ホクトマンのアドブログ

アドベンチャープログラムを愛するすべての人と、そうでもないすべての人へ。世界中の人がファシリテーターになればイイのに。

じわじわ振り返りつつ

2016-10-31 | 雑念
企業研修で僕は何をしでかしとんじゃ。

初めてではない。
初めてではないのだが
1からみんなで組み立てて
クライアントへの資料作成をして
コーディネーターは
僕たちのことを信じて売り込み
勝ち取った企業研修1泊2日

僕はCゾーンの必要性をひしひしと感じ
またパートナーたちもそれに賛同してくれ
様々なサポートをしてくれる。

僕はアイスブレイクや
課題解決、振り返り
多くの活動のファシリテーションを行い
コーチングセッションの担当に渡す。

渡したと思ったら
「風呂上がりだから少し眠い、だから椅子を使って何かやって!」とアイスブレイクを振ってくる。

また僕は座学へ繋ぐアイスブレイクをする。

僕の脳が真っ赤に燃えたぎっていた。

いわゆる炭がイコる状態

イコっていた。

僕の頭にふぅーっと息を吐くと赤く赤外線を放っただろう。

そして最高潮に達した僕は
最終日の最後のアクティビティを
プロジェクトアドベンチャー?
体験学習?
企業研修?
成果物?
まとめ?

そんなもの関係ない。

そんなもの参加者には関係ないんだ。

彼らにとって今必要なことは?

それは単純に魂と魂のぶつかり合いである!

そう感じた僕は彼らに対峙し、
ありたけの声をぶつけた。

たじろぐ参加者

威圧感と迫力に本当に一歩下がる。

気功だよ、ほぼやってることは気功の師匠だよ。

北斗神拳のオーラで若者を後ろに下がらせる。

その威力たるや部屋の窓がビリビリ震えていただろう。

ここに到達する伏線はいろいろあったのだが
そんな映画の伏線を破壊して
マッドマックス大全開

そして彼らからの
彼らの奥底からの魂を
引き出そうとした。

日本のファシリテーターは喋りすぎ

そんな課題も燃え尽きた。

僕は確実にステップアップしたと思う。
修羅場

そう、修羅の世界である。

僕は燃え尽きた


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 写真で語る。 | トップ | 勘違いさせてしまったことと... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

雑念」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。