ホクトマンのアドブログ

アドベンチャープログラムを愛するすべての人と、そうでもないすべての人へ。世界中の人がファシリテーターになればイイのに。

震災を静かに物思いにふけりながら

2017-03-15 | 雑念
東北太平洋沖地震において

警報が鳴った後、学校に車で迎えに来た保護者と生徒は渋滞に巻き込まれ津波にのまれた。

生徒は生徒
保護者は保護者で
即座に(別々に)避難措置を取ればどちらも生き残った可能性があったという。

その事例に伴い、津波警報時の"お迎え"の禁止を決めた自治体もあるらしい。

この事は僕の胸に突き刺さり考えさせられた。

これは地震という出来事だけではなく、
日常のリスクとして存在するのではないかと。

モンスターペアレントやクレーム、炎上の日常茶飯を見ると、その過剰なアレルギー反応によるパニックリスク(こんな言葉はないかも)は増幅している。

その原因はやはり普段の不備による「無知」や「恐怖」、(あるいはそれは同意かもしれない)その両方が起因している。

学校に対しての不信やコミュニケーション不足もその原因なのかもしれない。

もしくはただの「暇つぶし」の他者叩きなのかもしれない。ストレス解消としての。

そう考えると、普段の準備やコミュニケーションなど非常時でない時の日常の大切さを改めて感じる。

"人間は忘却の生き物である"

忘れないと生きていけない悲しみも抱えながら、それでも歯を食いしばって生きている。

復讐や憎悪を抱えて生きていく人もいるが、あまりに悲しき人生は亡くなった人の弔いにはならない。

人生を豊かに幸せに生きる事が、亡くなった人たちへのお供え物になるのだと思う。

愉快にそして豊かに

心からそう思える人生を力一杯過ごしたい。

そのためには様々な経験をした人たちが共有できるその"何か"とは何なのだろうか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 研修と桜の季節 | トップ | 世界と世界の間 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

雑念」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。