outdoor life by mizota

ヨットでのクルージング日本の名山に登るキャンピングカーの旅ダイビング、釣り等溝田正行がした事する事などを報告します。

鯉に悩む我が家とロードスターのVOC

2017年05月05日 21時53分41秒 | 錦鯉水槽飼育

恋に悩むことが無くなって久しいですが・・・70歳になって鯉に悩むなんて思いもしませんでした

四月二十日に出発した今回の山旅は15日間と短いものでしたが・・・

行く前から気がかりな錦鯉は何匹かいました

それを隣のオジサンにエサをやってくれるようにお願いして山に行ってたんですが・・・

途中で一度電話したら「元気だよ」と言う事で安心していました

今日戻ってきて・・・しっかり一匹一匹を観察すると・・・6匹の鯉の横腹のウロコが盛り上がっていました

非常に元気に泳ぎ回っては居るんですが・・・他人の鯉ですからそれ程真剣に見なくて当たり前でしょう。

餌をやってくれてるだけで大感謝しなければならないですから・・・小さな病気に気づかなくてもしかたありません

ただまだまだ初期症状なので・・・南天治療をすればすぐに治ると思います。

しかしそれにしても・・・全て同じ錦鯉が同じようにウロコが立ってくるので・・・完治してないのかも知れません

治療の期間に問題があるのかも??

いずれにしても、家に戻ると現実に引き戻されて・・・なんか厄介です

ずっと旅が続けていたいけど・・・美由紀がしたい事にも付き合わないといけないし・・・

マツダが持って帰ってるけど・・・そのうちにロードスターRFの基準を超えてるVOCともまた向き合わなければなりません(好きで買った車だから何とかVOCを基準以下にして貰って乗りたいと思ってる)

しかしシックハウス症候群を発症した後で買った美由紀のホンダの新車Nboxや娘婿が買ったトヨタのアルファード革仕様の新車に長く乗ってもどうもなかったのに・・・

半時間づつ二回乗っただけでこうなってしまうとは・・・マツダは何をしてるのか??

これは「革仕様車」だけとは思うのですが、ロードスターRFに妊婦さんや乳幼児や子供を乗せる前にVOCの濃度を一度計測してくれるよう持ち主の皆さんにお願いします

一分でも呼吸すれば奇形児の出産や死産、各種アレルギー症、癌や白血病に数か月から数十年後に発症する可能性が高い非常に危険なホルムアルデヒドです。(三日や四日乗っても殆どの人は何にも症状は出ませんが、その後数日で出たり数か月で出たり数十年後に出たりですが害は必ずあります。百害あって一利なしです。)

計測しない限り普通の人は絶対に気づきません、気づいたときは手遅れで長くは生きないでしょうが生きてる間は非常に苦しむ事になります。

多分指を一本一本ハサミで切ってくれる方が楽だと思う日もあります

子供が僕の様に呼吸が思うようにできずに苦しむ姿を見たくないし、癌や白血病で死ぬのを見るもの嫌ですから・・・ロードスターの持ち主は計測をお願いします

もちろん大人にも多大の害があります。癌や白血病、各種アレルギーになったらこれが影響してると思って間違いないでしょう。

室内の温度を35度から40度にして湿度も80パーセントにして計測すれば確かな濃度が解ります。(自動車工業会では温度を40度にしてたと思います)

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 帰路 | トップ | 水槽の見直しと解決策&運動... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む