北面武士

至誠通天

告別式

2017-06-20 14:09:19 | 日記

 

六月十八日(日) 曇雨

早朝09:00に犬塚先生と横山大兄を迎えに行き、コメダ珈琲店へ向かう。

加藤大兄達三名は既に到着しており、席を確保して戴いていた。

九月の末廣神社主催の禊研修会の件等で盛り上がり、BBQの役割分担や準備の件を確認後、

加藤大兄達は上方へ戻られた。 

コメダで一服した後、犬塚先生と横山大兄と共に葬儀会場へ移動し、少々早めの昼食(弁当)を戴き、暫し知り合いの方々と雑談を交わす。 

13:00より告別式が始まり、神主二名にて粛々と祭儀が執り行われた。 昨日の通夜より参列者が多かったように思える。

告別式終了後、南家親族の集合写真を撮影させて戴くが、ストロボの使い方が下手なので遺影のガラスに反射してしまう・・・。 角度を変えても・・・。 アシスタントが必要だった・・・。

南さん御一家へ挨拶してから、犬塚先生と横山大兄と伊勢の神宮神田まで移動。

毎回、移動中の車内での犬塚先生や横山大兄のお話がとても勉強になる。 茶室同様の密室での会話となるので、当方も回りを気にせず色々な事を尋ねられるし、多種多様の深い話をする事が出来る。 当方はこの移動時間を一番大切にしている。 

今年は稲の成長が僅かに遅れているように思える。  昨年の今頃は風になびいていた記憶がある。

 

神宮神田を背景に。  犬塚先生は日本酒を止められてから少しスリムになられたようだ。  横山大兄は前回お会いした時より少し・・・。

 

昔ながらの原始的な方法での稲作が行われている。  自然との共存共栄にて、神の恵みを知る事が出来る。

 

写真は下手だが、心安まる美しい風景だ。 日本の原点である瑞穂の国そのものである。

 

神田を背景に。

 

その後、近鉄宇治山田駅にて一服して、犬塚先生は帰途につかれた。 

遠路遙々お疲れ様でした。 感謝合掌

犬塚先生をお送りして、横山大兄と伊勢志摩・道の駅へ行き、田畑君から岩牡蠣と牡蠣と栄螺を馳走になる。 横山大兄はカワハギに続き、岩牡蠣の美味さに嵌まってしまった模様。 確かにあの濃厚な味わいはやみつきになると思う。  田畑君、ありがとね!

一旦帰宅して風呂に入って汗を流して、19:00に横山大兄を迎えに行き、当方の駐車場へ車を戻して近所の「松阪牛 長太屋」という店で焼肉を食す。

日曜日というのに満席で、カウンターしか空いていなかったが、肉が食えればカウンターもテーブルも関係ない。  稀少部位のセットや九条ねぎ巻、サーロイン等々を注文するが、ハッキリ言って部位の味の違いは何となくわかるが、全体的に松阪牛と飛騨牛と神戸牛の違いはわからない。 ハッキリわかるのは美味いか、そうでないかだけだ。 

まあどうでも良いけど、間違いなくこの店の肉は美味い!  次回の来訪時には、昭和高度成長期のガード下風の魚の美味い居酒屋を約束。

撮影を忘れ肉を焼いていて気がつく・・・。  肉を目の前にすると理性が吹っ飛ぶ悲しい性・・・。

 

こちらも2巻食して気がつく・・・。  ネギと玉ねぎは大好きなので、九条ネギ巻を注文。 九条・・・。

 

サーロイン。 ペラペラのステーキみたいだ・・・。  他に別の稀少部位セットとハツ、ミノ等の内臓系やニンニクホイル焼きを注文。

肉を食していると生きていると実感する。  感謝合掌

食後、横山大兄はデザートにパフェを食す。 撮影したのだが、あまりにもミスマッチな写真だったので自粛。 

近所のコメダ珈琲店で熱いコーヒーを飲みながら四方山話を楽んだ後、宿までお送りして再会を約束して別れる。

帰宅後、明日の昼休みに店頭にてプリントアウト可能な状態とすべく、写真整理を行いUSBメモリーに書込を行う。 明日夕までには南さんへ写真一式を手渡したい。

多忙な二日間だったが、御来訪戴いた皆様や地元の仲間達と共に、大変満足した時間を送る事が出来た。

それでは、また。 ごきげんよう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 通夜 | トップ | 平成二十九年 皇大神宮別宮 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。