outdoor life by mizota

ヨットでのクルージング日本の名山に登るキャンピングカーの旅ダイビング、釣り等溝田正行がした事する事などを報告します。

アカショウビンを探してと鍛冶ヶ峰

2017年06月17日 20時14分37秒 | 野鳥撮影

37日目の錦鯉紅白の稚魚達は元気でいい調子です

朝水面に浮いてる死骸は2~3匹でこれらは共食いの被害にあって飲み込めずに吐き出した稚魚ですから自然淘汰です。

現在餌はクランブルと言う粉餌の次に与えるゴマ粒よりもずっと小さな粒餌をメインに粉餌も混ぜて、水面に振り撒いています

クランブルはすぐにゆっくり沈みますがそれを沈む途中で食べたり底に沈んでから食べたりしています。

粉餌も一部は沈みますがほとんどはしばらくの間水面に浮いていますが、それを食べてる稚魚もいます

以前は練ったものを目が細い網で漉して煙の様に濁る様にやってましたが・・・今は練っていません。

水面に撒く方法で十分餌が行き渡ってるようなので・・・先日作ったエサ台も使わないまま撤去しました

買ったり作ったりしても無駄になるものは多いですが初めての挑戦だから仕方ない事です。

昨日書いてた我が家の稚魚の大きいのをアップしますが・・・選別のしようがないでしょ??

ちょっと白っぽいのはあるけど・・・全く模様なしですし色も昨日のと違って赤さが弱いです

朝の餌やりの後、今日も鍛冶ヶ峰に行きました。

昨夜も上を向いて寝られなかったので心配してたんですが・・・難なく橋まで行けました

登山口から橋までは400メートル余りでこれを二往復して・・・

調子が良かったので三回目は橋から上の急な坂にも挑戦

大事をとって500メートル地点で引き返しましたが、明日は頂上目指して行けるところまで行ってみようと考えています。

何かあったら困るので美由紀同伴で行きます。

午後川に行って魚にエサをやってたら・・・八十氏が来ました

そして今日高丸山方面へ探鳥して行ってたそうで・・・その帰り道に鳥撮りの人達を5人見たと言うので・・・

久しぶりに椅子を取り換えたロードスターに乗って勝浦へ

場所が解らずウロウロしたけれど・・・民家に寄ってアカショウビンがどの辺に来るかと尋ねて教えて貰いましたが・・・朝来ないとだめだそうです

今まで何度もアカショウビンの大きな囀り声を聴いてるけど・・・なかなか姿が見えません。

そしてそのさえずりは全て早朝でしたから・・・やはり勝負は朝でしょう。

一度キャンピングカーで行って・・・泊まって待ってみようと考えています。

帰り道サンコウチョウが鳴いていたので・・・移しましたが真上に居るから写し難い

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 変化がない稚魚と尾てい骨の具合 | トップ | 模様が出ない稚魚と鍛冶ヶ峰 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む