outdoor life by mizota

ヨットでのクルージング日本の名山に登るキャンピングカーの旅ダイビング、釣り等溝田正行がした事する事などを報告します。

地引網完成と尾てい骨の具合

2017年06月15日 20時58分02秒 | 錦鯉水槽飼育

生後35日目を迎えた紅白の毛仔達は極めて順調です

昨日もでしたが朝のプール水槽に浮いてる死骸は2~3匹ですが常に共食いで咥えられてるのが居ますし、日中にも浮いてくるのがあるので一日に20匹程度は減ってると思います

しかしこれを防ぐのは難しく、この程度は自然淘汰として目を瞑っておくしかありません。

水が全体に緑色なのでプクプクを日中は止めてるんですが天気が良いと酸素を造り過ぎるので水槽全体の水のPhが上がって9近くになります

夜は逆に酸素不足になるのでプクプクを二つ仕掛けてるんですが・・・ここ数日朝にはPh7.4位でもう少しプクプクを少なくしても良いのかも知れませんが、一度酸欠で100匹も死んだことがあるので不安があります。

そんなんで今晩は薪水の注入量を増やしてプクプクを一つだけにしてみました

明日の朝のPhが「7、0」位ならちょうどなんですが・・・

さて今日は朝から・・・昨日から作り始めていたプール水槽の稚魚を選別の為に掬い出す地引網を仕上げました。

何を作るにも最後は得意のシリコンの力が必要なんですが・・・当然今日もシリコンは使いましたが完成しました。

下の方に鉛のオモリ、上はフロートになってるので・・・これを端からゆっくり寄せて行けば何とか集まった稚魚を別の網で掬って選別が出来るのでないでしょうか??

選別は何度もしなければなりませんし、稚魚が大きくなって錦鯉となっても、このプール水槽を使ってる限りこの地引網は必要になると思います。

話は変わって昨日に続いて今日も朝の涼しい時間に鍛冶ヶ峰に行きました

とは言っても途中の緩やかな登りのところまでですが、出来ればやはり今年に三百名山を終了させたいと思うからです。

焦らなくても山は逃げないと言いますが・・・この歳になると山が逃げなくても命の方が逃げてしまう可能性がありますし、日々体力も落ちてきますから・・・あまり先送りも出来ないのです

そんなんで杖置き場から少し登った所にある橋で昨日は引き返したのですが、今日はその橋から20メートル程先の少し急な坂道に挑戦しましたが・・・一回であまりの痛さにギブアップ。

でも頑張って橋までは二回来て合計三回結構汗も出ました

しかし少し急な登りになるとあれほどまでに痛いと言うのは・・・まだまだ日にちが必要なのでしょう。

明日からも具合を見るのに一度は橋より上まで行くけれど、基本的には橋までにしておこうと思います

その橋の周辺にサンコウチョウが二羽居たのですが・・・カメラを持ってなくて写せませんでした

最近すっかりご無沙汰の野鳥撮影ですが、毛仔も落ち着いてきたので短い時間でも少し出かけてみようかと考えています

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 選別準備と鍛冶ヶ峰 | トップ | 変化がない稚魚と尾てい骨の具合 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む