ホクトマンのアドブログ

アドベンチャープログラムを愛するすべての人と、そうでもないすべての人へ。1人の男のただの日常の一コマ。

め、めが…

2017-05-25 | 雑念
アクセスが増えたのはFacebookでシェアしてくれたお陰だった。

たまにgooブログはアクセス解析機能が無料で試すことができる期間があって、確認してみたらどうやらその日はFacebookからのブログアクセスが日頃の10倍以上になっていた。

ありがたいことで。

たまにはFacebookも使い方次第で宜しいですね、と肩を持つ。

さてTシャツ作り

図柄のパーツ1は完成。
インクを刷る勇気がわかない。
さて先日のパーツ2、3の失敗をまた目にして
ショックを受ける。

スムーズに1、2、3と揃えばインクも刷りやすいが、片方だけのTシャツを作っても自慢できない。

ただそのパーツ1は完成度が高そうな予感がする。
その分、パーツ2を"味"として失敗を誤魔化して刷る事に躊躇している。

パーツ3はそもそも感光さえ出来ていない。
夜を待たねばならない。

そして雨模様は感光に向いていない。

ただ一筋の光明が見えるのはパーツ1は綺麗に出来ている事。

だから同じやり方で頑張れば2も3も完成するのだという未来予想図

焦らずゆっくりやろう!

応援してもらおうと広瀬すずのLINEを友達登録してみた。別にそれほどファンじゃないが、映画のキャンペーンなのだろう。応援メッセージなどをLINE LIVEで流していたので観てみよう!

そしてその溌剌とした笑顔に癒されるおじさん。

僕はあのおかっぱみたいな髪型が好きなのだろうか?

先日もクリアファイルを見つけて
「広瀬すずじゃん!それちょうだい」と
もらったかんぽ生命のファイルはよく見たら
のん(元能年玲奈)の顔アップで

見間違いにもほどがあるのだ。

お、おじさんは、若い芸能人の見分けがつかなくなってきておるのだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

目をこすりながら起きたら

2017-05-25 | 雑念
その映画の話ししていたら観たくなって


MADMAX怒りのデスロード

ひーっ!面白ー!寝られねー!
なんちゅう面白さや!

そして猿でもわかる単純明快なストーリー
キャラクターの設定!

ひーっ!たまらんわい!

ということで夜更かしをして目が覚めたら
エゲツない寝不足に

マッドマックス怒りのデスロード観たら気をつけねば。次の日仕事の場合は観てはいけない。

そして大画面で観る事の危うさ!

もう疾走感がVR並みだ!

暗い部屋で眠い目をこすりながら雨音を聞いている。

今日は焚き火予定だったけど、雨だから辞めます。その代わり番組収録はしたいと思います。

「ファシリテーター談義(仮)」

質問も来てますよー!

ちょっと楽しみ。
配信も。

YouTubeには新しい専用アカウントを作成

近々公開予定です。

どーなることやら?お楽しみに〜
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人を育てるということと似ているのは?

2017-05-24 | 雑念
雨に思う。

心の中を落ち着かせて静かに見つめる時間
しとしと梅雨の始まりを告げてくれる。

草木や軒先から垂れる雫に降り注ぐ雨が重りとなってまた地面に叩き落ちる。

その音は響いて腹の奥底に届く。

草木は喜んでいる。
そして次に伸びるための準備をしている。
成長の準備を

ジャンプする前に膝を曲げる仕草
それが雨の音とともに心に何やら染み込んでくる。

人の成長もゆっくりすぎて
タイムラプスで撮影すれば変化も見えるのかもしれない。

それほどゆっくり変化し続ける人の変化を捉える目を宿すには悪魔と契約せねばならぬのか。

またしとしと雨が降る。

ゆっくり変化を捉えるには、自分自身がタイムラプスのように5秒間隔で定期的にシャッターを押せねばならない。

つまりその「5秒間隔」を養わなければいけないのだ。

変化を捉える方法を身につけねば、闇雲に自分本位に与え続けるしか出来なくなる。

人の成長と育てる者の間には距離が生まれ
やがてその関係性も修復できぬものに遠ざかる。

たった「5秒間隔」の"感覚"

正確で定期的なその間隔とシャッター技術
そればピントがずれたら発見できない。

フォーカスする場所はどこなのか

人を育てる事とはカメラで撮影するのに似ている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファシリテーター及び教育を一緒に考えたい人へ贈るアイデア

2017-05-24 | 雑念
運転中に1つのアイデアが浮かんだ。

賛同者というか需要があればの話なので、
僕が1人で決められないのが難点だ。

もし僕のアイデアに乗っかっても良いよという

Funky

な人はご一報ください。

"

「コーチング×コーチング」



参加者のFUN(好奇心)を大切にするファシリテーターホクトマンが、あなたのコーチングに寄り添って見学させていただき、終了後フィードバックやアドバイス、ネタや素朴な疑問、お悩みに全部隠さずお答えいたします。
あなたの現場にホクトマンをお呼び下さい。見学の許可手続きはお任せします。日程調整と場所などを直接ご連絡下さい。
費用はお気持ち(期間限定)で構いません。「昼ごはんで頼む」とか「ワンコインで」とか「出世払い」なども受け付けます。

お試し期間中(すぐ終わるかも)に是非ご連絡下さい。ホクトマン自身もファシリテーターに対してのコーチングスキルを高めるためのトレーニングを兼ねています。お互いがWIN-WINになれますように。


"

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Tシャツ作りは困難極めて

2017-05-24 | 雑念
Tシャツ作り

シルクスクリーンを太陽光に晒して
露光すると紫外線の当たらないところが抜ける。

そしてインクの通り道だけが出来た版画板のようなものができる。

ただそれだけの単純な事なのだが、その紫外線の量や感光液の固まり具合でマダラになったり端がボロボロになったり。

また1からヤー

1つできたら1つ失敗。

こうなると僕は器用さを否定せざるを得ないほど凡ミスを連発。1つのTシャツのデザインをプリントするのにこれほどミスっていたら商売なんてできねぇ!

まだインクを流し込む前だ。

Tシャツにインクでプリントするところの行程に緊張していたのだが、まだまだ全然そんな所まで行かない。

もう業者に頼んだ方が安いのでは?という所まで来た。

そして僕がこの作業を楽しんでいなかったら、辞めてもいいレベル

という事で1つの型が出来て2つは失敗した。
もうこのまま失敗した型で作ってもいいのでは?と思う。

初回限定版としてかすれたり端が切れていたりも良いのでは?と一回刷ってみよう。

不本意ではあるが、人間らしい手作り感は嫌いじゃない。

失敗を失敗としない。
失敗を"味"とカウントして自信を持ってオープンする。

完璧主義は僕のお客さんにはなれない。

"味"として喜んでくれる人にご提供しよう。

機械の大量生産ではない手作りの良さを楽しんでくれる人達は少なからずいるだろう。

という事で休みの合間に太陽光に当てて、別件の動画編集をして、出来上がって夜を待ってから蛍光灯をつけずに手元のLEDライトだけで洗面所でゴシゴシやっている姿はほぼ「妖怪小豆洗い」である。


『絵本百物語』より

しかし本日は曇り空。
昨日の作業日の天気とはうって変わる。

まるで昨日の作業を終えた事を誰かに見られているかのようだ。

本日からはインクすりすりの行程に入る。

僕の使い古した無地のTシャツに試し印刷をしてみよう!

上手くいくのか?

まずはお仕事に。

明日はお楽しみの「ファシリテーター談義」収録の日

焚き火は微妙だけど収録はガストでも出来ますからー!ガヤガヤの中面白トークが炸裂する事を祈ります。

質問&要望なんでも募集中です。本日まで。

たこやきとホクトマンが話すテーマをご教授くださいませませ!


Tシャツは完成したらまた写真をアップしまする。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加