ホクトマンのアドブログ

アドベンチャープログラムを愛するすべての人と、そうでもないすべての人へ。世界中の人がファシリテーターになればイイのに。

背中をまるめてとぼとぼと男は…

2007-05-31 | 雑念
仲のよいグループへのアプローチは難しい。
確かに楽しく遊ぶ事ができるし、少しくらいならふざけてひどい言葉も愛情表現の裏返し。
ここからグループが本当に成長するには、どんなアプローチがあるのか?
運動能力も高く、問題解決もストレスを感じる前に解いてしまう。課題を難しくすると時間がかかり、集中力が低下する。
ノリと勢い、若さとバカさで楽しむグループ
振り返りも苦手で、紙に書かしても表面的…
グループをさらにUPさせる方法はなんでしょう?本日は悶々と家路につきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

先走り号泣

2007-05-29 | 雑念
本日は別の団体を指導
しかし昨日からの5年生とリーダーが気になり、引き継いだでんちゃんに聞くところによると、スネ夫ちゃんは例のごとくすねたらしい。でも悪口を言った相手があやまったら、スネ夫ちゃんも「わたしもごめん」とあやまったらしい。その時、周りの子達はどよめいたみたい。「まさかこの子があやまるなんて…」ということでしょう。いやいや少し前進。
いーんです。あなたたちは少しでも前に進めば。

ところでリーダーは?
また何か泣きそうになったみたい。
誰かに言わすと「ピーターパンシンドローム」というらしい。
特に若いリーダーに多いそうですが、「すべての関わる子供たちにすべての愛を」の精神状態。
んー。うまいことおっしゃる!
それは癖かい?癖なのかい?
とにかく感動のキャンプファイヤーで子供たちより先に号泣するなよなっ!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プロ意識

2007-05-28 | 雑念
自然学校(小5)の指導補助員(いわゆるリーダー)を泣かす。
あまり気持ちの良いものではない。
ホクトマンは思ったことをすぐ口に出す癖がある。それで痛い目にあうことも多い。
まさに「失言マシーン」!
しかし今回はあまり後悔をしていない。
参加者グループにリーダーが一人。女性。
いつもよりテンションの高いアイスブレイク。楽しむ参加者を見て、さらにホクトマンのテンションも最高潮。こんな時はあまり目立たない、泣き虫、スネ夫、ワガママさん達がちらほら出てきたグループ。
些細な喧嘩や言い争い。そのリーダーが割って入る。優しい言葉、態度、目線。優等生のリーダー?まるでマニュアルどおり?過保護の過保護。
はじめは微笑ましく見守っていたホクトマン。

しかし本日最後のアクティビィティ(モホークウォーク)。集中力の低下とワガママ度数が最高潮。活動をストップし、全員ができる状態になったらホクトマンに教えてね。それまで休憩。ってことに。するとリーダーがリーダーシップをとって解決するよう声かけをしだす。

んー?どうでしょう?

ここは大切なところ。ここを自分たちで解決しないでいつするの?というまたとないチャンス。我々アドベンチャー教育ファシリテーターはこの場面を作るために一生懸命です。リーダーに壊されてたまるか!
ついにホクトマンが動く…。
ホクトマンの失言魂かプロ意識かはたまた無の境地かその過保護っぷりを制止し、参加者自身で解決するよう促した。リーダーは驚きか戸惑いの複雑な表情で参加者からはなれた。

結果参加者は自分たちで話し合い、白熱し、一人が泣き出す始末。
ホクトマンはたまに円陣を覗きに行き、「どうなった?」

そして…。最終確認。活動のはじめに約束したことってなんだった?「みんなで楽しく遊ぶ」という単純なお約束。さすがに5年生。覚えているんです。

グループの点数を親指メーターで確認。みんな50点以下だ。「何があったら点数上がる?」「協力ぅ!」「さっきの活動でできる協力って何がある?」「応援ん」「他には?」「仲間に誘う」「他には?」「守護霊(スポッター)」

じゃあ最後もう一度チャレンジしてみる?との問い掛けにみんなうなづく。
その時グループは少しずつまとまりだしたように見えた。
そして振り返りで全員順番に今日の感想と明日へのメッセージを聞いた。
するとやはり自分たちでこういう風にしたいという目標を口にする。

そして1日目終了
学年が集合し、先生の連絡をしているとき。チラッとそのリーダーを見たら、何と!子ども達の後ろで泣いているではありませんか!
何故?聞きに行こうと思った瞬間。でんちゃんが近づいていた。今日はホクトマン指導を見てみたいということでグループに入っていたので事情も知っているのです。
するとでんちゃんがこちらに近づいてきて「色々勉強なってると思いますよ」とのこと…。
わからねーっ!!

あくまでもアドベンチャー教育ファシリテーターとしてのプロ意識ですので気にしないでくださいねー
リーダーさんが悪いわけではございませんので…
悪しからず。

自然学校(小5)の指導補助員(いわゆるリーダー)を泣かす。
あまり気持ちの良いものではない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

史上最高な前評判

2007-05-27 | 雑念
恐らく去年も史上最高のチャレンジになったことを紹介をしたとは思います
同じ中学校が再び参加者として登場
しかしラッキーなのか神のご加護なのか
ホクトマンの班はなんと気持ちのよい子達
口の悪い子やもう少しでやる気の無い無気力な感じになりそうな子はいるが、プラスな声をかけられる子や明るい子達の陽の力でグループがプラスの方向に。
午前はホクトマンのくじ運の良さを喜んでいたが、徐々に作為的な意図があるような気がしてきた。
しかし、何かあるにせよないにせよ明日が楽しみだ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風水としては…。

2007-05-23 | 雑念
京都鴨川

このあと夕暮れには「床」の風情あるたたずまいと、カップルが3mおきに川沿いを座る風景が現代の京都を象徴する
コメント
この記事をはてなブックマークに追加