outdoor life by mizota

ヨットでのクルージング日本の名山に登るキャンピングカーの旅ダイビング、釣り等溝田正行がした事する事などを報告します。

探鳥と錦鯉購入

2016年12月24日 21時08分22秒 | 錦鯉水槽飼育

台湾での野鳥熱が高いうちにと、八十氏と一緒に眉山公園へ野鳥を訪ねて行ってきました

しかし・・・居たのは多数のメジロとヒヨドリとカラス、少しだけツグミとシロハラでした

実のなる木も結構あるし、気温以外は環境として台湾とそれ程変わらないと思うのに・・・・

個体数も少ないし何より種がが少な過ぎました

それでも野鳥観察路を丁寧に歩いて・・10時半頃に切り上げて、麓で錦鯉を飼ってるF氏の所に寄って錦鯉を見せて貰いました。

その後、徳島マツダに寄って新しく発売されたロードスターのハードトップを見て・・・

幌の車と比べたら・・・ハードトップの方が良いと思いはじめました。

ただ僕は滅多に車を洗わない人なので・・・展示されてたハードトップの色はガンメタで綺麗なんですが、黒いから汚れが目立ちます

汚れが目立ち難いのはシルバーとパールホワイトなんですが・・・シルバーは以前乗っていたBMWのZ3がシルバーでしたからシルバーは避けたいとなるとパールしかないのですが・・・

この車にパールが似合うのかどうか??

と心配しながらパールホワイトで見積もりを頼んで来ました

兄貴が72歳で死にましたし・・・僕自身も去年はシックハウス症候群で死にそうでしたから・・・

それまでは90歳まで元気で遊べると思ってたのを80歳にと10年短くしました

実際もし生きていても80歳過ぎるとそれ程遊べるとは思えないので・・・これで良かったと思います。

10年短く計算すると・・・車でも買わないとお金が余りますから

多分買っても殆ど乗らないでしょうが・・・車は好きですから・・・

マツダからの帰り道に八十氏と「鯉屋」さんへ寄りました

台湾旅行に行く前にこの鯉屋さんへ寄ったら新しい鯉が入荷したばかりでした。

その時に買いたかったのですが・・・翌日出発でしたから・・・諦めたんです。

ところが今日寄って見ると・・・出発前から殆ど売れなかったらしく・・・僕が思ってた鯉が居ましたので

水槽も増やして空いてるので・・・6匹を選んで買いました。

八十氏は一匹選んで・・・我が家の水槽で飼っておいてと言う事で・・・7匹を新しく運んできた水槽に入れました

ところが・・・この水槽、運んでくる時クレーンで吊ってる時にロープが外れて落下して一部壊れました。

そこを直したと思ってたんですが・・・ある程度水が溜まってから漏れていることに気づきました

慌てて色々対策してみたんですが・・・ドンドン水が減っていきます

仕方なく病み上がりの錦鯉を入れていた水槽に移す事に決め、もう十分回復している鯉を掬い出して他の小さな錦鯉を入れてる水槽に移し、今日買って来た7匹の錦鯉を一番端の7番目と呼んでるモクズガニの水槽の隣に入れました

一日に二度も容器が変わると言うのは錦鯉にとっては非常なストレスとなるので・・・

明日の朝が心配です

さて今日の野鳥の写真は美由紀のカメラからです。

一緒に探鳥する事もあるけれど、別行動も多いですから写してる写真は随分違い、僕も驚きます。

初めはゴジュウカラからですが・・・日本のゴジュウカラとは随分違います

ヤマムスメは尻尾が非常に長いので尻尾の先まで入ってる写真は少ししかありません

ハスの葉の上に居るカワセミ、台北植物園にカワセミは何羽も居て、人に慣れているので極近くから写せます

最後はタイワンコノハズクのアクビ

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 台湾から倉庫ハウスに戻って | トップ | 錦鯉が穴あき病で南天浴開始 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

錦鯉水槽飼育」カテゴリの最新記事