社長のひとりごと

箕面の工務店 ホクト住建(Life-labo北摂)社長のよもやま話

環境の変化が共感を呼ぶ

2017年06月14日 | 暮らし
6月14日(水)
今日も晴れ! 梅雨はどこへ行ってしまったのか?
とりあえず晴れに感謝して仕事をすすめます。


今日は午後から週に一度のミーティングの予定が、みんな現場が忙しく、泣く泣く現場を優先して今日のミーティングは中止となりました。
その分、やらなければならないことに手を付けることができたので、良しとします。

共感

その後に予定していた見積り提案にお伺いして、見積の内容や工事の方法、いろんな選択肢の中から自分なりに最適だと思える内容をお伝えした上で、工事の範囲を最小限に抑える方法をご提案して、ご了解をいただきました。

本来なら、工事の範囲を広げて、なるべく売り上げを上げることを考えないといけないのかもしれませんが、私自身のスタンスとしてどうしてもそういう考えになれないのが困ったところです(笑)

しかし、そうやってお客様のことを一番に考え、たとえ工事が縮小しようともプロとして最適な方法をご提案することで、お客様との信頼関係が構築されます。

その結果、今日もご近所の方をご紹介いただいて、現場の調査もさせていただきました。

そこでも、私たちが事務所のフリースペースをお客様と共にワークショップ形式で作り上げ、そのスペースを地域に開放し、地域コミュニティーの核となることを目指していること、無農薬の野菜作りに取り組み、食の安全も発信していきたいと考えていること、工務店という枠を越えて暮らしの安心を提供するという考えにも共感していただいて、益々やらなければならないという決意を固める後押しをしていただきました。

食の安全に取り組みだして、小さな畑で自ら無農薬栽培を始めてから、自然と周囲から自然農法に取り組む方たちの情報が集まってくるようになってきました。

今日も伺った先で、89歳の方が自宅の屋根の上で栽培しているという無農薬の小松菜をおみやげにいただきました。



89歳で長年にわたり都市の緑化などに関わってこられた植物の専門家だそうですが、89歳という年齢で、屋根の上で農作業をしている姿がどうにも想像できず、興味ばかりが膨らみますが、きっとこの方とも近いうちにお会いできる機会があるような気がしてなりません。

自らの環境を変えることで、周りの環境もどんどん変わりはじめ、不思議とこれまでとは違った情報が集まってくるものです。


事務所の畑では、カボチャの花が大きく開いて、トマトも順調に育っています。









ワークショップ第四弾を開催します

6月17日(土) ペットボトル菜園作り 10:00~11:30

詳しくはこちらをご覧ください→イベント情報




ホクト住建では本気で大工志望の若者を募集しています!

やる気と気合のある人なら、経験・学歴・性別は問いません。

我が社では職人の枠を超えた社会に通用する職人を育てます。

物作りの好きな若者にお心当たりの方はぜひご連絡ください!

日本の未来を支える職人への扉を開けて待っています。

            

大阪で建築家とつくるソラマドの家⇒ソラマドの家・ライフラボ北摂【ホクト住建】のホームページ

下のバナーをクしごとリックしていただくと

ブログランキングのポイントが上がります


皆さんの応援が励みになります!

 ぜひワンクリックお願いします
     ↓
にほんブログ村 住まいブログ ハウスメーカー・ビルダー・工務店へ

PVアクセスランキング にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大阪、神戸は見事落選! | トップ | 昔とった杵柄 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL