hokutoのきまぐれ散歩

2013年5月に始めたブログも5年目に突入。もうわずかで1500日、毎日更新しますよ。

中延駅

2017-06-19 05:00:25 | 日記

『メトロに乗って』その61。今回は都営浅草線中延駅で降りて歩いて見る。中延駅を降りると目の前に第二京浜(国道1号線)が走っており、その交通量の多さに驚く。


西馬込方向に歩き、二葉四丁目の交差点を反対側に渡る。すぐ右側には東急バス荏原営業所があり、多数のバス車両が整備を待っている。


この道は細いがバスも通り、次の交差点には歩道橋も完備。朝の通勤時間や通学時には車も多いのであろう。

その先を左に曲がると上神明天祖神社がある。立派な銅板が張られた鳥居をくぐり中に入る。

この辺りはかつて蛇窪村と呼ばれており、1644年に上蛇窪村と下蛇窪村に別れたのだが、昭和7年東京市に編入の際に神明社(現、天祖神社)に因み、上神明町と下神明町に改名されたものである。


神社の奥に行くと白蛇、龍神、弁天様を祀った社と池があり、その前に蛇窪の白蛇大神をかたどった像、さらに撫で白蛇の石像も置かれている。まずはこの願いを叶えてくれる白蛇様に仕事の成就をお祈りする。


今度は来た道を戻り、中延駅前の交差点を左に行く。すると東急大井町線中延駅の前に出てくる。少し歩き、右に曲がると『中延スキップロード』というアーケードの入口になる。

周辺では戸越銀座の商店街が有名だが、中延スキップロードもここから池上線荏原中延駅まで330mのアーケードが続く。


入口には肉屋、すぐ先には八百屋、さらにチェーン店ではない家電ショップなど珍しい店も沢山ある。


ただ、薬屋は閉めていて、さらにまいばすけっとや弁当のチェーン店、マッサージ、歯科医院などが幅を利かせ、昔ながらの商店は減っているのかもしれない。

しかし、シャッターを下ろした店は少なく、まだまだ庶民の味方の商店街は健在のようである。その先の荏原中延駅まで歩き、今日の散歩は終了した。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神田錦町更科〜神田ランチグルメ | トップ | 東芝浦橋、浜崎橋 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む