outdoor life by mizota

ヨットでのクルージング日本の名山に登るキャンピングカーの旅ダイビング、釣り等溝田正行がした事する事などを報告します。

景鶴山制覇と子供を傷つけるキャンピングカーオーナー

2017年05月03日 22時02分03秒 | キャンピングカーで三百名山に登る旅

今日はクタクタに疲れて、すっかり自信を失っています

昨日今日とアイゼンを付けて14時間以上歩きました

景鶴山の頂上近くでは例年にない残雪にこの初夏の様な陽気で雪崩がアチコチに

こんな雪崩の上を登るのですが・・・その登山道は写真に写すと・・・そんな事をしてるのかと言われそうなナイフの刃の上を行くようなスリルあるものでした。

話は戻って・・・桧枝岐小屋で定時の六時より早く準備してくれた朝食をしっかり食べて

宿の主が見送ってくれる中、殆どの人たちに遅れる事一時間(朝食を弁当にして貰っていた)の七時前に出発

色々事前に調べたのでは「尾根をたどって登る」と書かれてるのに・・・出発が遅れたこともあって・・・近道をしようしようと重ねた努力は全て無駄で疲れただけ

途中から足跡のある尾根をたどることに決めました

前方に百名山の至仏山と景鶴山が見えてきたので記念写真(右側の尖ってるのが景鶴山)

山を四つ越えて・・・最初に書いた雪崩の上のナイフの刃の先を渡って・・・頂上到着

気温がどんどん上がるし・・いつまた雪崩が起きるかわからないので急いで下山して・・・

雪崩の心配が無い所まで降りて昼飯

僕は「心配性」かもしれませんが・・・世界を長く見てきた僕からすれば・・・

日本人は危機管理能力が殆どない平和ボケした障害者集団の様な気がします

特に公務員や団体職員は精神異常と思えるくらいに狂ってしまってる気がします。

話が逸れましたが・・・下りは残雪が豊富だから出来る景鶴尾根をヨッピ橋に向かって降りました

これで約二時間短縮出来たんですが、戻った時はヒョロヒョロでしたから、もとに戻るコースだったらもう一泊必要だったでしょう。

昨日と今日に歩いたコースです

晴天で穏やかでしたから・・・気温もどんどん上がって飲み物が足りなくなって・・・

喉カラカラで3山の鼻に到着

水を補給して大型のてんぷらを一つづつ食べて・・・最後の鳩待峠への登りとなりましたが・・・

何しろクタクタですし、その上に雪ですから・・・

コースタイム一時間20分のところに・・・二時間かかってやっとキャンピングカーに戻りました

そして・・・一時間半かけて沼田市にある望郷の湯に入って・・・今日はここで泊まります

ゴールデンウイークですから・・・キャンピングカーも15台ほど来ています

その中に間違いなくホルムアルデヒドを発散してるキャンピングカーも三台居て・・・その一台には子供も乗っています

この子供は間違いなく将来癌になるか白血病になるか、何らかのアレルギー症状が出るでしょう。

大人は危機管理能力がない馬鹿ですから死んでもいいですが・・・子供が可哀そうです

ホルムアルデヒドは結果が出るまで気づかない恐ろしい有毒ガスです。

妊婦さんが乗ってたら胎児はほぼ間違いなく死産か奇形児か障害児となるので言ってあげようと思うのですが・・・

実際問題としてなかなか言えないのが問題です。

キャンピングカーの持ち主に何とか気づいて子供たちを守ってほしいと思うのですが・・・

一呼吸でもしたら百害あって一利なしのホルムアルデヒドは絶対に症状が出て手遅れになるまで気づかないものです。

シックハウス症候群になってしまってる僕でも症状が出るのは三日から一週間も後です。

乗ってる時になんらかの症状がでたならそれは一日で致命的濃度です。

だから何もなくてもとにかく室温を35度以上、湿度を80パーセント以上に上げて車内のVOC濃度を測ってから子供を乗せてください。

80キロ以上のスピードで走ってる時にパンク(バースト)したらほぼ間違いなく横転して他人も巻き込む大事故になるようなキャンピングカーを選ぶ人ですから・・・

仕方ないですが・・・本当に・・・親が馬鹿なばかりにあの子供が可哀そうです。

 そう言う僕自身が馬鹿の骨頂で気づかすにこんな体になってしまい癌に怯える毎日ですからどうしょうもありませんが

 でも誰かがこのように書いていてくれたらここまでにはならなかったと思います。

危ないものを危ないと書かない無責任な大人も増えている気がします。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雪に覆われた尾瀬沼 | トップ | 帰路 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (木村)
2017-09-06 21:16:59
妊婦さんが乗ってたら胎児はほぼ「間違いなく」死産か奇形児か障害児となる。

あなたは、医学者ですか?
言葉が乱暴すぎませんか?
障害や奇形という言葉を扱うならば、
もう少し丁寧な扱いをされるのが
懸命かと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

キャンピングカーで三百名山に登る旅」カテゴリの最新記事