hokutoのきまぐれ散歩

2013年5月に始めたブログも4年目。ついに9月で毎日更新が1200日を超えました。いつまで続くのか。(画像は浄瑠璃寺)

ルー・ド・メール〜神田ランチグルメ

2017-03-21 05:00:12 | グルメ

神田はカレーの街である。町おこしに始めたカレーグランプリで切磋琢磨した有名店が広く分布、ボンディ、日乃屋カレー、マンダラ、エチオピアといった店は全て神田にある。そうした有名店の一つである『ルードメール』にお邪魔する。

このお店は神田駅から神田外語学院に向かう途中のビルの2階にあるこじんまりとした洋食店でご主人は有名ホテルの元料理長とのこと。今はホールは1人と家族的な雰囲気。開店5分前に到着すると優しいご主人はどうぞお入りくださいと早目に開店して頂く。

ランチメニューはセットが4種類、黒毛和牛カレー、オムレツ載せのドライカレー、チキンカレー、ポークカレーから選択。ドライカレーと黒毛和牛カレーで悩んだが、やはり王道の黒毛和牛カレー(スープ付きで1100円)をお願いする。

店内ががらんとしていたのはものの5分、スープが運ばれ、これを味わっていると、次から次に新たなお客さんが来店。

テーブルが6つくらいしかないが、すぐに満席。しかし、カレーもすぐに到着。

カレーについて。すでにライスにカレーはかけてあるタイプ。シンプルで牛肉とマッシュルームしか入っていない。まずは一口。いわゆる欧風カレーではあるが、かなりスパイスが効いている。トロトロの牛肉はホロホロ崩れ、よくある繊維がきつい肉とは一線を画す柔らかさ。最初は甘く、徐々に辛味が出てくるルーは凄い。添えてある福神漬もいい。

ゆっくりと味わおうと頭では思うが、だんだんカレーを口に運ぶスピードが速くなり、5分で完食。時間を見ると11時40分、それでももう待っている人もいたので水を1杯飲んで店を後にした。店の人の対応もテキパキしていて清潔感に富んだ店はカレーの味だけでなく全てが素晴らしい。ご馳走さま。

神田ルー・ド・メール
千代田区内神田3ー10ー7
0352984390
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊橋〜江戸川橋(神田川沿い... | トップ | 特急小江戸号に乗車する »
最近の画像もっと見る

あわせて読む