亜母のブログ   ぽんのんの2

1本の花の中にも大自然。人の心の中にも大自然
人間は自然の掌の上で生かされている。不自然なことはやがて無理になってくる

北海道はいつまでも、キラキラと命育む自然豊かな大地であってほしい

ぽんのんの とはアイヌ語で、ちいさな(ぽん)花(のんの)をいいます。  

北海道の行く道①

2015年08月18日 | 北海道の行く道
北海道の風は いつまでもキラキラしていてほしい。

決して、東京のようにはなってほしくない
安心して命育む大地であってほしい

自然に還れないものは、自然を壊すということ
寿命は人間も機械も建物も50年・・大ざっぱだけど・・
50年経ったら、なんでも修理が必要になってくる
そして、やがて廃棄するのは必然。

自然に還ってゆくのが大変なの物は、未来に負担でしかないし、
責任は誰も取らない。責任は税金が取る

だから、高層ビルも 泊原発も作るべきでない

不自然なものは調子よく作れても
始末はいつも大変で、結局、コストは高いのでは?