北面武士

至誠通天

平成二十九年 皇大神宮別宮 伊雜宮・御田植祭

2017-06-29 | 日記

六月二十四日(土) 曇

本日、皇大神宮別宮 伊雜宮において、指定無形文化財・御田植祭が執り行われた。

当方が伊雜宮奉賛会・特別撮影班として奉仕させて戴いてから10年となるが、以来一度も雨に見舞われた事がないのは神の恩恵かと思う。

写真機とレンズの最大の敵は水なので、雨が降ると傘をさしての撮影となるので不便極まりない。 特に人が密集していると傘が邪魔して被写体に近づけない。

最近は集中力が欠如してきたので、納得いく写真があまり撮れてない・・・。 昨年より本業の影響が強くなり、昔のように公私の明確な切り分けが出来てないような感じだ。

どうにかして現状を打破しなくてはいけない。

何はともあれ、本日はめでたき日にて気分上々。 本業を忘れて祭りを楽しむ事とする。

御田植祭式次第。

 

天気曇天なれど降雨なし。 

 

 

御領田の稲を伊雜宮の正殿前鳥居まで運ぶ。 杁(えぶり)と田道人(たちうど)等の4組が同作業を行う。

 

 

伊雜宮参道にて。

 

伊雜宮正殿前鳥居に稲を置く。

 

古代日本は、稲作の普及により安定した食料を得る事が出来るようになった。

 

今年の担当地区は、山田区と沓掛区。 

 

神宮を守護される衛士の方々。 いつもありがとうございます。

 

上之郷公民館前にて「式三番」開始。

 

この日の為に一ヶ月練習を続けてきた子供達。 

 

師匠の谷崎氏。 この方が毎年子供達に唄や踊りを教えられている。

 

沓掛区長、志摩市長、山田区長を先頭に、公民館前から伊雜宮へ参進。

 

伊雜宮境内へ。

 

境内で神宮大宮司代理の方も参列なされる。

 

神職により修祓の儀が執り行われる。

 

全員で伊雜宮へ参拝。

 

杁と田道人。

 

祭の花である早乙女。

 

笛、大鼓、簓、謡。 バンドのメンバー達。

 

衛士さんの先導で御領田まで参進。

 

今朝の稲。

 

 

神職による修祓の儀の後、作長さんが稲を御領田へ放下。

 

祭の主役達。

 

伊雜宮奉賛会 副会長(実際の総責任者)・南幸夫氏。    いつもお世話になっております。 感謝合掌

伸ちゃんも新生会で八面六臂の活躍していた。 とりあえず元気でなによりだ。

 

普段は田に入る事もないので、一歩一歩がぎこちないですね。 頑張れ!   私は足が埋まって歩けないだろうな。

 

 

 

いつもお世話になっている伊雜宮奉賛会の方々。  いつも修さんの家に車を駐車させて戴いております。 感謝合掌

 

南幸夫さんのおかげで、夢の伊雜宮奉賛会会員となれた村田憲彦。 心から感謝してるのかい? 

 

 

早苗を取っている頃に、竹取神事に参加する男衆が左右に並び始める。

 

 

 

 

なんか楽しそうだ。

 

いよいよ竹取神事開始。

 

今年は若い者が増えていたので活気に溢れていた。 

 

 

キタ~! 泥が飛んでくる! 私はGパンに5発被弾、ほっぺに1発被弾、写真機は撮影直後に後方へ避難し無事。  

隣の報道機関は慣れたもので、ビデオレンズ前にアクリル板を付けて、カッパ着用。 アクリル板は大量被弾・・・。

 

村田憲彦。 最近は竹取神事で少々おとなしすぎるのではないか? 酒飲んでいるか転がっているか、楽ばかりしているように思える。

 

頑張れ! 村田憲彦。

 

いよいよ竹を下ろす準備開始。

 

竹に貼り付けてある紙を奪い合う。

 

 

 

回せ回せ!

 

逆回りだ!

 

 

 

竹の中央でまったく走ってないにも関わらず、村田憲彦のステテコがずれて、中のパンツもずれ始めている。  汚い・・・。

 

 

このまま隣の川へ行き、竹を切り取る。 

 

杁が荒らされた田をならす。

 

御田植祭で一番重要な「御田植の神事」。 唄と拍子に合わせて早苗を植えていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おじさんには辛い作業に違いない・・・。 

 

参議院議員・吉川ゆうみさんを囲んでの一葉。

 

志摩市副市長の加藤氏も竹取神事に参加。  個人的には彼に市長になって戴きたいと思う、若くて聡明なナイスガイだ。

 

この度の祭りの担当者である、沓掛区長、師匠、山田区長。  どこかの襲名披露のような・・・、失礼。

 

御田植の神事を見守られる神職一同。

 

来賓席にて、竹内市長による挨拶。   

午前中、藤原の氏長者であらされる近衛忠大公のお姿を拝見したが、この頃には見当たらなかった。 御挨拶しかたったのだが、残念至極・・・。

 

平安の御代から変わらぬ、鎮守の森を背景にした風景。

 

 

 

昼休みとなる。  私は一旦帰宅し、雑用を済ませる。

 

早朝5時より稼働されている奉賛会の方々。 ありがとうございます。

 

不測の事態に備える警察官達。 暇で何よりである。  昔、村田憲彦が婦人警官にちょっかいばかり出していたので、以来婦人警官は誰一人来なくなった。

 

今年は土曜日というのに、例年よりテキ屋の店舗が少ないと感じる。  当局の締め付けが厳しくなったのだろうか?

 

昼休み時間になると人も減ってきたが、今年は例年より小中学生が多い。 テキ屋の皆さん、頑張ってちょ!

 

15:00より踊り込みが開始される。  師匠、沓掛区長、市長(奉賛会会長)、山田区長の面々。

 

御領田から伊雜宮まで2時間かけて踊り込みを行う。

 

暑さに負けず頑張れ!

 

全員一丸となり祭りを盛り上げる。

 

唄い踊りなが少しずつ練り歩く。

 

15分毎に休憩。 親も子供達の冷却作業に必死だ。

 

祭りも残すところあと少しだ。 気合い入れて唄え~!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ伊雜宮境内へ。

 

 

千秋楽を舞う三名と唄と囃子を奏でる後方の子供達。

 

市長の挨拶。

 

神宮神職による御挨拶。

 

感極まり、熱き言葉で感謝の気持ちを伝えられる山田区長。

 

沓掛区長による万歳三唱。  今年も皆さん”降参”状態・・・。 ちゃんとした万歳を行いましょう。

 

師匠の胴上げ。

この後、各区長ややくびと達の胴上げで完遂。  誠にめでたき日である。

私はこの後急いで帰宅し、シャワーを浴びて同業者の送別会へ出向く。

一日中汗をかいて歩き回っていたので、生ビールが飛びきり美味かった!  最高! 

それでは、また。 ごきげんよう。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 告別式 | トップ | 平凡な日々 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。