ぽんのんのⅡ

1本の花の中にも大自然。人の心の中にも大自然
人間は自然の掌の上で生かされている。不自然なことはやがて無理になってくる

自民党に日本国憲法が作れるのか。

2017年07月14日 | 社会
 敗戦によって、敵国アメリカに押し付けられたというけれど
戦前の日本の憲法は女性に選挙権がなく、差別に満ちたものだった

 昭和40年頃、受験戦争といわれたが、母は言った
「受験戦争・・いいじゃない。貧乏人の子も金持ちの子もチャンスは平等だということだから。戦前なら美人の姉は女郎さんに、丈夫な貴女は女工さんに・・でも戦争が終わってみんな平等になって、頑張れば貧乏人の子でも、医者にも弁護士にもなれる」と。

 戦前は貧乏人にとって暗黒時代だったが、戦争でいい思いをした人にとっては戦前が良かったのだろう

 日本人は平和憲法を作ってくれた敵国に感謝する気はないのだろうか
 安保法案、共謀罪、武器輸出禁止を亡くし、非核条約にサインせず・・・それが自民党の作る日本国憲法だ。
       
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「面従腹背」とは、不本意な... | トップ | ひと休み~~なぞなぞ 5つ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む