝え出来ますが、降雨の日は、革靴(紳士靴)は履かない方が良いです。 この部分は、周知の事実でしょうから、詳細は省きます。
 スニーカーでは無いので、レザーサンダルも、降雨の日に歩いていると、ふくらはぎ近辺が筋肉痛になりました。 従って、事実上、イタリア製レザーサンダルも同様に、(夏の暑い)晴れている日限定です。履いている感じは良いんですけどもね。 気に入って良く履いたから、ゴムとレザーの接合部分がはがれてきたので、木工ボンドと鉄アレイを使用し修理をしたのを昨日のように思い出します。 はがれてきた部分に木工ボンドを流し込み鉄アレイをのせてしばらく、待つと修理完了といった具合です。
 手間はかかるし問題点はあるが、気に入っていますし、お勧めします。 安易に廃棄処分するよりも、簡単な修理をされる事をお勧めします。

 オマケ
 昨日、何人かの外国人と会話をしました。 その中で、イタリアンから言われましたが、ユーロが高い。 だから、アパレル等はUSA経由でイタリア製の商品を購入したら安いと返答したら、複雑な顔をされておられました。 契約上で仕方なく、それなりの価格で販売しているかもしれません。 実際には、ドルベースでの製品価格の値上がりがありました。 実際に、ユーロ高で(近畿では)家賃が安くなったと欧州人は感じているそうです。
 ユーロ高で、欧州からの外国人観光客は増加傾向ですが、一方で労働条件が厳しい事もありますが外国人労働者は¥の乱高下で、日本での稼ぎがイマイチなのに、不満を抱いているようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1st day of spring day 2008

2008年03月20日 | Weblog
 春分の日は、1st day of spring day. と英訳されます。
 いきなりだが、民主党はがんばった。 彼等の活躍が無かったら、円高がさらに継続していたかもしれない。 かつて、スイスで施行されたマイナス金利は、事実上、反則だから無理だし、なんとかなったと思わないといけない。 もう一つ、事実上、ガソリン減税もどうなるかな? 
 米$1あたり、¥95台になりました。 日本の会社の決算に大きな悪影響を与えます。
 春分の日から、¥100を下回る円高の再来は望みません。

 本日は、でんでんタウンにてイベントが行われたので行ってきました。 中々、楽しかったです。 輸出屋も、円相場がどっちかというと、円安水準なので、一息ついてはいるでしょうね。
 為替はガタガタ動いて価値は変わるが、工場出荷価格(原価)というものは、ほとんど決まっている。 黒字になる、相場は決定しています。

 そういえば、為替と同じ位に不安定なのが、海外情勢。
 中南米や中近東でも小競り合いが発生しましたが(現在進行形かな?)、極め付けは、中国とインドの国境地帯。
 チベット人を虐待してはいけません。
 このまま、非常識事態が継続したら、本当に、北京オリンピックが環境破壊の観点と政治上から瓦解というか、開催されないかもしれない。 もしくは、単なる、中国贔屓の国々だけの国際大会が開かれても、世界中の民は納得しない。

 チベット自治区も、隣国対策なんであろうけども、実際には中国が損をする度合いが高まってきている。
 これからは、チャイナフリーというか中国以外で製造された製品の紹介をしていこうかなぁ?
だが、実際の業務においては、チャイニーズが関与しているかもしれないが、その点は御勘弁下さい。 日本製も含めて、原産地が中国では無くても…といった事が多いんです。 日本国内のサービス業の従業員もチャイニーズが多くなってきたしなぁ~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

円高と春の季節

2008年03月16日 | Weblog
 いきなりだが、 円高です。$1が¥100以下になりました。 
 中には、業務をすればするほど、赤字で苦しむ企業もございます。理解されている方々は多いでしょうが、要は外貨を換金した時に、半ば当然ですが、強制的に¥が少なくなるんです。 だから、海外でドルベースで値上げして商品を販売することにつながります。しかし、同業他社との競争があるので、不条理ながら、なかなか値上げが難しいのです。 
 日本人の個人投資家は、将来の円安を見越して、外貨預金を始めたりしているかもしれません。
シメジヘッドちゃんのパパである晩婚したSさんは、US$1辺り¥10Xで保有していたUS$の処分を上手に行えたんでしょうか?他人事ながら、気になります。
XXX億円単位の投資だったそうだから、損失額が仮に出ていたら事実上、X億円でしょうね。
 私の場合は、たいした事ありませんでしたというか、損はしていないと認識しています。 輸入品の購入の時に、ドルベースで安値の商品の品切れで困らなかったのがその理由ですが、やっぱり損したかな? 届いた商品が悪くは無かったから良しとしよう。

 幾つか存在していますが、その中に貨幣価値を保護するのに必要なの行動は、金利の上下なんです。日本では、有名な話ですが、0金利政策です。 サブプライムローン問題と日本の低金利政策は、両者共に世に知られています。 従って、両者を重要視すべきです。 我々は、金利がここまで低下しているので日本経済が不安定だと認識しないといけません。 これ以下に金利を下げられないのです。 金利が下げられないから、薄氷を徒歩するような日本経済になっています。
 ~日本に救いがあるとしたら、素晴らしい春の季節~
 
 寒さから解放されるのは悪くありません。
 暖房代金の節約もこの円高には太刀打ち出来ないばかりか、資源が高値なのは、物価高を誘発させている。 徒歩で桜を見て感動しても業務においては苦しむばかりかもしれません。
 オマケ
 あのどこかの国の首都の事実上の共X主義的銀行ですが、それが清算されると、日本の信用不安の発火点に成り得ます。 そうなったら円安になるかな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チキンレースと物価だが…2008年三月13日

2008年03月13日 | Weblog
 ちょっと、似たような内容が続いていますが、御勘弁下さい。

 仮に民主党の主張通りに、ガソリンにかけられている税金が無くなってもガソリンは、安くならないかもしれません。
 その理由は、簡潔でWTIの値上がりが継続中だからです。こういった資源や農作物等の生活必需品の値上がりがいつまで継続するかは皆が分からないんです。 ただ、大部分の消費者が嫌がる事実上の生活必需品値上がりチキンレースは、商品価格の値上がりで表面化し、終焉が出来てないんです。かつてであれば、「日本さん、我が国の余剰資源や余剰農作物を高値(本当は安値だけど)で輸出させていただきどうも、ありがとう。」といった商社が、環境破壊や日照りや不作や戦争の痛手から立ち直ってきた新興工業国等の旺盛な需要で「日本さん、一部の商品は高値だったら我が国から輸出しても良いですよ。 安値では販売し難いです。 なぜならば、日本さん、あなた方以外にも買い手がいるからです。」といった具合に変化してきています。
 実は、世界的に農作物の収穫量が少なくなってきた(不作だった)ので、インド・ロシア・ウクライナ・セルビア・ベトナム・アルゼンチン等の国々が農作物の輸出規制を断行してしまったんです。
 無論、他の種類の税金が増税させられ日本国内の物価が上昇する可能性は高いです。 そうなると、日本メーカーの開発力は下落してしまうので国際競争力は無くなります。
 
 率直にまとめているが、実に悲しく、重苦しい意見表明になってしまいました。
 輸入に過度に依存している状況をバッシングしている人々が、日本国内で、農作物を育てても採算に見合う状態を形成した場合、物価高に耐えられるかな? コメは別口になっているし、それなりの値段で購入する事に理解がある人が多くて良かったと真剣に思います。 農作物の肥料の輸入で利益を得ている企業は国内農業の活発化の動きについては、大喜びでしょうね。 だから、先日、凄い商社マンが色々な意見を、失言を発言に変更する為に声優になった女性タレントと組合が無いから金額が低下したままの作家との過去形の名称で最新情報を伝える番組で喜々しながら述べていたんです。 無論、そうでない悲しい部分もございましたがね。

 オマケ
 チキンレースというよりも、鳥インフルエンザ(H5N1等)の影響で、チキンレスの社会だけにはなって欲しくありません。 H5N1の影響で、ヒトとトリの健康問題と食料問題(ヒトはともかく、トリの場合は、猛禽類限定か?ていうか、猛禽類もヤバイのか?)と防寒着が不足するような事態は招いてほしくないのが私の本音です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

円高であっても、輸入品の値上がりは不可避であろう

2008年03月10日 | Weblog
 大部分の民が否定的に思われる題名であろうし、現時点において問題は山積している事が判明しているし、(表面的には)矛盾している内容と捉えられるかもしれないが、円の価値の上昇よりも外貨ベースでの値上がり率の上昇が大きい。
 要は、現時点での円高ですが、個人輸入以外においては、無意味なんです。
資源の値上がり率が円高の上昇率を上回る状況です。
 有名な、原油で概算をしてもらえば容易に察するであろう。 一バレルが$100です。 $1を¥に換算すると、約¥100です。 1x100X100=10000 
 過去においては、一バレルが$80でしたが、$1が¥120でした。1X80X120=9600
 日本は、輸入品に大きく依存して現代的な生活様式を維持しています。 余りにもバカらしいが、貿易が流行っているというよりも、依存しているんです。 それが、分からないのは、悪人だけです。 無論、日本国内で完全自給自足生活をされておられるのであるならば、批難するのでは無く、逆に私は尊敬します。 しかし、99%以上何らかの用品は、貿易の力で形成されています。 
仮に田舎で、のんびりした生活をしている人であっても、着用している衣服が、原油が主原料の化学染料が使用されているに違いありません。 家電等もそうです。原材料は輸入品なくして日本製の家電は存在しません。 だから、資源外交が脚光を浴びているが、海外工場に依存している日系企業はどういった決断をするのかなぁ? すでに、製造させる業に商売のやり方を転換させた元メーカーさんも存在しているような? 実際の所、最近の日本製は作りが良く無い場合が増加してきました。だから、日本製に多少の不安を感じています。
この円高であっても耐えられる品質が良く、世界に輸出が行える商品作りが必要なんです。

 マトメ
 円高であっても、外貨ベースでの値上がりが高ければ追い付いていない状況なので、輸入品の値上がりが不可避であろうというのが、今回の意見表明です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

食料品の値上がり 2008年三月九日

2008年03月09日 | Weblog
 どっちかというと、身近な輸入品でもある、食料品の値上がり。 継続して行われる見込です。

 第一に、豆腐屋さんも、シカゴ市場での現状には呆れていました。 「多少の大豆の在庫があるが、それが尽きた頃には、小売価格を値上げしないと、店の経営に悪影響があるので来月にも値上げをやらないといけない。」といったような意見を聞きました。
 第二に、パン屋さんも、同様です。 「過去(数カ月前)にも値上げをしましたが、これ以上の値上げはありえます。 高くなりすぎるとパン屋離れが起きかねません。 TVの内容で値上げする金額が安くすみそうだと発言しているが、間違えています。」といったような意見を聞きました。

 小麦粉を大量に使用するサブウェ○も、今月、商品価格を値上げします。 12日以降は値上がりします。

 危険な農薬を使用した上で食料品を栽培する国からの輸入を減少させた事や(この日本国民の決断は正しいです)、投資の悪影響や(年金問題が絡んでいます)、世界的な降雨量の減少による不作や(日本はともかく、諸外国は日照りです)、高値で食料品を購入する国が増加したのと日本の購買力が下落したのが重なりあって生活必需品の値上がりが継続しています。

 大変、悲しい状況です。 日本国内の自給率を高める良い機会かもしれませんが、値上がりは不可避です。 最近は、似たような意見表明で申し訳ありませんが、やはり、この情報は外せないのです。 預言ではありませんが、将来的には、基本的な物品の値上げと増税(多額の国債等が発火点)が日本国民を苦しめるでしょう。
 日本国内で農作物を育てたとしても、農家も資本主義社会なので、衛生面(寄生虫や農薬等)は当然ですが、経営面において問題が無いようにしないといけないのです。 日本国内の小麦の自給率が13%程と言われているので耕地面積が7~8倍にならないと輸入小麦に依存する状況に、変化はありません。 国産黒毛和牛に過剰に輸入飼料を与えて霜降りを形成しているが、それを辞めないといけない時代がもうすぐやってくるのかな? だから、実際の日本の自給率は、30%を下回っているかもしれない。 飢饉が発生しているのと変わらない状態です。 日曜日に断食して、それ以外の日の食事は、低カロリーな一食だけ…
 21回、食事の機会があって30%を下回っている状況だとそういった計算結果が成立しかねません。不条理でしょうか?

 /ちょっとした気分転換/
 好意を寄せていた女性がいたのだが、諸事情により遠くの町に行かれました。事実上、長距離恋愛は不可能。 食料品の値上げに匹敵する位に心を傷めますが、同様に彼女が遠くの町に行ってしまったのは、仕方が無い事です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

口バが、いつ頃目的地に到着するかは誰にも想像出来ない。

2008年03月08日 | Weblog
 口バがいつ頃目的地に到着するかは誰にも想像出来ないのと、国際宅配便がいつ頃貨物を送り先に到着させるのかが想像出来ないのとは、両者共に世に知られています。

 USAの民主党の大統領候補指名者争いですが、長期化しています。 この影響は、本戦に影響が出るのでは無いでしょうか?
 
 ロバと言えば、USAの民主党のシンボルになっています。 一方、共和党は、エレファントです。
 民主党は大接戦状態ですが、共和党はマケイン氏に決まりました。
両者共に、近日中に対日政策については厳しい要求を突き付けることになるでしょう。

 我々、日本人が気を付けないといけないのは、確かに対米貿易に依存している事もあって注目せざるを得ない日本人が多いでしょう。 しかしながら、両者共に問題を抱えているのです。 それに、二重国籍者で無ければ、投票は行えないのでは無いのでしょうか?

 時々、知り合いと話しをしていて、『海外政府のこの党が正しいと真剣に信じて疑わない。』といった意見をお持ちの日本人に会ったりします。 それよりも、自国の選挙で投票するのが先決なんです。投票権があるかないか? これは、大きい事柄です。 それに、長所と短所(善行 悪行?)というものが、必ず政党には絡んできます。 ある意味、空虚なんだが、それにも気付いていないかもしれない。 問題点を伝えても耳を貸さなかったりする。 もちろん、自由に多種多様な事柄について思いを巡らせる事は悪くはありません。 だけど、私自身では納得がいかない部分も多数あるんです。
 冒頭にもお伝えしたように~口バがいつ頃目的地に到着するかは誰にも想像出来ない~。
日本人も、(特に現時点では対米)貿易関係者であればともかく、無意味に海外政府の政党の動向について注視するのは、慎重になっても良いのではないでしょうか? ここでいう、口バがいつ頃目的地に到着するかについては、大半の日本人が海外政府選挙権が無いのに、無意味に海外政府の動向に注目しすぎる状況について気付くという意味だと捉えて下さい。
 逆に貿易商人だと考察しておかないといけないのは、どのような対日政策が決断され実行に移されるかについてですが、両政党共に結局は80%変わらないが、残り20%が違ってきます。
そういった事柄をどれだけ、把握するかです。 
 かつてとは違い、現時点において、日系USA工場は大規模な力を有する状態です。 商品の逆輸入は、難しいかもしれませんがね。 海外の日系工場に必要なサンプル品や試作品を誰が輸出入しているかについては、皆様、御存じですよね? こういった企業の従業員が、どのような決断をするか? どう経営者は導くか? 与えている影響は、小さくはありません。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2008年三月七日に思い悩む…104

2008年03月07日 | Weblog
 104。三つ程、104の項目について意見表明したいと思います。

 第一に、以下の項目はピザ屋さんの10.4の評論ではありません。

 第二に、為替ですが、$1を¥に換算して、¥104を下回りました。 円高ドル安です。
ピザ屋さんのように、輸入食料品で経営をしている企業の場合だと、円高ドル安は歓迎でしょうが、外貨ベースでの値上がりの度合いが大きいので、あまり大きな期待は出来ません。
 むしろ、USAへの輸出ですが、USAの景気が悪化していることは心を痛める位に表面化しているのでUSA以外の輸出の拡大を考慮しないとあきません。 USAの景気は悪いし円高状態という、ワンツーパンチを食らった状態です。 なんにせよ、次期大統領がどのような経済政策を選択し、実行するかが重要です。 
 実際の所、いわゆる、(USA国内の日系工場)現地生産を増加させた理由はこういった所にあるのですがね。 これからの日本は、メーカーをやめて、製造させる業になるのかな?

 第三に、原油ですが、$104を突破しました。 石油輸出国機構も、エレファントというよりも原油の増産には否定的なようです。 車の代わりにエレファントに乗って自宅から職場に通う事が行えるとしたら、それは、1950年代のタイランド位でしょうか?
 燃料費はますます値上がりしそうです。 本当に、オール電化住宅が増加するかな? たまに、カセットコンロで用事を済ませたりして…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

為替 ~2008年三月一日~

2008年03月01日 | Weblog
 $1を¥に換算して、¥104台に到達しました。 一応、ドル相場に対しては円高になってきています。 ですが、外貨ベースでの値上がりが大きいのでかつてのように円高セールは行われる見込は無いでしょうね。 唯一の例外は海外通販位(個人輸入)かもしれません。

 円高でなければ、輸入品に大きく依存している日本は円安から物価高を招きますが、輸入に大きく依存しているだけでは無く資源を輸入し加工をした上で輸出が出来る国だから物品を安値で輸入出来るのです。 外貨を獲得した強みです。
矛盾しているように感じられるかもしれませんが、日本国内の市場が不景気で輸入を減少させたから貿易黒字が増加した時期がございました。

 企業側は為替が高値になった場合の対策を幾つかとっています。 日本国内の工場で対処しきれないと判断した場合、海外工場での生産(出資した場合)や生産委託(出資しなかった場合)等です。 高関税は一部の業種だけですしね。

 十人十色というか企業もそれぞれなので、一概に割り切れない部分もございますが、英国で生産された車が日本国内で予想以上に販売されたから国内生産に変更(格上げ?)した事例も存在しています。 (実は、逆輸入車は、細かい部分で日本人労働者が手直しをしていると言われています。 まぁ、それよりも、アフターサービスの向上を願いたい。)
 為替等について報道されても貿易商人以外は興味が無い内容と、とらえがちでしょうが実際の所、個人輸入が好きな人々も興味を持っている注視している場合がございます。

 後、半分位は、オマケの内容になってきますが、この円高の影響で輸入食品が安値販売される見込はほとんどありません。 例外があるとすれば、一部の直輸入食品販売業者だけで若干安値販売されるかな?

 マトメ
 少なくとも、外貨ベースでの値上がりが全般的に広がってきているので、多少の円高では安値で輸入品を購入するのが難しくなってきています。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バナー

リンクを希望される方は御連絡してください。
紹介文の一例 国際宅配便・貿易並びに彼自身の趣味等について意見表明をされています。

      
      
      
上記9種類以外のバナーはコチラをクリックしてご確認下さい。