北面武士

至誠通天

神嘗祭初穂曳き

2016-10-17 18:29:16 | 日記

十月十六日(日) 晴

不得意の早起きを克服し、作務衣、法被姿で写真機を肩にして車にてホテルまで。  

犬塚先生御一行と合流し、浦田橋下の集合場所まで移動。  二年前に参加した時は、前日の大雨で五十鈴川が増水して陸曳きとなったので、今回が初めての川曳きとなる。

今年の初穂曳き担当は「四郷」地区。  昨日まで寒かったが、当日は少々汗ばむくらいの秋晴れとなり、水に浸かっても寒くない最高の天気に恵まれた。

駐車場にて気合いを入れて祭りに参加する秋山大兄、犬塚先生、髙尾大兄、荻原大兄。

 

毎年、神宮参拝禊会にて経理を担当して戴いている伊勢・大湊奉献団団長の井村さんの御尽力で、この素晴らしい祭りに参加させて戴いてる。 感謝合掌

 

秋山大兄がスマホ写真撮影を依頼されて、私の隣で撮影中。

マスヤ グループの皆さん。 若い社員がこれだけ祭りに参加するとは、何て良い会社なんだ。 美味しい、おにぎりせんべいで有名です。

 

私も写真撮影を依頼されたのでついでにパチリ。 皆さん清々しい良い笑顔をされている。

 

伊勢市長・鈴木健一氏と共に。

 

 

この船を曳いて五十鈴川を上って、内宮参道まで進む。

 

猿田彦神社の神職により粛々と神事が執り行われる。  無事内宮参道まで導いて下され。    この後、要職の方々のご挨拶だが割愛。

 

鏡割り。 芳醇な酒の香りが漂ってくるが、車の運転があるので今回も涙を飲む。

 

クレーンで五十鈴川まで船を移動。  昔はどうしていたのだろうか?

 

いよいよ出立! エンヤー! エンヤー!

お祭り大好き、秋山大兄。  如何にも楽しそうである。

 

 

波長がバッチリの荻原大兄と秋山大兄。  犬塚先生は川床が苔で滑るので陸へ上がられたようだ。  みんな転けまくり!

 

 

ちょいと休憩。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここから浅瀬となり船底を擦り、軽い登りもあるので気合いを入れ直す。

写真もここからバンバン記載します!

 

滑りやすいところだが、全員で思いっきり引っ張れ!  エンヤー、エンヤー!

 

 

ちょいと一休み。 

たわわに実った稲穂を神宮様へ届ける為、全員心を込めて船を曳く。

 

ここを超えれば禊場だ。 曳け~! 曳け~! エンヤー! エンヤー!

無事禊場近くまで移動。

禊場にて昼食となる。 暫く行方不明だった犬塚先生とやっと合流する事が出来た。

 

織田信長公の家臣・九鬼嘉隆率いる九鬼水軍の鉄鋼船を造船した、大湊の船大工が作った船。

これから宇治橋の下から内宮参道へ引っ張り上げる。 エンヤー!

 

 

苔が生えているので滑る人が大勢いた。  転けそうな人を写真機で追いかけていたら転けた。

 

普段は宇治橋の下へ入る事は厳禁ですが、この川曳きに参加したらベスト・ポジションで撮影可能。 髙尾さんが気合い入れてビデオ撮影中。

 

 

 

参加者全員良い顔をしている。  神に仕える幸せを感じているのであろう。

 

 

木遣りの後、内宮参道まで一気に曳く。 エンヤー! エンヤー!

参道へ上がった船。 曳け~! 曳け~!

 

無事内宮参道まで曳かれた船。 これより奉納する米俵と稲穂を大八車へ載せ替える。

 

 

 

大八車へ載せ替え完了。  これより稲穂と米俵を奉納すべく、御饌殿まで参進。

 

 

 

奉献団の到着を待たれる神職。

 

 

 

修祓の儀。

 

 

 

神宮代理の方から御挨拶。

 

神宮より感謝状。

 

神宮より記念品。

 

内宮正宮へ奉納される米俵。

 

内宮正宮前石段。

これから初穂曳き参加者全員で御垣内参拝を行う。  誠に充実した一日であった。 

井村さんのおかげで斯様な神聖なるお祭りに参加させて戴き、心から感謝致しております。 

参拝後は解散となり、犬塚先生、秋山大兄、髙尾大兄、荻原大兄と共に、おはらい町を通って駐車場まで移動。

秋山大兄達3名は車両にて帰京され、私は犬塚先生を伊勢駅までお送りする。 遠路遙々お足を運んで戴きありがとうございました。

また次回、江戸でお会いする日を楽しみしております。 感謝合掌

夜は一人直会の為「だいちゃん」へ行くと、伸ちゃんと秋山大兄の舎弟・村田憲彦がすでに飲んでいた。 どうも伸ちゃんの体調が優れないらしい・・・。

寒暖差の激しい昨今、体調を崩されないよう御注意下さい。

それでは、また。 ごきげんよう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 江戸より御来訪 | トップ | 何故か忙しい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。