outdoor life by mizota

ヨットでのクルージング日本の名山に登るキャンピングカーの旅ダイビング、釣り等溝田正行がした事する事などを報告します。

カオサンに戻りました

2018年02月17日 17時46分02秒 | タイの野鳥撮影旅

今回で三回目のバンコクで昔から有名なバックパッカーが集まるカオサン通りの一つ北の通りの端の方にあるニユーシアム3と言うゲストハウス。

一泊750バーツだけど、近在のゲストハウスの中で同じ程度の料金なら飛び抜けて綺麗ですからいつも一杯です。

僕らは初回は朝早くきたので部屋が確保でき、後は毎回電話で予約してますが3時迄にチェックインしないと他の人に入られます。

そんなんで今朝レンタカーを返してから少しルンピニ公園で探鳥して昼にチェックイン。

最近良く行く様になった安くて旨い馴染みの食堂で昼飯。

僕は暑さに疲れてホテルの部屋に戻ってシャワーを浴びて洗濯したあとエアコンのなかでゴロゴロ。

美由紀は昼飯の後そのまま近くの公園へ行って探鳥。

三時間以上居て先ほど戻って来ました。

元気な婆さんです。

台湾、ネパール、タイと野鳥撮影旅に出ると時には野鳥を離れてのんびりしょうと思いながら今回も野鳥ばっかりになって仕舞いました。

ほんまに性格なんでしょうね。

さて今日も野鳥写真ですがちょっと数を多くしました。

初めはコウライウグイスの幼鳥です。

バンコクから南で見たトビは全部シロガシラトビでした。

シロスキハシコウは田園地帯に多量に居ます

このタイプが多いのですが別の種類?幼鳥?タイのブログを見るとハシコウとしか書いて無いのが多く図鑑を持ってないから分かりません。

一番多いのがこれでクチバシが短い

これは綺麗で大きなインドトキコウ

求愛?のダンスもしてました。

ハタオリドリの仲間で○○コウヨウジャクのオスとメスと思うのですが、、、

最後はナンヨウショウビン

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

空港周辺探鳥

2018年02月16日 20時20分46秒 | タイの野鳥撮影旅

バンコクに国際空港は2つありますが、今日探鳥したのは新しいスワンナプーム空港の南側に大きなゴルフ場があります。

このゴルフ場を囲む様に高級住宅が建ってるんですが、公園のような場所やまだ住宅が建って無い雑種地が多くあります。

そこに入る全ての道路には門番が居るんですが澄まして手を上げれば入れます。

もしも止められたらゴルフと言えば大丈夫です。

僕らは何度も出入りしたので一度だけ止められたのでゴルフと言うとビジターカードをくれました。

さて野鳥はタイに来て初めてだったら十分満足出来る種類の野鳥が居ます。

僕等はもう見馴れて居ますが絶対に写せた野鳥を挙げるとインドブッポウソウは多数、チョウショウバト、カノコバト、ベニバト、ミミジロヒヨドリ、メグロヒヨドリ、エボシヒヨドリ、シマキンパラ、オニカッコウ、オウチュウ、名前不明のタイヨウチョウ、オナガサイホウチョウ、名前不明のサイホウチョウの仲間、ハタオリドリの仲間、ハリオハチクイ、名前不明のバンケンの仲間らしい鳥、名前不明白いインコ、ムネアカゴシキドリ、セアカハナドリ、ヒメコノハドリ他まだまだいます。

そんな事で今日は名前不明のバンケンの仲間らしいのと白いインコが初見初撮りでした。

もしかしたらサイホウチョウの仲間も初めてかも??

とにかくバンコクは暑いです。

エアコンを掛けた車の中から出る事が出来ません。

窓ガラスを下ろしただけでも熱中症になりそうな位だから、終日レンタカーの中でした。

宿は昨日と同じ新築のホテルでここには一メートル近い、それも趣味が錦鯉の僕が見てもかなり価値がある錦鯉が30匹位飼われています。

日本と違い一年中餌を食べるから大きくなるのも早いとは思いますが、このような立派な模様の大きな錦鯉が揃ってるのを見てしまうと錦鯉も日本は原産地であっても一年中暖かい国の養鯉場に負けると思いました。

ほんまにビックリでした。

今日の野鳥は僕等がタイで写せたナンヨウショウビン、ヤマショウビン、アオショウビンのうちで一番派手な?ヤマショウビンをアップします。

今日も見たけど写せませんでした。

 

生き物の中で一番綺麗なのは鳥だそうですがほんまに綺麗ですね。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ペッチャブリー県住宅地探鳥

2018年02月15日 19時54分51秒 | タイの野鳥撮影旅

昨夜泊まったリゾートホテルと言うモーテルっぽい宿は一部屋づつ車が入る様にはなってますが日本のモーテルとは少し違いました。

朝食が付いていてそれを食べてたら念願だった目が赤く一回り大きなオオハッカが居て初見初撮り。

また後日アップしますがハッカチヨウのジャワハッカ、モリハッカ、オオハッカの三種は似ている上に人によって様々に書いてるし図鑑まで怪しいから迷います。

その後も周辺の民家や果樹園、田園、野菜畑、河川が入り交じる地帯を探鳥

タイヨウチョウやシロスキハシコウ他常連を写しました。

河川でアオショウビンが飛び込んでカニを捕った場面やヤマショウビンを少し近くで写せたのが成果でした。

昼食の後、明日はバンコクの空港周辺を探鳥しようと思うので150キロ以上を移動。

タイでは有料無料の高速道路があって100キロ位で走れます。

それでも三時間近く掛かり、前に泊まってブログにもアップした事がある空港近くの新しいホテルに入りました。

タイの野鳥撮影も終わりに近づきました。

今日の野鳥はヒメカッコウのオスとメスです。

 最初はオスから

続いてメスです

オマケはハイイロモリツバメが寄り添ってる場面

オシクラマンジユウしてました。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ケーンクラチャンダム湖周辺探鳥

2018年02月14日 20時28分29秒 | タイの野鳥撮影旅

ダム湖周辺を探鳥しようと思っていたので夕べはダム湖に面して広大な庭を持つ宿に泊まりました。

今回の旅で最高額の800バーツ(1500バーツを負けてもらった)を払った宿はツリーハウスでした。

これでもエアコンもホットシャワーも付いて中は広く全て整ってました。

そして今朝は6時半に朝食を作って貰い、敷地の中を探鳥。

殆どが常連の野鳥ですがアジアコビトウが近くに写せたのと、初見初撮りが二種。

一つはトケンの仲間と思いますが名前不明。

もう一つはヒバリに似てる野鳥。

インドブッポウソウが沢山居たり、インドトサカゲリ、セイタカシギ等見馴れた野鳥も近くで写せました。

午後はあちこちと移動して探鳥しましたかパイナップル畑で見馴れぬ茶色系の野鳥二種を見たけど足元から飛ばれたのに写せず見つけられず。

明日もホテルの庭で探鳥しょうとネットでリゾートホテルに宿をとりましたが、、、

来て見ると新築でピカピカなんですが造りがモーテルの雰囲気です。

庭で探鳥してたら隠し撮りをしてると思われるそうで出来そうにありません。

今日の野鳥は巣作り中で婚姻色の綺麗なハシブトアオバトです。

 

 

ケーンクラチャン一帯に非常に多いキタカササギサイチョウも巣作りに忙しそうでした。

 

下の穴が巣穴です。

ヒヨドリも何種類かが巣作りしてたり卵を抱いていたりを見ました。

キツツキも巣作り中。

今の季節はそんな時の様でカップルが目立ちます。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ケーンクラチャン探鳥

2018年02月13日 20時39分32秒 | タイの野鳥撮影旅

さすがに有名な探鳥地だと思いました。

今までバンブーリゾートの付き根の鳥見櫓で二三人のバーダーを見てましたが、僕等が泊まってたバンクランキャンプ場に次々来る人達は殆どがバーダーで双眼鏡か望遠レンズ付きのカメラを持っていて誰かが鳥を見つけたら気付いた人達が集まって写したり観察したりで言葉は十分通じないけれど、情報を貰う事も出来ました。

今日いたバーダーの中にはガイドを付けてる人も居ましたが、キャンプ場内で鳥待ちしていました。

だからこのキャンプ場周辺は良い場所だと思います。

ネパールで見たモズサイズの鷹モモアカヒメハヤブサに似たモモグロヒメハヤブサや○○ジュウイチ、名前が分からないタイヨウチョウや綺麗なアオバトの仲間などなど

初見初撮りは今日も四種ですがタイで初めてとかとにかく楽しめました。

今日の野鳥写真はタイの旅では名前がわからないのはアップしない方針でしたが

名前が分からないのもアップして居る場所で写したのを出来るだけアップしようと思い変更しました。

そんなんで今日はまだ名前が分かって無い野鳥ばかり三種アップします。

タイヨウチョウの仲間でキバラに似た野鳥

何の仲間か分からないけど綺麗な野鳥(ヤマキヌバネドリと判明)

ヒタキの仲間で青い野鳥

毎日が忙しくて名前を調べる時間がありません。

ネパールで写した野鳥もまだまだ名前が分かって無いのも多いのに、、、

その上に重なって来るから大変な事になりそうです。

最後になりましたがレンタカー会社エイビスは新しいバッテリーを持って来て交換してくれました。

朝にはエンジン掛からなかったんで心配したんですが、、、

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加