hokutoのきまぐれ散歩

2013年5月に始めたブログも4年目。ついに9月で毎日更新が1200日を超えました。いつまで続くのか。(画像は浄瑠璃寺)

富山はま作〜日本橋ランチグルメ

2016-10-17 05:00:56 | グルメ

今日はある出版社の帰りに日本橋とやま館(富山県アンテナショップ)の中にある和食レストラン富山はま作でランチを頂く。まだ、出来立てのアンテナショップはさすがに綺麗。はま作は他のアンテナショップ内の食堂のようにフードコート並みのそれと異なり、ちゃんでしたテーブル席が並ぶ。

1人のためカウンター席に通されるが、目の前では板さんが刺身定食をせっせと準備中。甘エビも美味そうだが、今日は氷見うどんの定食(1480円)をお願いする。

実ははま作は東銀座でかつては定員10名程度の小さな店をやっていたが、アンテナショップオープンと同時にこの場所に移ってきた。


左の人はわっぱ飯、その隣の人は天ぷら定食、こちらも中々そそられる。しかし、今日はこの限定20食のうどんと寿司の定食にする。10分ほど待たされてうどん、マス寿司、小鉢、漬物が乗せられた定食が到着。

うどんは澄んだツユでおぼろ昆布とカマボコ2切れ、かき揚げが乗っている。添えられた七味を振り、まずはうどんから。細いめんは喉越しがよい。カマボコも昆布が巻いたものとオレンジ色の渦巻きの2種類、いずれも富山らしい。

小ぶりのかき揚げもツユを吸っていい感じ。ツユは上品な透き通った少し甘め、出汁がよく効いている。いや、これがスルスルとよく入る。

マス寿司は2切れ、伝統の味は醤油もいらない。また、小鉢の魚の南蛮漬けも味が変わり美味い。あっと言うまに平らげる。少し高めだが、三越帰りの奥様にも人気のようである。ごちそうさまでした。


富山はま作
中央区日本橋室町1ー2ー6日本橋とやま館
0335163011
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 井の頭線トリビア(2) | トップ | 井の頭線トリビア(3) »
最近の画像もっと見る

あわせて読む