ぽんのんの2

1本の花の中にも大自然。人の心の中にも大自然
人間は自然の掌の上で生かされている。不自然なことはやがて無理になってくる

幸せに生きる権利と、幸せに死ぬ権利①

2017年03月15日 | 終末自選

 自分の死に方を決めるのは「医師」だろうか?「裁判の基準」だろうか。
自分の死に時、死に方は自分が決めていいのではないだろうか?いや、自分の人生で一番重要なことを、自分以外のだれがきめるというのだろうか。

           

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何か手伝いましょうか? | トップ | 幸せに死ぬ権利が、社会的合... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おかえりなさい (mooru)
2017-03-15 20:38:49
そうですね。正しい診断と治療法を本人に開示すること。そのうえで最終的には本人が決めるべきものと思います。
Unknown (亜母)
2017-03-15 21:53:13
ありがとう
やっぱり、我が家が一番です
Unknown (グライセン)
2017-03-16 07:11:14
はじめまして・・・グライセンと申します。
ずっと更新されて無かったので勝ってながら心配していました。体調がすぐれないのかと。
私も自分の命は自分で決めたいと夫には書き残しています。読者登録させて頂きますね。
ご自愛ください。
可能なのですか? (亜母)
2017-03-16 09:46:05
自分の意志を明確に示しても
自死している人を発見したら、通報しなければ、罰則があるのでは・・と。それが怖い。あなたの夫は、どういう形かはしりませんが、罪には問われませんか?
調べてもわからないのです

サクサク逝くのも才覚、才覚ある家族を持てるかどうか・・と、思っています
死に場所 (ま~ちゃん)
2017-03-16 11:13:09
こんにちは。

私も「どう死ぬか?」と考える時があります。
家族を犯罪者にしたくもないし、、、
自死すれば遺された者はどれだけ傷つくか…と考えたり。
法に触れるか否かは分からないのですが、、、
「国外脱出」を真剣に考えてたりしています。
日本国の法が海外でもいきるのか・・・調べてはいないのですが。日本では日本の法のもと、という事になりますから、公正遺言書に自分の命を自分で決めると書き残しても退けられるでしょう。

いずれにせよ、自分で決めます。死ぬのは自分なので・・・
飛ぶ鳥 跡を濁さず (亜母)
2017-07-26 08:13:43
そうですね。

ただ、飛ぶ鳥跡を濁さず、地域や家族に負担の掛けないようにと思いますね

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む