outdoor life by mizota

ヨットでのクルージング日本の名山に登るキャンピングカーの旅ダイビング、釣り等溝田正行がした事する事などを報告します。

毛仔導入二日目

2017年05月17日 20時54分02秒 | 錦鯉水槽飼育

初めて挑戦している錦鯉の毛仔飼育

昨日のハプニングで3,5トン水槽には一万匹の予定が二万匹近いと思える程の毛仔で賑わっています

この毛仔達は五月9日に産んだ卵から孵ったんですが、水温が少し低かったので11日、12日、13日の三日間にわたって孵化したものです。

その毛仔達に養鯉場では15日の月曜日から餌として鶏の卵の黄身を布で漉して与え始めていました

インターネットで調べると孵化した毛仔は卵嚢があるので10日程は餌をやらなくても良いと書いてあるんですが・・・

昨日の朝もやったそうで・・・持って帰ったら翌日から卵の黄身を布で漉して与えるようにと言われていました

それで・・・卵を二つに切って・・・半分の黄身を布で漉して与えると・・・その瞬間だけ水が濁りますが毛仔が食べたかどうかなんて絶対に解りません。

何しろ毛仔はミジンコよりも小さいですから・・・

しかし・・・与え終って二時間ほどして気づいたんですが・・・毛仔の体は透明なのに・・・胴体に黄色い一本の線が現れている毛仔が結構居ることに気づきました

これは養鯉場で聞いていた事なんですが・・・その一本の線は鯉が食べた卵の黄身が腸の中を通っている状態なんだそうです

言い換えると・・・卵の黄身は僕らには見えないけど・・・毛仔はそれをちゃんと見つけて食べていたんです

食べると言う事は・・・それなりにお腹が空いてると言う事だから・・・エサをやる必要があるのでしょう。

朝に卵の黄身半分と少しのマッシュと呼ばれる粉の餌を・・・

そして昼過ぎに再度卵の黄身半分とマッシュ少々を与えました

そしたら・・・夕方に水面に泡が立ち始めたので・・・水質が悪化してると判断

薪水の注水量を少し増やすとともに・・・一つだけ自作エアーリフト式灯篭型濾過器を極弱いエアーで濾過を始めました。

エアーを出す量で強さが自由に変えられるので・・・この程度なら毛仔が吸い込まれる心配はないし・・・泡も少しづつ減ってくるでしょう

ただ・・・どう考えてもこの3.5トンの水槽に2万匹近い毛仔は早急に数を減らす必要があります。

隣のオジサンに毛仔を飼うように勧めて・・・容器を一つ準備してもらいましたので・・・明日か明後日には200匹位養子に出せます

それから我が家の7つの水槽のうちの4番目に大きな670リットルの水槽に入っていた錦鯉を移動

そこに1500匹の毛仔を入れようと思います

しかし・・・これだけではどうにもなりません

本当にどうすれば良いのか・・・悩んでしまいます。

午後少し時間が出来たので一人で鍛冶ヶ峰に登ってきました。

この頃の阿南市は天気が良くても視界が悪いのは・・・お隣からやってくる黄砂なのかPM2.5なのか??

視界がすっきりするのは大雨の後だけです。

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 導入した毛仔の数 | トップ | 錦鯉毛仔飼育三日目 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む