統合医療日記

ここでの統合医療とは単に西洋医学と東洋医学の統合ではなく、病気を肉体と精神と社会及び自然環境の4視点から見ていきます。

高橋信次と統合医療(特別編その①仏顔もどき)

2017-03-13 22:02:00 | ドクターKの宗教問答(悟りのための医学)

今から30年位前に家を建ててから、高橋信次氏の写真を座敷に飾っていました。家内がつい最近まで私の父親と思っていました。若いときはそれ程似ていたようですが、自分ではそんな感じはしていませんでした。

最近、アクセス解析で高橋信次のページが多くアクセスされるようになりました。今までユーチューブでは高橋信次の講演会の様子がアップされており、高橋信次復活の一抹の希望を持っていましたが、いつの間にか画像も消去され一つも見ることが出来なくなりました。信次先生は「宗教で飯を食っては本当の宗教が説けない」という主義で、当時7~8千円くらいとってもおかしくないような講演会で、ご本人の講演では無料というのが常でした。実際ほとんど彼の会社の収益で宗教活動がされていたという事は画期的なことでした。信次先生が泣いているぞ!!

今から5~6年前の私の写真ですが、あまり似ている雰囲気はないと思うのですが、如何でしょうか。

仏がんもどき:以前、船井幸雄に良く似ていると言われた事がありますが、そこまでは禿げていないし太ってもいないのであまり良い気持ちではありませんが、帯津三敬病院の帯津先生にも良く似ているといわれます。彼は統合医療では有名ですし、私もそちらの思考ですので悪い気はしませんが、確かに眉毛のつり上がったところは似ているようです。くしくも仏のような有名な人たちと顔が似ているということはありがたいことです。

 私の高橋信次研究:高橋信次氏のユーチューブが抹消されてから、興味を持っている人が他を検索するようになってアクセスが多くなったのではないかと思います。ということは、高橋信次氏について私なりに情報を流すべきではないかと思います。まだというか今まで一度も信次先生に会ったことがない人のために、今回の特別編で信次先生の周辺を語って行きたいと思います。

 信次先生と東洋医学:百合丘の救急病院で働いている時、なぜかGLAの療術師たちと親交が深まりました。もう名前を忘れてしまいましたが、阿佐ヶ谷のS先生は気功療法で患者さんを治していました。私も仕事で疲れストレスも多かったので、時々治療を受けていました。信次先生も治療を受けていたようでよく信次先生の話をしていました。信次先生はどちらかというと西洋医学よりも中国医学や東洋医学に興味があったのではないかと思います。

 ある日、彼に連れられて彼が指導している太極拳の教室に行ったことがありますが。何十人の生徒が一斉に24式を始めましたが、皆さん上級で一糸乱れぬ動きですごい気のパワーを感じました。ガン患者の気功療法に興味を持っていたので、太極拳にも興味を抱き、いつか自分も必ず覚えようと決意しました。

 太極拳で生き延びる:S先生は第二次世界大戦の終戦まじかで、中国軍の捕虜となり劣悪な環境の牢獄に入れられていたそうです。仲間は栄養失調といつ処刑になるか分からないストレスで、次々に死んでいったそうです。しかし彼は獄中で現地人から習い覚えた太極拳をいつもしていたそうです。結局彼は病気にもならず解放され無事日本に帰れたとのことでした。

 運動はガンに良い:健康のため適度に身体を動かすことは大切なことは誰でも分かりますが、「気」を廻らすことはもっと大切のですが、案外誰もそのことを認識していません。経験的に進行ガンの患者さんでも運動をすることが、血液循環のために大切と実感しています。ですからガンの患者さんが気功や太極拳で気をめぐらすことがさらに重要なのです。出来れば運動とともに自然の中でヨガとか気功とか太極拳でマイナスイオンの多い環境で行うことがベストです。

まだ全部完成されていませんが、今から15年位前に立てていた統合医療村の計画です。一万数千坪の畑と山林の中で、運動のための遊歩道は絶対条件でした。

  時間がないので話が飛びますが、健康でいること病気が治ること、それの絶対的なコツは電子を奪われないこと電子を戴くことなのです。良い空気と水と食が大切です。

ちなみに、スキルス胃がんで死ぬ1年前の父の写真です。私には似ていません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天然ラドン温泉と武田信玄の隠し湯

2017-02-26 23:57:45 | 健康



地獄の苦しみと言って良い位の痛みでした。数年前帯状疱疹にかかり重症でした。



一昨日、NHKで偉人達の健康診断ー戦国武将に学ぶ健康法ーという番組がありました。一番に出てきたのが名将武田信玄の隠し湯で増富温泉。これはラドン泉です。昔はラドンが相当高かったようですが、今は開発で少し下がっているようです。武田信玄の隠し湯は色々あるようですが、この番組ではラドン泉のホルミシス効果と言っていました。80戦を戦った信玄はいつも傷だらけで、この温泉で治したといっていました。最後に足利と協定をくみ京へ上洛する時に病死しました。これはいつも入っていた温泉には入れなかったからであろうとまで言っていました。隠し湯はまだ沢山あるので少し言い過ぎかと思いましたが、ヘルペスの経験からして確かにそうだと思いました。ラドン泉はとにかく炎症に一番良く効きます。腕を切り落とされる痛みが3回手首が切り落とされる悶絶するような痛みが2回くらいありました。何も薬が効きませんでした。しかしラドン洞窟風呂の温泉に入ると2日間痛みから解放されました。ホントに救われました



まだ悪い時ですが、今では右手の傷もケロイドを残すことなく治りました。


洞窟風呂の源泉は36マッヘのラドン泉ですが。カーサ・テルマエの各部屋の風呂には78.9マッヘ(2年前の測定で64から78マッヘに増加しました)の3号泉が入ります。強烈です。


各部屋には打たせ湯&肩湯のスパージュが入ります。


ラドンは暖めると出てくるのですが、水滴になると表面張力で水から出てきます。ですからシャワーの機能が重要です。信玄以上のハイテク隠し湯となるでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熊井温泉 カーサ・テルマエその②全てを癒す万能空気

2017-02-12 00:11:19 | 健康



健康温泉アパートをコスモガーデンハウス鞍手という名前にしようと思ったら、何かマンショングループでコスモガーデンという名前があるのでやめました。熊井温泉 カーサ・テルマエにしました。テルマエというのはラテン語で浴場の事ですがカーサ(CASA)というのはイタリア語で家という意味です。イタリア語とラテン語がゴッチャですが、熊井温泉の風呂の家という風にしました。以後はこの名前で行きますので宜しく



寒い夜に生まれ死ぬかと思ったヤギの子、3週間前に生まれた「雪」も元気で木にも登る勢いです。



カーサ・テルマエの各部屋に直結する掛け流しの3号泉の酸化還元電位、中性なのにマイナス25ミリボルトです。



78.9マッヘ、福岡県では一番、日本でもおそらくベストテンくらいの高濃度天然ラドン温泉です。

還元水より還元空気活性水素水というものがありますが、元来活性水素というのは水素元素のことであり、元素というのは百万分の一秒の単位で動いているので、止めることができない物質です。ですから活性水素水というのは私には意味が分かりません。水に水素分子すなわち水素ガスを入れて活性水素水というのもわかりません。
 以前、学会で認知症の権威が講演していました。彼によると「実は認知症に良いのはクスリよりも還元水だ」と言っていました。そして自分は活性水素の錠剤を飲んでいるとのことです。還元水というのは分かりますが、活性水素の錠剤となると、この医者は量子力学が全く分かっていないなと思いました。
 物理の世界で健康に関するものは還元と酸化しかありません。還元はエネルギーの縮小で酸化はエネルギーの拡大です。これをエントロピーの縮小とか拡大とか言ってもよいでしょう。還元とエントロピーの縮小は分かり易く言うと若返り、エネルギーが高かった元の状態に戻るということです。これに対して酸化とはエネルギーの拡大放出です。老化することです。
 これらを健康面でいうと還元とは若返りや病気平癒です。酸化とは老化とガンや動脈硬化による病気の進行です。ですから還元性のあるものは病気の予防や治癒に必要なのです。
こういう意味では還元水を飲むのは良いことですが、それよりは還元空気を吸うのが人体に還元力を楽に、かつ大量に摂取出来て私たちの健康に極めて効果的で病気の予防と治療に良いことなのです。


還元と酸化は電子の動きの違い酸化とは酸化されるという意味で、その物質が酸化されて電子を奪われることです。還元とはその物質に電子を与えることです。すなわち電子を人体がもらうことが還元されるということです。要するに若返りと病気治しです。抗がん効果のある抗酸化物質とは人体に電子を与える物質のことです。 
 活性酸素とは人体から電子を奪う作用があります。抗酸化物質とは活性酸素除去物
質のことです。要するに酸素を奪う活性酸素に電子を与えて無毒化することです。活性酸素は老化とガンを生じさせますので。ポリフェノールや電子の多い還元水が身体に良いわけです。
 電子とはマイナスイオンのことですからマイナスイオンの多い還元空気が身体に良いと私は言いたいのです。還元空気は田舎に多く都会にはありません。電磁波や自動車や工場の空気汚染でプラスイオンが多いのです。それでなくてもイオンが測れるようになった時は、大気中のプラスイオンが1に対してマイナスイオンが1.2でしたが、今は逆転しています。
 ガン、うつ病、糖尿病。認知症と病気は増加の一途をたどっています。色々な健康法が巷に溢れていますが、実はこのことが分からない限り問題は解決しません。マイナスイオンの多い空気を沢山吸うことこそ、最も健康的な方法なのです。人は一日食べ物が2キロ、水が2キロ、空気を20キロ摂取しています。このことからも身体の健康や病気回復にとって空気環境が如何に重要かが分かるでしょう。
 現在、還元空気という言葉は私しか使っていませんが、数十年後はその大切さが分かり、還元水のように多くの人に知られるようになるでしょう。












シイタケの準備でクヌギの木を置いています。そろそろ駒うちですマイナスイオンの多いところで育てたシイタケは限りなく美味しい。山のアワビです。住人はこれを食べる事になります。



アパートの住人は温泉だけに入っているわけではありません。一万数千坪の畑や果樹園の散歩もしくは仕事?をします。特にマイナスイオンの多い山の遊歩道コースは現在既にありますが、もっと花木を植えてもっと長距離にします。マイナスイオンの多い環境の中で運動をすれば呼吸量が5倍になり身体は電子で満たされ癒される事になります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コスモガーデンハウス鞍手その①空間の治癒力

2017-01-29 15:24:47 | 健康

4月完成予定のコスモガーデンハウス鞍手




自宅、クリニック、そして温泉健康アパートの人生3回目の地鎮祭です。

狸とキツネとイノシシクリニックを建ててから17年目になります。当時は道もなく1万2千坪の楕円形をした田畑山林の3分の1くらい中に建てました。住人は0人でした。今もそう変わりませんが、こんな所で開業するのは無謀で自虐的です。倒産するに決まっています。開業する前には市場調査をしますが、私有地の広さであれば3000人くらいはいないと経営困難になります。狐やイノシシではお客になりません。たまに狸が患者に化けて来ましたが・・・しかしながら神のお導きでここまで来たと言う感じです。

人が救われるのは空間の力
よく補完代替医療とか統合医療とか言っていますが、私には大きな疑問があります。それは空間を無視しているからです。都会の大気汚染や電磁波その他もろもろのストレスの多いところで、自然の力で治すという統合医療を行うことは少し矛盾を感じます。人の1日の摂取量で、水が2キロ、食べ物が2キロ、空気が18~20キログラムあります。空気にも分子量があり、人は毎日多くの空気を吸っているので、空気の量はとてつもなく多く人間に強い影響を与えるもととなります。

還元水よりも還元空気最近活性水素とか還元水とか抗酸化物質とかいっていますが、それは様々な酸化ストレスで身体の酸化を防ぎ、認知症や動脈硬化やガンを防ぎたいあるいは治したいと思っているからです。それならば一番一日の摂取量が多い還元空気を吸うべきでしょう。還元空気と言えばマイナスイオンとほぼ同じですが、マイナスイオンをネットで調べると詐欺的なマイナスイオン発生器などの商品の批判が多くなります。しかしそれは発生窓口のマイナスイオンが2万3万と多いだけで、大気に薄められて鼻から吸うときは他の場所とそう変わらず意味がないと言うだけで、マイナスイオンがダメだと言うわけではないのです。


洞窟風呂を作っている時の石のそばのマイナスイオン


奥入瀬渓流に行ったときのマイナスオンは何んと!!2万個/1cc以上。これには私も驚きました。ここに住めばガン治るんじゃないのと思いました。ちょっと冬は無理かな。


玉川温泉に行ったとき放射能の高い場所で岩盤浴をしていたガン患者さんのそばのマイナスオン。5千8百そこそこあります。


熊井温泉洞窟風呂完成後の中のマイナスイオン4千個/cc、玉川温泉の一番良い場所とそんなに変わりません。


大気全体が還元マイナスイオンですから病気を還元空気で治そうとすると、大気全体がマイナスイオンの多い場所に行かなくてはなりません。都会ではラドンルームとかホルミシスルームとかがありますが、大自然の力には及ばないと思います。それに長くはおれないし生活も出来ません・・・パワースポットが流行っていますが、要はラジウム、ラドンがあったりマイナスイオンが多いところです。無論大木もマイナスイオンを多く出します。このように1日空気を20キロ吸うので、還元性のある大気環境の良い所にいる事が病気を治す絶対条件と言っても過言ではありません。これが私が田舎にクリニックを建てた理由なのです。そしてその17年後、住居環境として、コスモガーデンハウス鞍手を建て、福岡県で一番、おそらく日本でもベストテンくらいのラドン温泉を各部屋に掛け流しの構想でリーチとなります。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

愛と憎しみー縁ある人ー

2017-01-26 00:48:01 | ドクターKの宗教問答(悟りのための医学)

お母さん「小春」の後にいるのは生まれて一週間になる「雪」です。小雪の舞い散る夜に生まれので名づけました/font>


お父さんの「勇気」は男前

怒りの螺旋企業では去年の労働安全衛生法の改正により義務化されたストレスチェック後の面談が多くなりました。産業医が内科や外科が多いので、その企業とは何の関係もない私が面談に行かされています。やく80%くらいは対人関係問題で、そのまた多くもアンガーコントロールの失敗です。みんな「怒り」で苦しんでいます。怒りの感情は人に持続的な交感神経の緊張を強いて、その結果疲労感が強くなります。長時間労働となればなおさら大変です。うつ病にもなりかねません。しかし袖振り合うも多少の縁という言葉があるように、自分のことばかり考えずにお互いの立場を理解し会うことも必要です。そうしなければ怒りと緊張は螺旋のように続きます。


カルマの法則ほとんどの人がこの人生はこの世限りと思っているので、今世はどうしても自我が強くなってしまいます。自分がしてもらっている事を忘れて、仲間に不満を持ちそれが怒りとなります。怒りは増幅するのでとんでもない対立になってしまいます。しかしそれは過去世でも有ったことで、今世でも繰り返されていると言う事です。だから今世でそれを乗り越えることが出来なかったら、また同じ悪縁が?来世で起こるということです。この世に生まれてくる目的は世のため人のために役立つ事、魂の修行すなわちカルマの修正のためです。怒りを克服するコツは結局相手からしてもらっている事を気づく力、感謝する心です。それにはやはり魂が永遠で転生輪廻している事を知り、最終的にはその輪廻から解脱することが価値あることいつも意識しておくことです。

近親憎悪一番怒りと憎しみが強くなるのは近親者間です。相続争いの結果がそれですが、戦国時代でも親子で兄弟で殺しあうという事があります。肉親は過去世からの縁がとても強いので、その期待が外れた時には強い憎しみが生まれます。「親しき仲にも礼儀あり」という言葉がありますが、近親者は話さなくても自分の気持ちが相手に分かっていると思います。お互いそうなので大きなフックの掛け違いが起こり、とんでもない関係になってしまうことがあるのです。親子兄弟と言えども、常々しっかりしたコミュニケーションが必要なのです。強い怒りはとても心の緊張が強いられます。許しと和解は、怒りから来る興奮よりはるかに快い平和をもたらします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加