北面武士

至誠通天

何故か忙しい

2016-10-28 15:24:53 | 日記

十月二十九日(土) 晴

先週から今週にかけて本業で忙しい日が続いている。(ほとんど毎日忙しいような気がする・・・)

仕事で忙しいのは仕方がないが、十月十七日(月)の皇大神宮 神嘗祭参進の拝観、十月二十二日(土)の群青忌と、十月二十五日(火)の皇大神宮別宮 伊雑宮の調献祭(神嘗祭)に参列できなかった事が悔やまれる。 本業で人数が減り、就労時間が固定となった為、休暇取得に無理が利かなくなってしまったのが原因・・・。

また、昼間の自由な時間というものが如何に便利だっかという事を、痛切に感じる昨今である。

仕事で時間を拘束されていると、あっという間に一日が終わっていき、気がつくと週末となっている。 休日に情報収集、データ整理、PC関連問題処理、洗濯や掃除?を行うだけで休日が終わっていくので、最近は読書の時間が無い・・・。  

酒を飲みに出るのを控えれば良いのだが、これを止めるとフラストレーションが溜まって、頭がおかしくなるかもしれない。 

エンゲル係数が高くとも、精神状態を平衡に保つためには必要不可欠だと思い実践を続けているが、簡単に言うと連日酔っ払っているだけ・・・。

塩カツオを酢につけて食すと抜群に美味い! 最近はまっている食べ方だ。  カツオに塩が馴染むまで少々時間がかかるとの事だ。

先日食した”あらはだ”の刺身も良かった。 美味い肴に出会うと酒もより美味く感じ、幸福感に包まれた平和な一時を楽しめる。 

 

先週末、犬塚先生の初穂曳きの時の写真をプリントが出来上がったが、未だに送付出来ないままだ。 他にもいくつかペンディング事項が多数あるような気がするが、メモリー容量の少ない脳みそから次から次へ上書き消去されているようで、一晩寝た翌朝は既に覚えていない・・・。

マンネリ化した生活から脱却して再び読書に励み、可能な限り各所を訪問して見聞を広めて行きたいと思う気持ちだけはあるが・・・。

生活に変化を与えるには旅する事が一番だが、長期休暇取得が困難な時期でもあり、先立つものも不足しているので、明年2月の台湾旅行までは大人しくしていなければならない。 地元の仲間6人で計画している台湾旅行は、きっと楽しいものであるだろう。 何と言っても台湾は食がメインなので、いままで2人で食した3倍の種類を注文する事が出来る! 台湾料理「欣葉」の仏跳壺?と、牡蠣とトーチの炒めがお気に入り。 熱い紹興酒と共に。

 

今朝起床してカーテンを開けたら最高のピーカン照りだったので、たっぷり溜まった洗濯物をマシーンにかける。 その間、このブログをダラダラと記載。

昼前に焼肉「うえむら」にてロースセットと土手煮を食し、その後伊勢までぶらりと出かけて買い物。  その後、二見・興玉神社へ参拝するが、強風にて海水の飛沫を浴びまくり、眼鏡がベトベトとなる・・・。  眼鏡を清掃した後、久しぶりに旧皇族が御宿泊に利用された賓日館を訪れ、古き良き時代の和風旅館の風情を満喫してきた。

二見の賓日館。 室内2階窓際のソファーに座し外を眺めていると、明治・大正・昭和という古の時代を体感出来る。 和室は良い。

 

入館したら琴の演奏が行われていた。  秋の調べを奏でる美しい琴の音に心惹かれる。  心安らぐ演奏を聴きながら一献楽しめたら幸せだろうな~。

 

二階の広間。 隣接した広い宴会場らしき部屋より撮影。(もちろんiPhone)

 

学がないので何を記されているのか明確に理解出来ないが、バランスの良い美しい書と感じる。

 

大広間舞台。 全てが特別にあつらえられている。

 

圧巻の大広間。 上品で高級感溢れる室内の作りと歴史を身体で感じる。

 

舞台よりの眺め。

 

舞台対面の書院造り床の間の、質素でありながら品のある佇まいに魅せられる。

賓日館で歴史を体感した後、鳥羽の風景を楽しみながらドライブ。 天気が良いと何をやっても楽しく感じてしまう。 一日一日を無駄にせず、大切に過ごしていきたいものである。

何か今回は写真サイズを間違ったような感じるがするが、そのまま使用する・・・。

それでは、また。 ごきげんよう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神嘗祭初穂曳き | トップ | 秋は何処へ行った »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。